高速料金の深夜割引 制度見直しへ

高速料金の深夜割引 制度見直しへ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 高速料金の深夜割引 制度見直しへ

高速料金の深夜割引 制度見直しへ

高速道路を利用する際にETC割引を受けるためには、ETC車載器が取り付けられた車両を使用することと、ETCカードを所持していることが大前提です。さらに、対象路線やその車種に該当すること、割引サービスによっては事前にETCマイレージへの登録も必要です。

ETCの「深夜割引」とは、毎日午前0時から午前4時の間に、特定の高速道路や有料道路を利用すると通行料金が30%割引になるもので、全ての車種が対象となる割引サービスです。

ETCで高速道路を利用する場合、平日朝夕割引、休日割引、深夜割引、ETC2.0割引などさまざまな割引サービスが用意されています。

例えば、「連続する2日や3日などの期間内に特定エリア内で高速道路を乗り降りし放題」「首都圏の特定エリアから旅行先の特定エリアへの往復+旅行期間内は乗り降りし放題」など、旅行先が条件に合えばお得に観光を楽しめます。

「東北6県周遊プラン」、「北東北周遊プラン」、「南東北周遊プラン」、「東北中央道開通記念プラン」の4プランがありますが、「東北6県周遊プラン」では3日間で高速料金が通常料金より最大約7,000円も安くなります。

高速道路の料金所をスムーズに通過できる、料金自動支払いシステムのETCシステムについては、すでにご活用の方も多いでしょう。 このETCは料金の支払いに便利なだけでなく、ETCカードでの通行料金の支払い額に応じてマイレージポイントが貯まるサービスがあります。 本記事では、ETCをさらに賢く利用できるETCマイレージサービスについてご説明します。

また、高速道路を利用する際、休日割引と平日朝夕割引の適用条件をともに満たした場合には、休日割引の割引率が適用となります。

この記事では、高速代の節約にかかせないETC割引の種類や仕組み、よりお得なETCマイレージサービスについても解説します。ETC割引サービスを上手に活用し、お得なお出かけに役立ててみてください。

大口・多頻度割引とは運送業者をはじめ高速道路を多く利用する人に大きなメリットのあるETC割引です。

都心部を発着し東北道や常磐道などの放射高速道路などに向かう場合に、最短ルートではなく東京外環道の1JCT間のみを迂回利用したときでも、直行した場合と同じ通行料金に割引される制度です。

ETCカードを利用すると料金所で現金を支払わなくて済み、高速道路や有料道路の利用がとても便利です。 現金支払いの料金所では長い渋滞ができることがあるのに対して、ETCレーンを利用すれば渋滞することなくスムーズに料金所を通過できます。 ただETCカードで高速道路を利用すると高速料金はカード払いになるので、自分が利用した高速料金や支払時期について把握していないことも起こり得ます。

大阪都心部を発着し第二京阪道路(巨椋池IC以南)・第二阪奈道路+阪神高速東大阪線・西名阪道・南阪奈道路を通行する場合に、阪神高速守口線・東大阪線・松原線のうちどのルートを選んでも最安料金と同額となる割引サービスです。

大口・多頻度割引を利用できるのはNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が定める条件をクリアし、ETCコーポレートカードを貸与された場合に限定されます。大口・多頻度割引には「高速国道の大口・多頻度割引」と「一般有料道路の大口・多頻度割引」があり、「高速国道の大口・多頻度割引」には「車両単位割引」と「契約単位割引」の2つのタイプがあります。

「休日割引」は、普通車・軽自動車等(二輪車)限定で、地方部の高速道路が30%割引になるサービスです。土・日・祝日と1月2日から3日の高速料金が割引になるので、「深夜割引」と同様、上手に活用しましょう。

「ドラ割」とは、高速道路の周遊エリア内が定額で利用し放題になる大変お得な割引サービスで、この周遊プランにはさまざまなタイプのものがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました