22年平均月給31万1800円 過去最高

FXブログ
22年平均月給31万1800円 過去最高
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 22年平均月給31万1800円 過去最高

22年平均月給31万1800円 過去最高

手取り22万円で家族3人以上を養うのは、厳しいです。家族が増えれば、食費を含みあらゆる出費は増えていきます。今まで保険に入っていなかった方でも保険に入り、月額固定で出費が増えていきます。

一般的な労働者の去年の平均月給は31万1800円で、過去最高になったことが分かりました。

新卒の場合でも給与から税金(住民税除く)や保険料が引かれるため、新卒で手取り22万円を得るには、外資系企業への就職が主となるでしょう。

国税庁の発表では、日本の平均給与は約443万円のため、手取り22万円=年収330万円は日本の平均より低いです。ボーナスを加味しても、年4ヶ月分はないと平均年収に届きません。

手取り22万円あればマイホームの購入は可能です。頭金の額やローンの返済期間、年齢にもよりますが、2,500万円以内の家なら現実的な範囲で購入できます。

年収330万円を年2ヶ月分のボーナス込みで考えると、月々の額面は23万円、手取りだと17万円程度になります。また、月の手取りが22万円で、ボーナスが年2ヶ月分ある場合、年収は約400万円です。

手取り22万円の生活には、額面月収で約28万円、年収で330万円必要です。平均的な生活費を考えると、1人暮らしなら余裕があり、結婚生活も可能ですが子育ては難しいです。

手取り22万円=月給28万円以上は、30代では普通と言えます。30代前半の平均で手取りが約22万円、30代後半では24万円を超える手取りが平均です。

手取り22万円で出産・子育てを考えると、かなりの節約が必要です。

手取り22万円でも、節約をすればその分貯金額を増やせます。1ヶ月の出費の中でも節約しやすいのは食費です。外食をなるべく減らしたり、自炊をしたりするのはもちろん、お昼はお弁当を作ることで食費を減らせます。

手取り22万円のためには、額面では約28万円必要です。額面から税金や保険料を引いた額が手取りとなります。家族構成や年収によって引かれる額は変わりますが、額面の約80%が手取りと考えていいでしょう。

新卒で手取り22万円は高収入と言えます。2020年の大卒初任給の平均が額面で約22万円、手取りだと17~18万円です。手取り22万円を得るには、額面では27万円が必要です。

いずれにしても、未経験職につくよりも、過去培った経験を活かすことで、転職による年収アップ確率を上げられます。

手取り22万では生活できないと考えている人は、削減すべきものや、節約できるものを洗い出してから行動すべきです。

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」では、手取り平均が22万円を超えるのは30代半ばです。表の月収は、残業代を含まない額なのでご注意ください。残業時間については、平均で約9時間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました