ドル/円見通し 「イベント無し 、もみ合い継続」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ニューヨーク市場の見通し 2023年1月25日

FXブログ
ドル/円見通し 「イベント無し 、もみ合い継続」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ニューヨーク市場の見通し 2023年1月25日

外為どっとコム総研のTEAMハロンズがお送りする「見通しズバリ!!3分テクニカル分析動画」。この番組は、TEAMハロンズ黒川が注目通貨ペアのテクニカル分析を3分でわかりやすく解説する番組です。

1月25日ドル円ニューヨーク市場動画概要

テクニカル分析

4時間足ボリンジャーバンド(BB):上昇トレンド進行中
4時間足一目均衡表:トレンド無し
4時間足ストキャスティクス:買いシグナル点灯中

ニューヨーク市場の予想レンジ

130.00~131.00

ニューヨーク市場の見通し

本日は米の経済指標の発表はないが来週のFOMCの先行指標となる可能性もある24:00のカナダ中銀政策金利には一応注目。4時間足BB上昇トレンド進行中、4時間足ストキャスは買いシグナル点灯中。チャート形状的にNY時間は、明確な方向感がなくレンジ内での推移が予想される。

 

平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

本日のYoutube配信URL(21:00開始)

 
Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円見通し 「イベント無し 、もみ合い継続」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ニューヨーク市場の見通し 2023年1月25日

図表1は日米金利差とドル円相場の推移である

しかし、0.5%はなお大幅な利上げである。FRBの利上げ姿勢が従来と比べて明確に後退し、それを受けて米国の長期金利が明確にピークをつけるまでドル高円安の流れが転換したとは言えないだろう。

月足の上値抵抗は138.00~138.50円、144.00~144.50円、148.00~148.50円に、下値抵抗は128.50~129.00円、124.50~125.00円、120.50~121.00円にあります。31ヶ月、62ヶ月移動平均線は117.54円と113.54円に位置しており、長期トレンドとしては“米ドル高/円安”の流れに変わりありません。

2022年12月下旬以降、ドル円相場は円高・ドル安が進み、2023年初にドル円相場は一時1ドル=129円台をつけた。

豪ドル/円は、リーマンショック後の2008年3月に55.57円の大底を付けており、その後2020年3月に付けた59.91円で長期的な二番底を付けて上昇トレンド入りしています。

11月後半から強まった日銀の金融政策変更観測は、12月に入りいったん沈静化した。しかし、12月20日の予想外の金融政策の変更を受けて、市場では再び観測が強まる展開となった。OISレートでみた日米金利差の縮小に伴い、円高・ドル安が一段と進展した。

先週の米ドル/円は、一気に145円寸前まで米ドル一段高となりましたが、金曜日には日本政府の円安けん制を主なきっかけに一時は141円台まで米ドル急反落となるなど、上下に荒っぽい展開となりました。 このなかで、まずは一気に145円寸前まで米ドル高・円安が急加速した背景を考えてみましょう。1つには、7月に記録したこのあいだの米ドル高値である139.4円程度を更新し、さらに140円の大台も突破したことで勢いづいたということがあったでしょう。 また、9月5日は米国がレーバーデーの休日でしたが、例年レーバーデー明けからは、実質的な夏期休暇明けにより、トレードが本格化することで一方向に大きく動く傾向がありました。その意味では、先週の米ドル一段高は、そんな「レーバーデー・アノマリー」通りだったとも考えられます。 ただそんな動きは、上述のように145円寸前でストップすると、金曜日には日本政府関係者の相次ぐ円安けん制発言などをきっかけに急反転となりました。これは、さすがに急過ぎた米ドル高・円安の反動が入ったということではないでしょうか。 米ドル/円は、145円寸前まで一段高となるなかで、10営業日連続の米ドル陽線となりました[図表1参照]。さすがに、いつ米ドル陰転となってもおかしくなかったタイミングだっただけに、日本政府の円安けん制にも過敏な反応となったということではないでしょうか。 もう1つ、145円に急接近した米ドル高・円安が「行き過ぎ」の可能性を示していたのは米金利との関係でした。 米ドル/円と米2年債利回りの関係からすると、一気に145円に迫った米ドル高・円安は、米金利で正当化できる範囲を大きく超えていました[図表2参照]。以上のように、いくつかの指標との関係から見て、145円寸前までの米ドル高・円安は明らかに「行き過ぎ」であったことから、その修正が本格化したことで、金曜日の米ドル安・円高への戻りも勢いづいたと考えられます。 これを受けて、先週の米ドル/円は比較的長い「上ヒゲ」が出現しました[図表3参照]。これは、普通に考えると米ドルの上値トライ失敗の可能性を示しています。その意味では、なお米ドル高・円安トレンドが続いているとしても、145円はテクニカルにはしばらく超えられない可能性も考えられます。

●ドル円は日本時間12月2日早朝、135円台前半をつけ、10月下旬から17円弱ドル安・円高に。

図表1は日米金利差とドル円相場の推移である。日米金利差は、10年債利回りと、市場の政策金利予想が織り込まれているとされるOISレートを並べている。これをみると、2022年11月後半以降、2つの日米金利差の縮小幅には違いが見て取れる。10年債利回りについては、日銀が依然として長期金利の変動幅に制限を設けていることから、縮小幅は限定的である。一方で、OISレートは、日米金利差の水準よりも下振れて縮小が続いている。

中期トレンドが変化して間もないため、12月も一段の米ドル下落が進行中ですが、124~125円台には中・長期的な下値抵抗が控えており、続落した場合でも強い下値抵抗として働く可能性も高いと見られます。

ただし、可能性は低いものの、120円を割り込んで越月した場合は、長期トレンドも変化して、今後の米ドルの上値余地が拡がり難くなります。

さらに1991年頃のバブル崩壊、リーマンショックを機に円高が進行。その後は徐々に円安傾向が進んでおり、2015年以降、台湾ドルと円の為替レートは3.5円半ば~3.7円半ばの間を小さな値動きで推移しているという状況です。

1985年には台湾元が6.6円という時期もありました。しかし、同年9且22日のプラザ合意により為替レートが円高ドル安に向かうと、米ドルと相関関係がある台湾ドルと円の為替レートでも円高が進行することになります。

米国は、これまで高インフレが続いており、その抑制に向けFRBは大幅な利上げを行ってきた。みずほリサーチ&テクノロジーズでは、2023年前半に政策金利は5%台まで上昇するとみているが、金融引き締めにより、2023年央にかけて、米国経済は景気後退するとみている。これを受け、米長期金利も低下していくことが予想され、ドル円相場には、円高・ドル安圧力になるだろう(詳しくはみずほリサーチ&テクノロジーズ(2022)「2023年 新春経済見通し」をご参照されたい)。更に、米国の景気後退を受けてリスクオフによる円買いが一段と進み、場合によっては、年央にかけて1ドル=120円を割るような一段の円高・ドル安進展も起きる可能性がある。

また、日本円から台湾ドルに両替する際には手数料がかかるので、クレジットカードの海外キャッシングを利用した利息の方がお得になる場合があります。海外キャッシングは、ATMで24時間少額でも気軽に引き出しをすることが可能です。台湾への旅行や出張の前に楽天カードを作って、海外キャッシングができるようにしておきましょう。

台湾ドルと円の為替レートは、ドル円と同様の値動きをする傾向があるということを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました