ドル・円は主に128円台で推移か、米長期金利低下を意識してドル買い拡大の可能性低い

FXブログ
ドル・円は主に128円台で推移か、米長期金利低下を意識してドル買い拡大の可能性低い

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に128円台で推移か、米長期金利低下を意識してドル買い拡大の可能性低い」
 18日のドル・円は、東京市場では128円10銭から131円58銭まで上昇。欧米市場では130円32銭から127円57銭まで反落し、128円92銭で取引終了。本日19日のドル・円は主に128円台で推移か。米長期金利の低下や米国株安を意識してリスク選好的なドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。
 18日のニューヨーク外為市場でドルは反転。クリーブランド地区連銀のメスター総裁は「インフレ抑制に向け、政策金利は5.00-5.25%をやや上回る水準まで引き上げる必要があると述べたことや、セントルイス地区連銀のブラード総裁は、「政策金利を可能な限り迅速に5%を上回る水準に引き上げるべき」と述べたことが材料視された。この日発表された12月米小売売上高は市場予想を下回っており、個人消費はさえない状態が続いていることが確認された。この結果、米長期金利は反落したが、利上げ継続発言を受けて安全逃避的なドル買いが観測された。ドル・円については日米金利差の拡大が改めて意識されているようだが、米国経済の先行きは不透明。市場参加者の間からは「将来的な米金利低下を意識して安全逃避的なドル買いがさらに拡大する可能性は低い」との声も聞かれている。

《午前8時現在》 ドル・円: 128.00円-129.50円 128円近辺でドル買い興味
        ユーロ・円: 138.50円-139.80円 138円台半ば近辺でユーロ買い興味
        豪ドル・円: 89.00円-90.00円 89円近辺で豪ドル買い興味  

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に128円台で推移か、米長期金利低下を意識してドル買い拡大の可能性低い

円高ドル安が2つの意味で進まなくなっている

WTI先物は11月以降上昇を続け、足元では新型コロナ拡大前の昨年1月下旬以来の高水準にあたる56ドル台にまで回復している。昨年秋以降に欧米などでコロナ感染...

ドル円相場は、5月上旬に一時105円台に突入したが、その後は円安ドル高が進み、足元では109円台後半で推移している。良好な米経済指標が続いたうえ、18日に...

ドル円は月初の米雇用統計が予想外の改善を示したことで一旦上昇したものの、その後のFOMCでゼロ金利の長期化が示されドルがやや売られたうえ、米国でコロナ感染...

■要 旨1。基軸通貨ドルの中長期的な下落トレンドが続いている。最近ではギリシャの財政問題に端を発するユーロの信認や米国の景気回復期待剥落などが市場のテーマに...

ドル円レートは今月上旬に上昇し、以降121円台をキープしてきたが、18日のFOMCを受けてドルが下落、足元は120円台半ばにある。今回のFOMCでは、景気...

2022年7月の市場は、年初からのドル高円安、株安、原油高とは逆方向に大きく動きました。米ドル円は7月14日に1998年以来となる139円台をつけましたが、8月初めには130円台まで押し戻されました。また、米国株式市場では、米国株(S&P500種株価指数)が年初の高値から20%以上も下落した後、6月中旬からは10%以上も反発しました。WTI原油先物価格は、6月の120ドル台から80ドル台まで下落しています。

円高ドル安が2つの意味で進まなくなっている。一つは「円高トレンドの消滅」だ。ドル円は2017年以降、概ね105円~115円のレンジ内で一進一退を続けており...

昨年終盤に急落したWTI先物はやや持ち直したが、足元でも53ドル台に留まっている。今後の注目点と見通しを考える。原油価格に最も大きな影響を与えるのは原油需...

最近の円安ドル高を牽引した米長期金利上昇の背景には、米国経済の良好なファンダメンタルズや財政赤字拡大が背景にあるが、原油価格の上昇も一役買っている点は見逃...

11月に入り、米中協議の進展期待に伴うリスクオンの円売りや米経済指標改善に伴うドル買いによってドル円はやや上昇したが、ドルの上値は重く、膠着状態が続いてい...

今月のドル円は一進一退の展開に。上旬に米労働参加率の低迷等を材料に一旦1ドル112円台までドル安に振れた後、CPIなど予想を上回る米経済指標を受けた利上げ...

今月のドル円は月初にオミクロン株への楽観台頭に伴うリスク選好の円売りや、米利上げ前倒し観測によるドル買いを受けて一旦116円台までドル高が進んだ後に反転し...

年初から、円高ドル安が進行している。トランプ新大統領の経済政策(減税やインフラ投資等)の具体的中身が出てこない一方で、保護(貿易)主義やドル高牽制と捉えら...

1ドル144円台で始まった今月のドル円は、またも大幅な円安ドル高となり、32年ぶりの高値を更新、足元では150円の節目に肉薄している。この間に発表された米...

ドル円は年初から大幅な円高が進んだが、改めて主な円高材料を整理すると、米長期金利の上昇、米保護主義姿勢の強まり、日銀の早期緩和縮小・正常化観測が挙げられる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました