豪ドル/円 今日の見通し「中国『ゼロコロナ』解除後の経済指標に注目!日銀金融政策決定会合を前に円相場は大揺れ?」2023/1/17

豪ドル/円 今日の見通し「中国『ゼロコロナ』解除後の経済指標に注目!日銀金融政策決定会合を前に円相場は大揺れ?」2023/1/17

【最新号】

豪ドルのFXデイトレードを行ううえで、インプットしておきたいトレードシナリオなどをギュッとまとめました。

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、相場情報発信中!

目次

 

今日の豪ドル トレードシナリオ

ここまでの相場

・豪11月月次消費者物価指数(CPI)は前年比+7.3%となり、前月(+6.9%)や予想(+7.2%)に対して上振れていた(1月11日)。

・豪11月雇用統計で、雇用者数は6.4万人増加して市場予想(1.9万人増)を大幅に上回った。失業率は3.4%で前月と変わらず。また、労働参加率は66.8%となった(12月15日)。2022年12月分は1月19日発表。

・12月6日に豪準備銀行(RBA)は金融政策決定会合を開催。市場予想通りとなる0.25%の利上げを実施し、政策金利を3.10%とした。今後の利上げペースに関してはデータ次第とした。次回会合は2月7日。

今日のメインシナリオ

中国『ゼロコロナ』解除後の経済指標に注目!日銀金融政策決定会合を前に円相場は大揺れ?

本日は豪州と交易関係の強い中国の主要経済指標が複数発表される。
中国は2022年12月上旬からそれまで実施してきた厳格な「ゼロ・コロナ政策」の緩和を開始した。それに伴う形で、新型コロナの感染が急拡大し中国経済に混乱が生じた。これらの影響から本日発表される中国12月鉱工業生産、12月小売売上高、10-12月期国内総生産(GDP)は弱い結果が予想されている。市場予想ほど中国経済が減速していなければ、豪ドルは一時的に買われることになりそうだ。

他方で、市場での注目を集めている日銀金融政策決定会合が本日から開催される。市場では日銀が政策修正を行うとの見方が浮上しており、1月12日以降は円が急速に買われる状況となった。明日の政策決定、発表を控えてポジション調整や思惑から円相場が大きく動く可能性があるため要注意だ。

個別の想定シナリオ

■中国の経済指標が予想を上振れる
⇒豪州は中国と交易関係が強い
⇒豪ドルは買われる

チャート分析

今後の注目材料

米ドル/円の動向
中国の経済指標

「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」

外為どっとコムのテクニカル分析ツール「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」では豪ドル/円は雨、豪ドル/米ドルは曇り空に雨がぱらつく。8時に豪ドル/米ドルのストキャスティクスで買いシグナルが点灯。

【情報提供:外為どっとコム】

<「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」 詳細はこちら>

    • ※ 「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」とは、選択した通貨ペア・足種に対して、複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示することにより、直感的に相場状況を把握することができるツールのことを指します。
    • ※また、高機能チャート(パソコン版)/(スマホ版)では「取引分析」 を選択することで、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況をチャート上に表示が可能です(「外為注文情報」)。
    • ※ なお「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」や、「外為注文情報」は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家ご自身でなさるようお願い致します。
 

nakamura.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 豪ドル/円 今日の見通し「中国『ゼロコロナ』解除後の経済指標に注目!日銀金融政策決定会合を前に円相場は大揺れ?」2023/1/17

今回は豪ドル円の予想・見通しについてまとめました

ついに、2007年後半には1豪ドル=100円を突破する状況となりました。

このまま実質金利がマイナス状態だと、豪ドルは売られる可能性が高くなります。

その影響で豪ドルの価値が下落し、豪ドル円のレートも下落しました。

その間、日本は「ゼロ金利政策」をとっていたためオーストラリアとの金利差は大きく、円キャリートレードが盛んであったことから円売り・豪ドル買いの傾向が強まります。

2021年の相場環境を踏まえて、2022年の豪ドル円相場の注目点をまとめてみました。

今回は豪ドル円の予想・見通しについてまとめました。

輸出品は鉄鉱石(32%)、石炭(12%)、天然ガス(10%)と資源が多く、資源価格が下がると豪ドルも売られるぞ。

したがって、中国経済が好調で鉄鉱石需要が高いほどオーストラリアの鉄鉱石輸出は好調となり、豪ドルを下支えします。

このスワップポイントを得るには日本円を「売り」、豪ドルを「買う」ポジションを保有するとよいでしょう。

「取引量を大きくして為替差損でロスカット」されるのが、豪ドルの取引で大損するトレーダーの特徴です。

これらの鉱産資源の需要が増大すれば資源価格が上昇し、豪ドル価格も上昇することが見込まれます。

中国への輸出が30.7%と比率が高いので、中国との関係が悪化すると豪ドル売りになりやすい。

交換する外貨が豪ドルであれば、円を売って豪ドルを買うことになるので豪ドルが高くなりやすいといえます。

中国経済の動向も豪ドル円の見通しに大きな影響を与えます。

鉄鉱石や原油価格が上昇すると、豪ドル/日本円も上昇しており相関関係が見られます。 オーストラリアは輸出の大半をエネルギー・鉱物資源で占めているため、資源の価値が上昇すれば豪ドルにも追い風となるのです。 豪ドルを取引する際は、コモディティ市場にも注目しておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました