ドル/円 今日の見通し「米8月ADP雇用統計に注目!147円再トライとなるか?」2023/8/30

FXブログ
ドル/円 今日の見通し「米8月ADP雇用統計に注目!147円再トライとなるか?」2023/8/30

「ドル/円」をデイトレードする上でFX個人投資家が事前にインプットしておきたいトレードシナリオなどを、ギュッとまとめました。

執筆:外為どっとコム総合研究所 宇栄原 宗平
X(Twitter) : https://twitter.com/gaitamesk_ueha

目次

 

今日のドル円 トレードシナリオ

テクニカル分析で環境認識

①日足:上昇基調継続・・・10・20・80日移動平均線が上向きを維持する中で2022年11月7日以来の高値147.37円前後まで上伸しました。その後は、急速に反落し上ヒゲ陰線となりましたが、10日線が下値支持となりRSIが上向きを維持していることから底堅い推移が続きそうです。

②4時間足:底堅い展開・・・147円台定着に失敗し反落するも80本移動平均線を下値支持に反発しています。10・20本移動平均線がデットクロスとなり上値を抑えていることは気になりますが、同線を突破すれば再び上値摸索の動きとなる可能性もあります。

ドル/円 日足 ネオチャート

トレード方針:押し目買い方針

③相場展開の予想・・・147円台への定着に失敗したものの上昇基調は継続しており、145円台の底堅さが確認できました。そうしたことから、引き続き押し目買いポイントを探っていきましょう。

④トレードタイミング・・・以下の60分足を見た際の押し目買いポイントは、145.80-146.00円、145.50円程度と見ます。また、147円に再トライする中で新たな押し目買いポイントも見極めていきましょう。

ドル/円 60分足 ネオチャート(図1)

ドル/円 外為注文情報(図2)
https://www.gaitame.com/markets/order/

注目経済指標・イベント

⑤ポイント解説・・・今夜は、9月1日に発表される米8月雇用統計の前哨戦として米8月ADP全国雇用者数に注目が集まります。昨日の米7月JOLTS求人件数の結果から米労働市場のひっ迫状態が緩和したと見られる中で、市場予想(+19.5万人)を下振れる結果となればドル売りが強まる可能性があります。

8/30(水)
17:30 英7月消費者信用残高
18:00 ユーロ圏8月消費者信頼感・確定値
18:00 ユーロ圏8月経済信頼感
21:00 独8月消費者物価指数・速報値
21:15☆米8月ADP全国雇用者数
21:30 米7月卸売在庫
21:30☆米4-6月期GDP・改定値
21:30 米4-6月期個人消費・改定値
21:30 米4-6月期コアPCE・改定値
23:00 米7月住宅販売保留指数
23:30 EIA週間原油在庫統計

8/31(木)
10:30☆中国8月製造業PMI
10:30 豪4-6月期民間設備投資

※☆は特に注目の材料

動画で注目ポイントを解説

経済指標・イベントの結果について

主要な経済指標・重要イベントの結果について、最新情報は外為どっとコムサイトの「経済指標カレンダー」で確認できます。

経済指標カレンダー

 
uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円 今日の見通し「米8月ADP雇用統計に注目!147円再トライとなるか?」2023/8/30

本日のドル円は140円50銭〜142円30銭程度を予想します

円安が進行するなか、強い経済指標を受けて米ドル買いの圧力が高まれば、ドル円(USD/JPY)は上で述べた次のレジタンスポイントの候補である143.00レベルをトライすることが予想される。

また、Invest Naviの公式LINEでは米ドル円の最新情報を無料で配信しています。

本日のドル円は140円50銭〜142円30銭程度を予想します。

ドル円のFX取引に興味がある方は、GMOクリック証券をチェックしてみましょう。

FRB要人のスタンスを考えるならば、今日以降発表される重要経済指標で強い内容が確認される場合は、「追加利上げの思惑→米金利の反発→米ドル買い」の展開を想定しておきたい。

米景気後退・日銀政策修正シナリオではドル円は130円に向けて調整 米国経済がディスインフレ局面へと移行する可能性が高まったことを受け、為替市場 ではドル安圧力が強まる展開が予想される。ドル円相場についても上値の重さが目立 ち始めているが、円相場にとっては世界景気の減速感が強まるか、日銀が政策修正に踏み切るかも重要な材料だ。23年下期に当社の想定する米景気の後退入りと日銀政策修正とのシナリオが実現すれば、円相場は対ドル以外の通貨でも買われる展開が予想され、ドル円は130円に向けて一段の調整が予想される。一方、米景気 が堅調維持によりソフトランディング期待が高まる中で日銀が政策修正を見送り続けた場合、ドル安圧力が強まる中でもドル円は高止まりが継続、145-150円レンジ定着に向けたドル円再上昇のリスクが残されている。

当時アメリカではまだまだ景気が悪い状況が続くなか、ブッシュ減税や金融緩和が継続されており、これがドル安の後押しとなっていました。

しかし、日本は金利を上げることがなかったため、金利格差はどんどん広がり円安ドル高が進攻しました。

今日以降、米国債の入札が米金利の変動要因となる可能性がある。今日は3年債の入札が控えている(日本時間9日午前2時、420億ドルで前回から20億ドルの増額)。ゆえに今日のドル円は、NY時間で上下に振れる展開を想定しておきたい。

ダウはこの日も183ドル上昇し、これで「11連騰」です。これは2017年以来となる最長連続高となっています。因みに過去最長は「13連騰」というのがあるそうです。テスラ株が、米国と中国以外の売り上げが好調だったことで上昇しています。ブルームバーグによると、テスラの上期納車台数は約89万台となり、フォルクスワーゲン(VW)、BMW、メルセデス・ベンツ、ポルシェといったドイツ勢の合計EV納車台数を上回ったそうです。今や世界のEV市場はテスラと中国BYDが2大勢力で、日本などは足元にも及びません。筆者の理解では世界で最初に電気自動車の量産化に成功したのは確か三菱自動車の「アイミーブ」で、その後日産の「リーフ」が続いたと記憶しています。トヨタが世界初のハイブリッド車「プリウス」で成功したことが、皮肉にも日本のEV開発を遅らせる一因になったようです。

米景気後退リスクの上昇は大きなドル安要因になる可能性もあると指摘しています。

現状、1時間足のRSIがトレンドを追っているように見える。よって、ドル円の下落局面ではRSIを軸に他のオシレーター系指標の動きも確認することで、上で述べたサポートポイントで反転するかどうか?を見極めたい。

GMOクリック証券では、他の会社に比べてスプレッドが狭くなっているのでコストを抑えてドル円をトレードすることができます。

ドル円の反落局面では、144.00レベルがサポートとして意識されている。また、日米の株式市場では根強い株高トレンドが続いている。米国の10年債利回り(長期金利)にも徐々に上昇の圧力が高まっている。

ただし、ドルにとっては良いことばかりではなく、金利の上げどまりをドルの転換点と懸念する声が多いのも事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました