ドル円一時129円台 日銀会合を控え警戒高まる

FXブログ
ドル円一時129円台 日銀会合を控え警戒高まる

ドル円一時129円台 日銀会合を前に不安定な動き

16日のドル円は一時127.23円前後まで下落した後128.86円前後まで反発し、夜から本日朝にかけては横ばいで推移した後、本日昼前には一時129円台まで上値を伸ばすなど不安定な動きとなりました。

ドル円は先週から日銀の緩和策修正への思惑を背景に下落が続いており、16日午前も続落して一時127.23円前後と、昨年5月下旬以来の安値を更新しました。

夕方にはドルを買い戻す動きが出て一時128.86円前後まで反発しましたが、その後は本日からの日銀の金融政策決定会合を前に様子見ムードとなり、128.50円を挟んだ水準で横ばいとなりました。

本日午前には米長期金利の上昇などを背景に円売りドル買いの動きが出て、一時129円台まで上値を伸ばすなど、日銀会合を前に不安定な相場展開となっています。

ドル円 日銀会合を控え警戒高まる

16日は日銀会合を控え、アメリカの祝日でニューヨーク市場が休場だったこともあって閑散取引の中、ドル売り円買いの流れが一旦収束しドル円は上昇に転じました。

本日から日銀の金融政策決定会合が開かれており、明日18日には政策金利の発表や黒田総裁の会見が行われます。日銀は先月の会合で長期金利の変動幅の上限を引き上げており、市場では今回の会合でさらなる金融政策の修正があるのではないかとの見方が広がっています。

会合の結果、緩和政策が修正され金融引き締めと受け止められれば円高圧力となりドル円は下落することが予想される一方、現状維持であれば円安に振れる展開も予想され、会合の結果次第でドル円相場は大きく左右されそうです。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円一時129円台 日銀会合を控え警戒高まる

ドル円一時129円台 日銀会合を控え警戒高まる

米国株はNYダウが大幅下落。米・英・ユーロ圏で金融正常化の動きが鮮明となるなか、オミクロン株への警戒感もあり、景気敏感株が下落。NYダウは寄付きに大幅下落して前日比▲600ドルの下げ。一旦下げ止まり反発したが上値重く反落して安値引け。

欧州市場から米国市場にかけてドルはFOMCを先取りするかたちで堅調。ドル円相場は113円80銭~90銭で推移。ユーロドル相場はじり安となり1.1250~60に押し戻された。ユーロ円相場は128円ちょうど~10銭。

16日のドル円は一時127.23円前後まで下落した後128.86円前後まで反発し、夜から本日朝にかけては横ばいで推移した後、本日昼前には一時129円台まで上値を伸ばすなど不安定な動きとなりました。 ドル円は先週から日銀の緩和策修正への思惑を背景に下落が続いており、16日午前も続落して一時127.23円前後と、昨年5月下旬以来の安値を更新しました。 夕方にはドルを買い戻す動きが出て一時128.86円前後まで反発しましたが、その後は本日からの日銀の金融政策決定会合を前に様子見ムードとなり、128.50円を挟んだ水準で横ばいとなりました。 本日午前には米長期金利の上昇などを背景に円売りドル買いの動きが出て、一時129円台まで上値を伸ばすなど、日銀会合を前に不安定な相場展開となっています。

③(日銀の金融政策)10月末に開催される日銀金融政策決定会合では、前回の会合で、物価上昇率2%の達成のために更なる金融緩和が必要だとして、金融政策に反対票を投じた片岡審議委員が、実際に新たな金融緩和策を提案するかに注目が集まりそうだ。提案自体が可決される可能性は低いものの、今後の緩和策が意識されそうだ。

為替市場はFOMC結果待ちで動意薄。ドル円相場は113円70銭台でもみ合い。ユーロややや強含み。ユーロドル相場は1.1250~60でもみ合い夕刻には1.1270中心。ユーロ円相場は128円ちょうど近辺で始まり夕刻は128円20銭~30銭。

米10年債利回りは低下して1.419%。2年債利回りは0.637%。ドル円相場は113円40銭に下落したが、引けにかけて持ち直し113円60銭近辺で取引を終えた。

9月のドル/円相場は、円安ドル高となった。月初110円台で始まったが、北朝鮮が核実験を実施したことでリスクオフの流れとなり、更にフィッシャーFRB(連邦準備理事会)副議長の任期終了前の辞任やハリケーンへの警戒でドルが売られ、10年国債利回りが2%近辺まで低下した8日には107円台前半まで円高ドル安が進行した。しかし9日の北朝鮮の建国記念日にミサイル発射が行なわれず、ハリケーンによる被害が想定したほどではないことも判明、更に国連安保理決議で北朝鮮への制裁案が緩和されたことを受けてリスクオフの巻き戻しが進み、110円台に乗せた。中旬以降も、予想を上回った米CPIや衆議院解散報道による株価上昇、20日のFOMC(連邦公開市場委員会)で当面の政策金利の見通しが変更なく12月の利上げ観測が高まったこと、また翌21日の日銀金融政策決定会合で緩和の継続が確認されたことで112円台後半まで上昇した。下旬にかけては、米朝間の緊張感の高まりが続いたため一旦111円台半ばまで下落したが、トランプ大統領が公表した大型の税制改革への期待から113円台まで円安ドル高が進み、月末には112円台半ばで引けた。

28,800円台前半で安寄りした後、後場には下げ足を速め、前日比▲520円安の28,545円で安値引け。ドル円相場は113円70銭で始まり80銭をつけた後反落して50銭~60銭でもみ合い。

ハイテク株中心に売りが広がった。ナスダックは前日比▲175ドル安の15,237ドル。NYダウは▲106ドル安の35,544ドル。VIX指数は+1.58ポイント上昇して21.89。

また日銀も金融政策決定会合で大企業向けのコロナ対策資金支援を縮小することを決定したことも嫌気された。

発表された生産者物価指数(PPI、11月)が予想を上回る上昇を示したことで、量的緩和縮小(テーパリング)の加速・利上げ前倒し観測が広がり、米長期金利が上昇。ドルを押し上げた。

ユーロ円相場は128円70銭近辺から米国市場引けには127円80銭近辺へほぼ1円下落。ユーロドル相場は1.1340から1.1240へ下落した。

今月26日にECB(欧州中央銀行)理事会が開催されます。前回9月の理事会では、政策金利を据え置き、月間600億ユーロの資産購入プログラムを12月まで継続する方針を維持しました。市場においては資産購入額が量的な限界に達するとの見方がある中、ドラギ総裁は「資産購入プログラムの枠組み変更に関する多くの決定は、10月になされるだろう」と発言したことから、今月の理事会で来年1月以降のテーパリング開始を決定する可能性が高いとみられています。ただし、7月以降、対ドルでユーロ高が進行しており、一部の市場関係者は、枠組みの決定が12月に先送りされるとの見方をしています。来年1月以降の枠組みが決定されるか、また、その枠組み(月次購入額・購入期間)がどうなるか、結果が注目されます。

16日は日銀会合を控え、アメリカの祝日でニューヨーク市場が休場だったこともあって閑散取引の中、ドル売り円買いの流れが一旦収束しドル円は上昇に転じました。 本日から日銀の金融政策決定会合が開かれており、明日18日には政策金利の発表や黒田総裁の会見が行われます。日銀は先月の会合で長期金利の変動幅の上限を引き上げており、市場では今回の会合でさらなる金融政策の修正があるのではないかとの見方が広がっています。 会合の結果、緩和政策が修正され金融引き締めと受け止められれば円高圧力となりドル円は下落することが予想される一方、現状維持であれば円安に振れる展開も予想され、会合の結果次第でドル円相場は大きく左右されそうです。

欧州市場に入るとドルが下落、ユーロが堅調。ドル円相場は113円40銭台へ。ユーロドル相場は1.1320へ上昇。ユーロ円相場は128円60銭に上昇。その後、米国市場ではドルが反発。

コメント

タイトルとURLをコピーしました