スマホだけで受信料徴収 NHK否定

FXブログ
スマホだけで受信料徴収 NHK否定
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 スマホだけで受信料徴収 NHK否定

スマホだけで受信料徴収 NHK否定

NHKの受信料は、地上波のみを受信するテレビを利用するときの「地上契約」と、地上波を含め、衛星放送まで受信する場合の「衛星契約」の、大きく2つ。視聴できる番組数が違うこともあり、料金設定が異なります。また、支払い方法やまとめ払いでも金額が異なるため、細かな確認が必要です。

実家へ引越し後に解約しようと思い、NHKに電話するが、繋がらず。

テレビが設置されている限り、NHKとの受信契約は義務化されています。しかし、一方で、受信料が義務化されているかについては、話が別。放送法の中には、受信料についての明確な記載はありません。では、なぜ受信料がこれほど強制的に徴収されるのでしょうか。その理由は、NHKとの契約内容にあります。

ほかの記事のように派手な裏技や奇をてらったテクニックはありませんが、NHKに関する事実はきちんとお伝えできるようにまとめましたので、参考にしてもらえればうれしく思います。

ただし、今後、NHKがネットからも受信料を徴収したい、と主張する可能性もある。この点については、受信料制度の趣旨や民業圧迫にならないかなどの観点から慎重に検討される必要があるだろう。

毎晩のようにしつこく来ていたNHK受信料徴収員が来なくなり、安心し切っていたところ、今度はA4サイズの封筒で「NHKからの大切なお知らせです」と封筒表面に書いてある書類が郵送されて来ました。

1月4日の匿名さん。 そういう招かれざる訪問者が、例えば捜索差押さえ令状を持った警察官だったとしたら、その訪問は拒否できない。NHKの受信料関係者がそんな令状を持っているわけがないので、普通に追い返してまったく無問題。それでも立ち去らないようなら、それこそ警察に110番通報してしまえばよい。

今のNHKの支払い義務は、公共料金(電気・ガス・水道)に近く、しかし、電波を流すだけのNHKとライフラインの公共料金とを比較すると、かなりの割高感です。NHKの各地方局に対して過剰投資(過剰設備)はないでしょうか?

しかし、判決後の記者会見において、当時の総務大臣がワンセグ携帯にも受信契約が必要であると表明しました。2017年(平成29年)5月の水戸地裁での判決は、契約義務があるという判断を行なっています。法律として明確な記載がないものの、NHKとしてはワンセグ携帯にも契約義務があり、同時に支払い義務があるという姿勢です。

開封せずにゴミ箱へ直行! 何かと一方的なNHKの対応には腹が立ちます。

NHKのために自分の大切な貯金を無駄にしたくないので是非教えてください。よろしくおねがいします。

そこで今回は、まず基本中の基本に立ち返り、NHKの受信契約をしなくていい人の条件を調べました。

将来的に、スマホを持っているだけで、「NHKです。スマートフォンを持っていますね?契約が必須ですよ。」と言われる日が来てしまうかもしれません。

そのため、NHKではワンセグ携帯を持っているだけで、所有者すべてに契約が必要だと主張しています。個別訪問しながらNHKとの契約を訴える集金人が、ワンセグ携帯の所持を確認するのも、こうした理由があるためです。

NHKへ解約を申し出る場合は、まず電話で解約届を送付してもらうよう連絡することになります。所定の届け出を提出することで、解約が実行されるため、まずは用紙を入手しなければいけません。連絡先はNHKふれあいセンター、もしくは、NHK地方局の窓口です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました