ドル円「130-131円のレンジを想定、押し目買い・戻り売り」3分でわかる今日のドル/円 2023/1/24

FXブログ
ドル円「130-131円のレンジを想定、押し目買い・戻り売り」3分でわかる今日のドル/円 2023/1/24

【最新号】

▼目次
▼ドル/円の見通し
▼ドル/円の予想 まとめ
▼ドル/円見通し動画

目次

0:00 ドル/円60分足 前日(1/23)の値動きの振り返り
1:09 本日のトレード方針 レンジを想定 上値が重ければ戻り売り、下は130円がカギ
3:01 ドル/円日足分析 下降チャネル継続、チャネル上限や20日線の上抜けなるか
4:48 ドル/円4時間足分析 三角保ち合い、上下どちらにブレイクするか注目
6:02 ドル/円60分足分析 トレード方針再確認
8:37 初心者向けオンラインセミナー「FXスタートダッシュセミナー」(1/30開催)のご案内
9:46 おすすめ動画紹介(外為どっとコム 公式FX初心者ch)
10:08 投資=筋トレ格言

ドル/円の見通し

早速ですが、ドル/円の60分足をご覧ください。USD/JPY 60分足
昨日の値動きを振り返りますと、市場の関心は日銀共通担保資金オペに集まっていましたが、実際に1兆円のオファーを受けてその後に3.1兆円の応札があったと伝わると、そこから円売りが有利となっています。13時頃にオファー、14時頃に応札があったということで、一気に円売りが入ると、NY時間には130.88円付近まで上昇しました。ただ、130円後半は引き続き上値が重く、現在反落しています。とはいえ、ドル/円に関して今週は底堅い展開を予想していますので、下げたところでは押し目買いを狙うポイントも出てくると見ています。

本日のトレード方針ですが、上値がかなり重く130.80円-131円が強力な抵抗となっていますので、この水準で反落するようならば戻り売りのポイントになるでしょう。もっとも、その手前130.70円前後も昨日(1/23)の値動きを見ると抵抗となっている様子がうかがえますので、この辺りでの反落も想定しておきたいところです。

反対に下値に関しては、本日は130円ちょうどの水準を保てるかを注目ポイントに挙げます。概ね130.00-20円付近をサポートゾーンとして見て、下押した際にこの水準で切り返せば押し目のポイントになるでしょう。

なお、本日のNY時間で米1月製造業やサービス業のPMI・速報値が発表されます。米景気関連の指標に市場の関心が集まっており、結果次第で大きく動く可能性がある点には要注意です。なお、発表時間は23時45分となっています。

ドル/円の予想 まとめ

本日もレンジでの推移を想定しており、レンジの下限付近で切り返せば押し目買い、上限付近で反落するようならば戻り売り、というイメージです。

ドル/円見通し動画

番組紹介

外為どっとコム総合研究所の研究員、宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)が、動画でチャート分析を行います。FX初心者の方にも分かりやすいよう、予想の値動きを示し、FX為替予想を行います。

動画配信期間:2023/1/24~
💬宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい):Twitter
https://twitter.com/gaitamesk_ueha

見通し・動画がもっと分かるようになる関連記事


 
uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。その中で、今後の相場動向を予測するため価格変動の分析能力が必要だと感じ、国際テクニカルアナリスト連盟
認定テクニカルアナリスト(CFTe)を取得。その後、24時間変動し続ける外国為替市場の魅力を伝えるべく2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。現在はこれまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円「130-131円のレンジを想定、押し目買い・戻り売り」3分でわかる今日のドル/円 2023/1/24

年間のドル円の値幅も限定されています

弊社の日米金融政策の見通しを踏まえると、2023年のドル円は、やはりドル安・円高方向に振れやすい展開が予想されます。ただ、前述の通り、FRBがFF金利の誘導目標を4.75%~5.00%で年内据え置き、日銀がマイナス金利解除後もYCCを維持するのであれば、大幅なドル安・円高は回避されると思われ、実際、弊社は2023年12月末の着地を129円とみています。

次の直近7年のドル円の年間レンジ表を見てみましょう。過去5年は陰線となりましたが、今年はどうにか陽線で終われそうです。また、2016年の米大統領選の年を除いて、近年ドル円の狭い値動きが続いていましたが、12.93まで年後半値幅を拡大したことは、良い傾向です。ただ、来年も陽線となるか、また大きく動けるかは不透明ですが、一応米国が中間選挙の年であることは注目しましょう。

2021年のドル円相場は、総じて堅調な展開で終了しました。年初は、新型コロナウィルスの感染拡大が、想定より広がったこともあって、リスクオフ気味の展開からスタートしましたが、ドル円相場は、1月6日の102.59円を年間安値として反発に転じました。世界的に各国でワクチンの接種がスタートしたことで、コロナ後の経済回復を睨んで株価が堅調に上昇しました。一方で米国では、バイデン大統領の大規模なインフラ投資計画の発表もあって、米長期金利が急騰したことを受けて、110.97円まで一時反発しました。ただ、これも長らく進んでいた円高で、機関投資家などからのやれやれの利食いも出易い位置となったようです。調整が107.48円まで下押ししましたが、3月の月末に向けて、ドル買いのフローが入ったことで、ドル円はじりじりと反発しました。特に6月のFOMCで、パウエルFRB議長が、「テーパリングの協議を開始する」と発言したことは、サプライズとなったようです。ただ、一方で早期の金融引き締めの懸念から株価が急落となったこともあって、この時も111.66円を高値に、その後は夏場の保合相場に移行しました。アノマリー的に、例年夏場は円高になり易いですが、丁度この時日本の感染者数が、急拡大したこともあって、108.72円まで調整しましたが、下げ幅はあまり大きなものになっていません。直近の数年ドル円相場は、年間10円程度しか動いていなこともあって、需給面では、原油価格の上昇もあって、輸入勢の買いニーズが下支えとなったようです。9月に入ると自民党総裁選を睨んで、菅総理が突然退陣表明したことが、サプライズとなり新政権に対する期待感から日経平均が、31年ぶりの高値をつけたことで、ドル円もリスクオンの動きを強めました。テクニカル面で、それまで上値を押さえていた110円前半を上抜けたことも、買いを強める要因となったようです。加えて9月の米FOMCで、テーパリングの実施が実現味を帯びたことや、米国のインフレ率の上昇もあって、11月のFOMCでテーパリングが本格的にスタートした結果、ドル円は115.52円まで一時上昇を強めました。ただ、パウエルFRB議長の再任決定後、同氏が急速にタカ派となったこと、12月のFOMCでは、来年3月のテーパリング終了や来年3回程度の利上げが想定されることとなりましたが、一方で新たな変異株となるオミクロン株が、南アフリカで発見されたことで、警戒感が高まる形となっています。

2022年12月26日付レポート「2023年のドル円相場見通し」で解説した通り、弊社は2023年1-3月期のドル円相場について、期中レンジを121円~139円、期末の着地を130円と予想しています。そのため、ドル円が新年早々に129円台をつけたことも、おおむね想定内の動きといえますが、ここから先のドル円相場の方向性は、やはり日米の金融政策がカギを握るとみています。

それでは、以上を踏まえてドル円相場の来年の見通しと戦略についてお話します。 一応新型コロナウィルスの感染が、終息に向かう前提で予想をしています。もし、更に強いウィルスが出現して、再び経済が大きく落ち込んだり、株価の大幅調整があった場合は、見直しの必要があるかもしれません。

2)来年の相場の大きなテーマとして、「FRBの金融正常化」が大きな焦点となります。これ自体は、ドル円相場の下支え要因ですが、この金融引き締めも、まだ初期段階であることを考えると、米長期金利や株価の動向次第ではありますが、円売りも限界があるかもしれません。また一方で米中間選挙が、前述のアノマリー面で指摘したように、円高要因として作用する可能性も残っています。相場の変動要因は、これだけではありませんが、近年同様10円程度の相場レンジの動きに留まってしまうかもれしれません。

ドル円は2023年1月3日の外国為替市場で、一時1ドル=129円51銭水準までドル安・円高が進行しました。ドル円が129円台をつけたのは、2022年6月上旬以来、7カ月ぶりのことです。市場では、日銀が先月、長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)における10年国債利回りの許容変動幅を拡大したことで、今後も金融緩和の修正が進むとの見方が強まっており、これが円買いにつながったと思われます。

そこで来年のドル円のレンジを想定するにあたって、1)近年のドル円相場に、大きなトレンド的な変化が見えていません。年間のドル円の値幅も限定されています。その要因を一言で推定することは難しいですが、個人的な感想としては、恐らく投資や実需などの需給面で、総じてバランスが均衡してきていることが要因ではないかと考えています。特に一昨年や今年のように、パンデミックのような歴史的な事件が起きているにも関わらず、ドル円相場が10円程度しか動かないのは不思議です。来年どういった事件が起きるかは、分かりませんが、パンデミックの問題が解消に向かうとしたら、更に動きづらくなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました