「採用格差」苦しむ中小と学生

FXブログ
「採用格差」苦しむ中小と学生
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「採用格差」苦しむ中小と学生

採用格差 苦しむ中小と学生

精神科クリニックでは仕事で悩み苦しんでいる方が多数来られます。発達障害の有無を問わず、長時間労働やパワハラ、セクハラ、アカハラの問題、シングルマザー問題、親の介護をしながらの仕事、など多数の悩みを聞きます。医師でもどのような方針が良いのか日々頭を悩まるものばかりです。

2024年度卒の就活から採用直結型のインターンシップ(就業体験)が解禁されることになった。政府は22年6月、経団連と大学でつくる「産学協議会」の報告(「産学協働による自律的なキャリア形成の推進」)を受け、インターンシップに関する就活ルールを改定した。

企業の採用活動、傾向は?

給与面でも変化がみられます。仕事内容の多様化にともなって「障害者雇用」の中でも給与の差が広がる傾向が出ています。専門職では月収20万円を超す求人も珍しくありません。少数ですが「障害者雇用」で30万円以上の月収を得ている方も存在します。また、障害者雇用の多くが採用時には契約社員なのも事実ですが、普通に勤務が続けられれば雇用を打ち切られる例は滅多になく、数年後に正社員になれる例が増えてきています。

採用プロセスにも違いがあります。「一般雇用」の場合、書類と面接での選考が主流です。一方、「障害者雇用」では実習が重視され、実習は一週間以上の場合が多いようです。実習では、実際の業務をどれだけこなせるかだけでなく、コミュニケーションに問題がないか、障害に対する対策は十分か、といった部分が確認されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました