ドル/円:上値余地を探る動き。130.80超えで終えれば一段のドル上昇へ。128.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、127.00割れで一段のドル下落へ。

ドル/円:上値余地を探る動き。130.80超えで終えれば一段のドル上昇へ。128.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、127.00割れで一段のドル下落へ。

ドル/円:上値余地を探る動き。130.80超えで終えれば一段のドル上昇へ。128.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、127.00割れで一段のドル下落へ。

直近の日足は寄付き安値の陽線引けとなったが、上ヒゲがやや長く上値トライにも失敗した形で終えている。また、上値を切り下げる流れからも上抜け切れておらず、130.60-70の日足の抵抗を実体ベースで上抜けて終えるまでは上値余地も拡がり難い。また、これを達成した場合でも132.50超えで越週するまでは下値リスクにも注意する必要がある。一方で中・長期的な下値抵抗ポイントである127~128円台を守り切った感があり、底打ち・反転の流れに入った可能性も高く、反落した場合でも129.00以下の売りも慎重に臨む必要がある。但し、128.00-10の抵抗を守り切れずに終えた場合は、再び下値リスクが点灯、127.00割れを見た場合は“ドル弱気”に変化してドル下落幅拡大に繋がり易くなる。日足の上値抵抗は130.60-70,131.30-40,132.40-50に、下値抵抗は129.20-30、128.50-60,128.10-20にある。21日移動平均線は131.19にありこれを上抜け切れていないが、130.80超えで終えれば下値リスクが軽減される。120日、200日線は139.47と136.71にあり、中期トレンドは“ドル弱気”の流れに変わりない。 一方直近の週足は、陽線で切り返して続落を食い止めているが、前週の大陰線の値幅を上抜け切れていない。また、昨年10月に付けた151.95を基点として上値を切り下げる流れからも上抜けておらず、下値リスクがより高い状態に変わりない。この週足の上値抵抗は132.40-50にある。一方下値は、128.00±10銭に強い下値抵抗が出来ており、先週付けた127.23で底打ち、反転の流れに入った可能性が点灯している。128円を割り込んで越週しない限り、押しは一旦買い場となろう。今週の週足ベースで見た上値抵抗は131.10-20,132.40-50,133.30-40に、下値抵抗は129.30-40,128.60-70,128.00±10銭にある。132.50超えで終えれば下値リスクが後退して上値余地がさらに拡がり易くなるが、逆に、128円を割り込んで越週した場合は、立上げの可能性を打ち消してドルの下落余地がさらに拡がり易くなる。31週移動平均線は138.27にあり中期トレンドが弱い状態にあることを示しているが、62週線は129.40に位置しており、短期的な下値抵抗として働く可能性を示唆している。 今週の戦略は、ドル買いは129.20-30で押し目買い。下値余地を128.90近辺まで見ておく必要がある。損切りは128.40で一旦撤退。ドル売りは様子見か、133.10に損切りを置くなら132.40-50の吹き値があれば軽く売り向かい。 上値は、129.90-00に軽い抵抗が、130.20-30,130.60-70,130.90-00,131.30-40,131.70-80,132.10-20,132.40-50に強い抵抗があるが、どこまでクリア出来るかトライする動きが強まろう。全て上抜けて越週すれば短期トレンドが“ドル強気”に変化して一段のドル上昇へ。下値は、129.20-30,128.90-00,128.60-70にやや強い抵抗が出来ており、これらを支えとして上値トライの可能性に繋げているが、128.30以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなる。さらに、128.00を割り込んで終えた場合は下値リスクが点灯、値動きの中で127.00割れを見た場合は“ドル弱気”の流れに戻して124~125円方向への一段の下落に繋がり易くなる。

ドル/円【日足】期間:2022/05/19~2023/01/20(移動平均線は21、120、200日、以下日足は同様)


ドル/円【週足】期間:2019/12/06~2023/01/20(移動平均線は31、62週、以下週足は同様)

ユーロ/円:反発余地を探る動き。上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。138円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、137.50割れを見た場合は下落幅拡大に注意。

直近の日足は寄付き安値の陽線引けとなり、この足が140円台に実体を乗せており、短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻している。一方で、昨年10月に付けた148.40を基点として上値を切り下げる流れからは上抜けておらず、反発余地を試した後のユーロ反落の可能性にも注意する必要がある。日足が142円台に実体を戻すか142.50-60の抵抗をクリアした場合は、下値リスクが軽減されて上値余地がさらに拡がり易くなるが、この場合でも144~146円ゾーンの抵抗が厚く、簡単には上抜けそうもない。また、139.00を割り込んで終えた場合は、日足の形状が悪化して下値リスクが点灯、138.00を割り込んで終えるか、137.50割れを見た場合は、短期トレンドが“ユーロ弱気”に変化して下落余地がさらに拡がり易くなる。日足の上値抵抗は、141.50-60,142.00-10、142.50-60に、下値抵抗は140.20-30、139.60-70,139.00-10,138.60-70にある。21日移動平均線は140.48にあり、若干上抜けているが“ダマシ”の範囲内にある。また、120日、200日線は142.20と140.78にあり、これらを上抜け切れていないが、142円台に実体を乗せて終えれば下値リスクが後退して上値余地がさらに拡がり易くなる。 一方直近の週足は陽線引けとなり、続落を食い止めている。上値トライの可能性に繋げているが、上値を切り下げる流れからは上抜けていない。下値リスクを残した状態にあるので、買いは引き付ける必要がありそうだ。また、138.50以下で越週した場合は下値リスクが点灯、138.00を割り込んで越週した場合は、“ユーロ弱気”の流れに戻して一段のユーロ下落に繋がり易くなる。今週の週足ベースで見た上値抵抗は143.40-50,145.00-10,145.40-50に、下値抵抗は140.00-10,138.60-70,138.00-10にある。31週移動平均線は141.37に位置しており、この下に入り込んで下値リスクがまだ高い状態にあることを示しているが、62週線は137.02に位置しており先週の下値トライでもこれをブレイク出来ずに反発に転じている。 今週の戦略は、ユーロ買いは139.70-80まで引きつけて。損切りは138.90で撤退。また、138.00を割り込んで終えた場合は、短期戦略を“ユーロの戻り売り”方針に転換。ユーロ売りは様子見か、142.40-50の吹き値があれば売り向かい。損切りは143.10で一旦撤退としたい。また、損切りが付かない場合でも142円台を維持して終えた場合は、ユーロ売りは一旦撤退して様子見へ。 上値は、140.70-80に軽い抵抗が、141.00-10,141.50-60,141.80-90,142.10-20,142.40-50に強い抵抗があるが、どこまでクリア出来るかトライする動きが強まろう。142円台で終えれば下値リスクがやや後退、142.50超えで終えれば上値余地がもう一段拡がり易くなる。下値は、140.20-30に軽い抵抗が、139.70-80,139.30-40、139.00-10にやや強い抵抗が出来ているが、139.00以下で終えた場合は日足の形状が悪化、138.00を割り込んで終えるか137.50割れを見た場合は“ユーロ弱気”の流れに戻して134~135円方向への一段の下落へ。(川合 美智子)

ユーロ/円【日足】期間:2022/07/05~2023/01/20(移動平均線は21、120、200日) ユーロ/円【週足】

© 2023WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円:上値余地を探る動き。130.80超えで終えれば一段のドル上昇へ。128.00以下で終えた場合は下値リスクが点灯、127.00割れで一段のドル下落へ。

足元のドルは8月初旬につけた130.40円がサポートとなっている

日本株を取り巻く環境が好転してきている。その代表的なものは為替だ。ドル円相場は8月には一時1ドル=110円を割る場面があったものの、通商問題をこなしつつ、良好な米経済指標の結果や米長期金利の上昇などを背景に1ドル=114円程度まで上昇してきた。11月に控える米中間選挙への不透明感などで上値を抑えられる可能性はある。しかし、アトランタ連銀が米7-9月期実質GDPを前期比年率+3.6%(9/28時点)と、4-6月(+4.2%)に続いて高成長を予測するなど米景気は好調。良好な経済指標が引き続き確認されれば、米金利の先高観を背景に一段のドル高円安も期待できよう。また、月足の一目均衡表をみると、抵抗帯となりやすい“雲”の水準を上抜けてきたことも中長期的なサポート要因だ。

1/9の1.0636ドルから取引を開始し、複数のECB幹部から利上げ継続の必要性に言及する発言が相次いだ一方、米金利低下を背景としたドル売りから、1/11には1.0776ドルまで上昇。さらに1/12の米12月CPIを受けてFRBが3月までの2回のFOMCでそれぞれ0.25%の利上げに留まるとの観測の一方、ECBが2月、3月の理事会でそれぞれ0.50%の利上げを行うと観測に伴う欧米金利差縮小の思惑を背景に1.0867ドルまで上昇。1/13には1.0868ドルへ一段高となったものの、急速な上昇に対する警戒からポジション調整に押され、一時1.0780ドルへ反落したものの、1.0835ドルへ切り返す堅調な値動きを続け、1.0831ドルで取引を終えました。一方、ユーロ円は、1/9の140円33銭から取引を開始し、対ドルでの上昇とともに1/11には昨年12/28以来の高値となる142円85銭まで反発。しかし、1/12には今週の日銀政策会合に向けて緩和策の総点検を行うとの報道を受けたドル円の下落とともに1/13には1/4以来の安値となる138円02銭まで下落し、138円51銭で取引を終えました。先週1/9にECBが公表したレポートで、感染以降の景気回復やロシアによるウクライナへの軍事侵攻が労働市場の賃金上昇を促したことが、消費者物価指数の上昇につながった一因として、今後も数四半期に渡り賃金上昇が継続する見込みであると指摘。こうしたことがECBのインフレ抑制に向けた金融引き締め継続への根拠につながりユーロの堅調地合いを継続。さらに、1/13にはドイツ銀行がガス卸売価格の大幅な下落や予想外に早い中国のゼロコロナ政策の解除などを理由に2023年の成長率見通しを上方修正。一方、米インフレの鈍化とともにFRBの金融引き締めサイクルの停止が想定以上に早まる可能性に大きな変化がないと見込まれることからユーロは週足・雲の上限(1.0930ドル)を回復するか、上値メドとして注目されます。一方、ユーロ円は1/3の137円39銭を下回ることになれば、昨年12/28の142円94銭と1/11の142円85銭を高値とするダブル・トップの完成を確認することとなり、昨年9/26の137円35銭、さらには昨年8/26以来の136円台前半を目指して一段高になる可能性があり、1/17-18の日銀政策会合を受けたドル円の反応が注目されます。

1/9の1.2088ドルから取引を開始し、1/12の米12月消費者物価指数(CPI)の発表を控えて、インフレ鈍化を背景にしたFRBの金融引き締めペースの減速への思惑から1.2210ドルへ上昇。一方、ファンダメンタルズの強さの違いによる対ユーロでの売りが上値抑制につながり、日足・基準線(1.2143ドル)を挟んだ値動きを続け、1/12には1.2075ドルへ反落したものの、米12月CPIを受けてドル売りが優勢となる中、1/13には昨年12/15以来1ヵ月ぶりの高値となる1.2248ドルまで上昇し、1.2234ドルで取引を終えました。一方、ポンド円は1/9の159円40銭から取引を開始し、対ドルでの上昇とともに161円23銭まで上昇。その後も1/10の160円05銭までの反落留まる堅調な値動きを続け、1/11にはドル円が132円87銭へ上昇したことに伴い、161円21銭へ再度反発。しかし、1/12には今週の日銀政策会合を控えて、緩和策に伴う副作用を総点検するとの観測報道をきっかけに、緩和策の修正が加速するとの警戒から円買いが急速に進行し、1/13にはドル円が127円45銭まで下落したことから1/3以来の155円65銭まで下落し、156円45銭で取引を終えました。日足・基準線(1.2143ドル)を下値支持線として昨年12/14の高値(1.2446ドル)や週足・雲の下限(1.2456ドル)を目指して一段高となるか、1/17発表の英11月雇用統計や1/18発表の英12月消費者物価指数(CPI)に対する反応が注目されます。英経済のファンダメンタルズの脆弱さの改善が確認されないものの、FRBの金融引き締めサイクルの早期終了に向けた思惑の一方、高止まりが見込まれるCPIを受けて英経済のスタグフレーションへの警戒がポンド売りにつながるか注目。加えて、日銀政策会合を受けて円買いが一段と進めば、ポンド円の下落も対ドルでの下振れを誘う可能性があり、日足・基準線を再び下抜け、日足・転換線(1.2044ドル)や200日移動平均線(1.1996ドル)を目指して下落する可能性に注意が必要です。また、ポンド円は日銀政策会合の結果次第で、日足・転換線(158円29銭)を回復できず、1/3の155円36銭を下抜けた場合、昨年9/28の安値(152円56銭)を目指して一段安となる可能性に注意が必要です。一方、日銀の緩和策が微修正に留まり円買いポジションの巻き戻しとともに転換線を回復した場合、1/9の161円23銭まで反発できるか上値メドとして注目されます。

1/8に中国政府が入国時の隔離義務を撤廃し、ゼロコロナ政策の終了を受けた南ア最大の貿易相手国である中国経済の回復期待を好感し、1/9の7円67銭から取引を開始し、米長期金利の低下と共に対ドルでのランド高にサポートされ7円80銭へ反発。その後も中国政府の景気対策に加え、米インフレ鈍化を受けた対ドルでのランド高にサポートされたほか、1/10発表の南ア11月製造業生産が予想を上回ったことに加え、1/11にドル円が132円87銭へ反発したことから7円84銭へ上昇。しかし、1/12に日銀の緩和策の副作用を総点検するとの報道をきっかけに円が対主要通貨で全面高となったことを受け1/13にかけて12/20以来の7円56銭まで下落し、7円60銭で取引を終えました。今週の焦点は、1)1/17発表の中国10-12月GDPや12月鉱工業生産などを受けて、中国の景気減速懸念がランド売りにつながるか 2)1/17-18の日銀政策会合を受けて円が対主要通貨で下落を加速させるか 3)1/18発表の南ア12月CPI及び11月小売売上高を受けて1/26の南ア中銀政策委員会での金融引き締めペース減速への思惑が高まるかに絞られると思います。3会合連続で0.75%の利上げを決めた昨年11月の政策委員会では5名の政策委員の内、2名が0.50%の利上げを主張しており、指標次第では金融引き締めペースの減速観測が高まることにつながるか、さらに、日銀の緩和政策の修正が一段と進むことになればと昨年12/20の安値(7円53銭)を下回り、昨年3/8や3/2の安値(7円48銭、7円40銭)を目指して一段と下落する可能性があり注意が必要です。

円安進行は日本企業全体の業績にとってプラスになる。TOPIXの今期予想EPSの前提が1ドル=110円と仮定すると、115円まで円安になるとEPS成長率は+7.9%まで伸びが加速すると試算される。また、前期(2017年度)は2018年1月以降、円高に振れたこともあり、為替面では下期にかけてハードルが下がってくる。そのため、現行水準から多少円高に振れても前期比では円安になる可能性が高い。足元の為替水準を維持したとすると、第2四半期から期末までの平均値は1ドル=113円程度となる。企業が会社計画を立てる際の基準となる想定為替レートは、第1四半期(4-6月期)決算発表を終えた時点でも1ドル=100円や105円の企業が少なくなく、今後の業績上振れ要因となろう。

足元のドルは8月初旬につけた130.40円がサポートとなっている。 クレディ・アグリコル銀行の資本市場本部シニア・アドバイザー、斎藤裕司氏は、「日銀の政策修正の思惑から一段の円金利が上昇がありうる一方で、米金利の上昇は一服していることから、ドルは下方向に向きやすい」とし、2022年の高値と安値の61.8%戻しの128.10円が視野に入ると指摘。クレディア・アグリコル銀行の調査部がFXモデルを基にした試算によると、125円程度までの下落余地があるという。

前日の日銀決定会合で長期金利の許容変動幅拡大を受けて、ドル安/円高が急速に進行。海外市場では、一時130.58円まで下落するなど、日中高値からの下落幅は最大6.88円に達し、1日の下落率は3.81%となった。

オンライントレード(日興イージートレード)にログイン後、図表「ドル円とTOPIXの12ヵ月先予想PERの推移」「主な円安メリットが大きい銘柄」など本レポートの全文をご覧いただけます。

1/9の90円70銭から取引を開始し、米インフレ鈍化を受けた対ドルでの上昇にサポートされ、91円81銭まで上昇。その後も中国による豪産石炭の輸入再開許可に加え、中国人民銀行が国内の主要金融機関に対し、融資前倒しによる景気回復を図るよう指示したことなど、中国の景気対策を好感し90円台後半までの反落に留まる堅調地合いを継続。一方、1/11発表の豪11月CPIや小売売上高が市場予想を上回ったほか、1/12発表の豪11月貿易収支も市場予想を上回る黒字を記録したものの、日銀政策会合での緩和政策の更なる修正への思惑を背景にした円買いに押されたほか、1/12発表の米12月CPIへの警戒が上値抑制要因となり、1/11の91円66銭までの上昇に留まる上値の重い値動きを継続。また、米CPIの発表を前に1/12の朝方に日銀の緩和策に対する副作用を総点検するとの報道をきっかけに、円が対主要通貨で全面高となり、1/13にはドル円の127円45銭までの円高進行とともに88円60銭へ下落し、89円20銭で取引を終えました。先週発表された豪11月CPIをはじめとする指標がいずれも予想を上回ったにもかかわらず、日銀政策会合に向けた緩和策修正への思惑が上値を抑制。それだけに、1/17の豪1月消費者信頼感指数や1/19発表の豪12月雇用統計が予想を上回った場合でも、既に2/7の政策委員会での0.25%の利上げを織り込んでおり、1/17-18の日銀政策会合を受けて円高が一段と進行するか、先週の大幅安の反動とともに反発に転じるかが焦点となっています。そのため、ドル円が反発に転じた場合、豪ドル円も週足・転換線や雲の上限(90円83銭、90円84銭)、さらに週足・基準線(92円84銭)が上値メドとして注目されます。一方、円高が加速した場合、週足・雲の下限(87円39銭)や昨年12/20の安値(87円02銭)、さらに昨年3/17の86円47銭を目指して一段と下落が加速する下値メドとして注目されます。

一方、ゴールドマン・サックス証券チーフエコノミストの馬場直彦氏は、日銀の政策決定と円相場の反応について「サプライズ効果もあってオーバーシュートする形で動いている。行き過ぎた部分は戻してくるのではないか」と指摘。来年後半に同社の想定通り米10年債利回りが4.25%付近へ上昇すれば「ドルは140円を超えるような水準へ到達するかもしれない」と話している。

シカゴはロング3,200枚増、ショート4,900枚増、ネット1,700枚の豪ドルショート増になりました。

今日はランチタイムに出遅れて外に出るのは断念。人形町は12時を過ぎると人気店は行列ができてしまいます。仕方なくストックしてあったカップヌードルでお腹を満たすことにしましたが、嬉しいことにタイミングよく、お隣さんからお弁当用に買ってきた今半の焼き豚を分けて頂きました。シンプルなカップヌードルがちょっと豪華なチャーシュー麺になりましたよ♪ 今半の焼き豚は美味しいので友人たちと家に集まるときにはビールのおつまみとして時々購入します。ついでに焼き豚のお伴にはポテトサラダが良く合います。レタスが入っていてシャキッとしているんですね。家で作るのとはまた違った美味しさがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました