ドル円一時131円台 米指標受け荒い動き

FXブログ
ドル円一時131円台 米指標受け荒い動き

ドル円一時131円台 米指標受け荒い動き

24日のドル円はアメリカの経済指標の結果を受けて一時131.13円前後まで上昇したものの、直後に129円台後半まで急落するなど、荒い値動きとなりました。

24日朝から夕方にかけてのドル円は、米FRB高官の発言などを受けてアメリカの利上げの停止が意識され、下落基調で推移しました。

夕方以降は買い戻しが入って上昇に転じ、24時前に発表された米1月製造業・サービス業購買担当者景気指数(PMI)が予想を上回ったことを受けて、ドル円は一時131.13円前後まで急伸しました。

しかしその後米1月リッチモンド連銀製造業指数が発表されると、予想を下回る結果を受けてドル売りが加速し、一時129円台後半まで下落しました。

ドル円乱高下 米景気後退への懸念強まる

24日に発表された米PMIは予想上振れとなり、直後にドル円は上昇したものの、数値は景気拡大と後退の分かれ目となる50を下回っており、アメリカの景気後退が意識される結果となりました。さらにその後発表された1月リッチモンド連銀製造業指数が予想下振れとなったことでドル円は上昇分を打ち消す形で下落し、米指標を受けて乱高下する荒い相場展開となりました。

本日はドル円関連の重要イベントは予定されておらず、引き続き日米の長期金利や日銀の動向などが注目されることとなりそうです。

来週に米FOMCを控えてアメリカの金融政策の先行きが焦点となる中、昨夜の米PMIや1月リッチモンド連銀製造業指数の低調な結果を受けてアメリカの景気後退が意識されており、市場関係者の間ではドルの下落リスクに警戒が広がっています。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円一時131円台 米指標受け荒い動き

ドル円一時131円台 米指標受け荒い動き

従って、米ドルが現段階で大きく崩れるということはないと私は考えています。

3月のドル/円相場は、横這いを予想する。日銀によるマイナス金利の導入にもかかわらず、リスクオフの流れの中での円買いと、米利上げ観測の一段の後退によるドル売りにより、ドル/円は軟調な展開となっている。しかし更なる円高の動きに対しては、日銀の追加金融緩和の思惑が高まりやすいことや、介入に対する警戒感も強まると予想され、一方的な円高にはなり難いと見込まれる。但し、戻り局面では投機筋の円ロングポジション構築や、本邦勢による年度末の円買い需要から、上値は重く上昇幅も限定的となるため、ドル/円は横這いになると予想する。

東京時間の為替市場は動意薄。ドル円相場は114円70銭~80銭でもみ合い横ばい。ユーロドル相場は1.1270~80、ユーロ円相場は129円20銭台からやや上昇して129円40銭近辺で小動き。欧州時間に入るとユーロ高ドル安が進んだ。

NYダウは午後には切り返し一時+200ドルの上昇。金利上昇で金融株は買われた。引けはNYダウが▲21ドル安の35,089ドル。ナスダックは+219ドル高の14,098ドル。VIX指数は▲1.13ポイント低下して23.22。原油価格WTI先物はさらに上昇して92.03。

リスク資産への逆風は円高につながりやすいが、円買い戻しが主要因となるため円高は一時的かつ値幅に限界がある。むしろ欧米ともに金融正常化が加速する傍らで、日銀が静観を保つなら、ドルやユーロに対して円が全面安となる。ドル独歩高、というより、円独歩安、だ。

個別決算による銘柄選別の動きが続き、アルファベット社など好決算銘柄が買われた。NYダウは前日比+224ドル高の35,629ドル。ナスダックは+71ドル高の14,417ドル。VIX指数は+0.13ポイント上昇して22.09。

25日早朝の東京外国為替市場で、円相場は下落している。8時30分時点は1ドル=130円13~14銭と前日17時時点と比べて28銭の円安・ドル高だった。米経済指標の改善で円売り・ドル買いが優勢となった。25日は輸入企業など国内実需筋による円売り・ドル買いが増えやすいとの見方があることも相場の重荷となった。

しかしその後、BOE政策決定会合、ECB理事会を受けて大きく欧州通貨高・ドル安が進んだ。

2月のユーロ/円相場は、円高ユーロ安となった。月初は日銀のマイナス金利導入を受けて131円台で始まった。米雇用統計で雇用者増加数が市場予想を下回ったことや、ハト派的なFRBイエレン議長の議会証言などでドル安が進んだが、ユーロよりも円の方が強かったため、円高ユーロ安が進んだ。下旬にかけては、ECB(欧州中央銀行)による3月追加緩和が意識されたことや、英国のEU離脱懸念からドルに対してユーロが弱含む一方で円はドルに対して堅調に推移したため、ユーロ/円は一時122円台まで売られた。月末のG20を控えて一旦124円台まで戻したが、G20で英国のEU離脱リスクにも言及されたことや、月末に発表されたユーロ圏のCPIが予想に反して前年比でマイナスとなったことからユーロは弱含み、月末は122円台半ばで引けた。

NYダウは前日比+273ドル高の35,405ドル、ナスダックは+106ドル高の14,346ドル。VIX指数は▲2.87ポイント低下して21.96。

ユーロは対ドルでは下落している。8時30分時点は1ユーロ=1.0884~85ドルと同0.0005ドルのユーロ安・ドル高だった。欧州中央銀行(ECB)高官が大幅利上げに慎重な姿勢を示し、ユーロ相場の重荷となった。

ユーロドル相場は1.1240台に大幅高となり引けは1.1230。ユーロ円相場は株高にも支えられ堅調。129円10銭~20銭でもみ合いの後、引けは129円30銭。

S&Pグローバルが24日発表した1月の米購買担当者景気指数(PMI)では製造業とサービス業ともに前月比で上昇した。好不況の境目とされる50を下回ったままだが、市場予想を上回って改善したことで米景気に対する過度な警戒感が後退し、円売り・ドル買いが出た。ニューヨーク市場では131円12銭と18日以来およそ1週間ぶりの安値をつける場面があった。

ドル円相場は114円90銭に下落した後、反発して115円10銭近辺で引けた。

ドル円相場は米雇用統計の発表を控え動きにくく、115円目前、114円90銭台で小動き。昼あるいは夕刻に一時115円に乗せる場面もあったが欧州時間は80銭~90銭中心の推移となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました