円安 留学先に「脱米国」の動きも

FXブログ
円安 留学先に「脱米国」の動きも
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 円安 留学先に「脱米国」の動きも

前述の章までで円安による留学時に起こる影響を説明してきました

円高になるタイミングを待ち続けていたが、円安がさらに進行してしまったという可能性は少なからず存在します。タイミングを待っていたが、円安が進んでしまい留学事態を諦めるということになってはあまりにももったいないです。円高、円安という情報だけにとらわれず、どこかのタイミングで決断することが重要です。

周りの人たちは「円安の時に行くのは得策ではない」と言うかもしれませんが、仮に今後も円安が進むとしたら今のうちに払った方が結果的には割安な費用で留学することができます。

先ほどの章での解説とこの具体例で留学費用を抑えるためには円高のタイミングで行くことがベストであるということは理解して頂けたと思います。現在のように円安が進行している状況での留学はお勧めすることはできません。

しかし過去から見れば今が1番の円安となっていますが、これが元に戻るかどうかは誰もわかりません。もしかしたら現在から未来にかけて見ると、今が1番の円高かもしれません。

日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。

前述の章までで円安による留学時に起こる影響を説明してきました。海外で生活をする上では為替による影響は逃れられません。日米間の物価の差を知り、為替による影響を最小限にするためにどのようなことをするべきかをこの章で説明していきます。

インフレや円安で、費用負担が重くなる中でも、留学を実現するために検討できることはいろいろあります。

日本銀行は、今後も当面は利上げをしないとしている一方で、アメリカなどは、インフレを抑制するための利上げは躊躇しない方針を示していますので、金利差の観点から考えると、今後、さらに円安が進行する可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました