ポンド/円 今日の見通し 「本日は英雇用統計!英労働市場が軟化していると…?」トレード戦略 2023/1/17

FXブログ
ポンド/円 今日の見通し 「本日は英雇用統計!英労働市場が軟化していると…?」トレード戦略 2023/1/17

ポンドのFXデイトレードを行ううえで、インプットしておきたいトレードシナリオなどをギュッとまとめました。

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、相場情報発信中!

目次 

今日のポンド トレードシナリオ

ここまでの相場

本日 16:00 英12月雇用統計発表!
英8-10月失業率(ILO方式)は3.7%と前回(3.6%)から悪化。賃金上昇率(除賞与、3カ月平均、前年比)は+6.1%と堅調な伸びを継続していた(12月13日)。

・英7-9月期国内総生産(GDP、改定値)は前期比-0.3%と速報値(-0.2%)が下方修正された。1月13日に発表された英11月月次GDPは前月比+0.1%(予想:-0.2%)となり4カ月ぶりのプラス成長となった(1月13日)。

・英12月製造業/サービス業購買担当者景気指数(PMI、確報値)はそれぞれ、45.3、49.9となり、製造業は速報値(44.7)から上方修正されたものの前月(46.5)から低下、サービス業は前月(48.8)から改善となったが、速報値(50.0)からは下方修正され、好不況の境目と言われる50.0に届かなかった(1月5日)。

・12月15日の会合でイングランド中銀(BOE)は0.5%の利上げを実施し、政策金利を3.50%とした。金融政策委員会(MPC)メンバーの9人中6人が0.50%の利上げ支持、2名は据え置き、1名は0.75%利上げを支持した。次回会合は2月2日。

・英11月消費者物価指数(CPI)は前年比+10.7%(予想+10.9%)と約41年振りの高水準だった10月の+11.1%からインフレは鈍化した(12月14日)。12月CPIは1月18日発表。

今日のメインシナリオ

本日は英雇用統計!英労働市場が軟化していると…?

本日は英12月雇用統計の発表が予定されている。英国は他の主要国同様に前月分の失業率を発表するほかに、国際労働機関(ILO)基準となる3カ月平均の失業率も発表している。市場予想は、失業率と雇用者数増減は前月からほぼ変わらず、平均賃金では小幅の増加を予想している。英国では高インフレ、高金利の影響から景気減速懸念が根強い。その中で、MPCは「失業率の悪化がインフレ圧力を低下させる可能性がある」と示唆している。このため、本日発表される英12月失業率の結果次第では、市場がBOEへの利下げ期待を強めてポンド売りに繋がりそうだ。

本日と明日に日銀金融政策決定会合が開催される(政策決定、発表は明日)。日銀は12月にイールドカーブコントロール(YCC)の許容変動幅を拡大した。先週に、日銀が今回の金融政策決定会合で更なる政策修正の可能性を示唆する報道が出て以降、円高が急速に進んだ。明日に政策発表を控えて、期待や憶測で円相場が大きく動く可能性がある。その場合は、円中心の動きとなるため、英国の経済指標結果への反応は薄くなりそうだ。

個別の想定シナリオ

■英12月失業率が前月より悪化
⇒英国の経済がリセッションへ陥る懸念が強まる
⇒BOEへの利下げ期待が高まる
⇒ポンドは売られる

チャート分析

注目材料

16:00 英12月雇用統計
日銀金融政策決定会合への思惑

「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」

外為どっとコムのテクニカル分析ツール「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」ではポンド/円は晴れ、ポンド/米ドルは雨。10時にポンド/円の移動平均、MACD、RSIで買いシグナルが点灯。

【情報提供:外為どっとコム】

<「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」 詳細はこちら>

  • ※ 「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」とは、選択した通貨ペア・足種に対して、複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示することにより、直感的に相場状況を把握することができるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(パソコン版)/(スマホ版)では「取引分析」 を選択することで、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況をチャート上に表示が可能です(「外為注文情報」)。
  • ※ なお「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」や、「外為注文情報」は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家ご自身でなさるようお願い致します。

経済指標カレンダーはコチラ

www.gaitame.com

 
nakamura.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ポンド/円 今日の見通し 「本日は英雇用統計!英労働市場が軟化していると…?」トレード戦略 2023/1/17

ポンド円を取引してみたい方には GMOクリック証券が最適です

ただ、現状はこのネック・ゾーンとなる総じて156.65から163.09ゾーン(肌色のゾーンで、ACの下限の平均値とBの半値位置)を越えて上昇が一時172.13まで拡大しましたが、現状は更なる展開となっていません。不透明感が残る位置ですが、加えて下段のスロー・ストキャスティクスが買われ過ぎから調整気味となっていますが、未だ方向感が見えず、ダイバージェンスの可能性も残っています。つまり、今後どちらに展開するかで、2023年の相場展開を左右しそうです。更にポンド円が上昇を強めるためには、172.13を早々と越える動きが必要で、その場合に限って175円、176.59-35、186.35-188.81からBのトップとなる195.89を目指す動きとなるでしょう。一方下値は、124.10から148.86を結んだサポートが、153円前後に位置しており、この位置から150円のサイコロジカルが維持されると堅調が想定されますが、148.86の下ヒゲや148.12の月足の窓の上限を割れると139.52-142.84の戻り安値圏がターゲットとなります。 従って、2023年のポンド円相場の想定レンジは、マトリックス・・チャートを参考に、150.00~170.00とします。ただ、上値は175円程度の可能性も残っているかもしれません。

年初はNY株が史上高値を更新するなどリスクオン・ムードでスタートしましたが、突然ともいえるロシアのウクライナ侵攻が、大きなショックを巻き起こし、西側先進諸国がロシアに対する経済制裁を次々と実施しました。結果、大口の資源供給国であるロシアからの供給が滞るとの見方で原油や天然ガス価格が高騰、英国でも物価上昇が顕著となったことで、英中銀が利上げを継続的に実施しました。ただ、英中銀の利上げによって、英経済がスタフグレーションに陥るとの見方が強く、ポンド円相場は150.98まで一時売りに押されました。しかし、その後3月にFOMCがゼロ金利政策を解除し、2018年12月以来の利上げスタンスに突入したことを受けて、ドル円相場が130円台まで急上昇し、ポンド円も168.44まで上昇しました。その後、英統一選挙で保守党が大幅に議席を失ったことで、155.59まで下落しました。また安倍首相の襲撃事件を受けて、一時的なリスクオフの動きもあって、夏場は揉み合い気味の展開に留まりました。

ポンド円はもちろん、ドル円やユーロ円など主要通貨ペアのスワップポイントが業界最高水準に設定されています。

本記事では、ポンド円の価格推移や今後の見通しについて徹底的に解説します。

基本的な考え方は、・ファンダメンタルズ面では、日英金利差は、更に拡大する可能性が高く、この点ではポンド買いが示唆されますが、ただ、英国の景気が、はっきりとスタフグレーション状態を示す場合は注意しましょう。・テクニカル面では、ポンドドルのモメンタムは買い、ドル円は売りとなっていることで、ポンド円自体は中立的で、大きな方向感とならない可能性があることは注意しましょう。

それでは、最後にポンド円の月足を見てみましょう。118.85や116.85の安値から195.89まで上昇も、これをトップに再度124.85や126.52で下値を支えている展開です。総じてこの195.89を高値(B)として、118.85-116.85と163.09-156.76(A)で形成した右肩と124.85-126.52と156.62-158.23(C)で形成した左肩での一種のH&Sの形と見えます。

GMOクリック証券はポンド円のスプレッドが非常に狭くなっているため、取引コストを最小限に抑えられます。

2023年1月時点におけるポンド円は、1ポンド=158円です。

すると、円安ポンド高の流れがますます進展することが予想できるでしょう。

ポンド円の今後の見通しは次の3点に集約されます。

以上を踏まえてポンド円相場の来年の見通しと戦略についてお話します。 一応来年は、過去の新型コロナウィルスの感染拡大やウクライナの情勢が更に悪化しないとの前提でお話させて頂きます。

この機会にポンド円を取引してみたい方は、スプレッドが狭くツールが使いやすいGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

ポンド円を取引してみたい方には、GMOクリック証券が最適です。

その結果、ポンド安、国債安、株安のトリプル安を招いています。

リポートの作成時点では、情報量が少ないのは残念ですが、2022年は、米国の中間選挙を始め、欧州や日本の選挙、中国の共産党大会など大きなイベントがありましたが、2023年は材料の少ない年となりそうです。ウクライナ情勢を除くと、英国に関しては、特別なことはありませんが、今年は政治で相場が荒れたこともあって、スナク政権の景気対策と英中銀のインフレ退治が功を奏すのかが大きな焦点となります。また、スタージョ・ン・スコットランド首相が、2023年10月に、スコットランド独立を問う2度目の住民投票を実施すると表明していましたが、イギリスの最高裁判所が、「北部スコットランドの自治政府がイギリス政府の同意を得ずに独立の是非を問う住民投票は実施できない」との判断を下しており、実施は難しくなっています。ただ、スタージョン首相は「スコットランドの人々が意思を表明できる民主的な別の手段を見つけなければならない」と述べていて、引き続き独立の道を模索する考えを示しています。2023年は難しいとしても、一応この問題が度々市場の話題となる可能性は残っていることは注意しておきましょう。 その他これは余談ですが、一部に年後半に、「ブレグジットの再投票」が実施されるとの噂が出ているようです。信憑性は薄いと思いますが、EUに復帰を望む声が残っているようで、もしこれが実現身を帯びて来るようなことがあれば、またポンド相場が大波乱となることは、留意しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました