【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析ー直近安値を意識して「たくり足」を形成

FXブログ
【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析ー直近安値を意識して「たくり足」を形成

日経平均株価は反発。買い優勢のスタートから一転して下げ幅を拡大する展開となった。一時は10/4につけた安値(30487円)に迫る場面もあったが、次第に下げ幅を縮小しながら後場は再びプラス圏に浮上した。

 RSI(9日)は前日37.5%→34.8%(10/24)に低下。10/13の戻り高値(32533円)から押し目処を探る展開が続くが、きょうの下ヒゲの長い「たくり足」が目先の底入れのサインになるかが注目される。

10日移動平均線(31724円 10/24)を下回った状態にあり、足元は弱気波動との判断が続く。当面の動きとして、10/4安値を前に切り返し、25日移動平均線(31876円 同)や10/13高値を超えるような動きにつながるかが上方向をみる上での焦点となる。

 一方、10/4安値を下回ることになる場合、200日移動平均線(30235円 同)割れを試す展開につながりやすい。

 上値メドは、10日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線(32268円 同)、10/13高値(32533円)、9/7高値(33322円)などが考えられる。下値メドは、10/4安値(30487円)、200日移動平均線、心理的フシとなる3万円、2022年8/17高値(29222円)などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析ー直近安値を意識して「たくり足」を形成

というよりもテクニカル分析のキモだと言っても過言ではありません

もちろんこうしたテクニカル指標は絶対的なものではなく、その見方を知ったからといって必ず儲けさせてくれるわけではありません。RSIも他の手法同様、総合的に判断する必要があります。株価のトレンドを見ながら売買することを基本として、相場が目先的に行き過ぎを感じるような時に参考材料の一つとしてRSIを確認するのが良いでしょう。 相場の上げ下げに影響され気持ちが定まらないような場合、このようなテクニカル指標は過度の焦りや恐怖を和らげる効果も期待でき、客観的判断の手助けになります。

先日のコメントで「短期を無視した長期のテクニカル分析は意味をなさず、また長期のトレンドを無視した短期テクニカル分析は意味をなしません」ということを書いたので、今日はその辺を踏まえて書いてみます。その前にまず、私がイメージするトレンド(ライン)というものについて書いておきます。イメージを伝えるのは難しいので「何言ってんだ?」と思われる方もおられるかもしれませんが、その時はコメント欄でもメールでもいいので質問して下さい。

投資銘柄を選定する際は、材料性やテクニカルな妙味とともに、PER(株価収益率)や利益の伸び率などのファンダメンタルズを分析し銘柄を抽出するやり方がある一方で、例えば売買高の増減などのボリューム指標のみで投資銘柄を選ぶ人もいます。つまり、人気が出てきたタイミングで飛び乗るというやり方です。ただしそういった場合も、こうなったら売るという「売りのルール」をきっちりしておかないと、降り時が分からず成果を得られないという結果になりがちです。

日経平均は5月急落時の窓を窓を持って埋め返したことから潜在的な上昇力は非常に強く、テクニカル的な先行きは非常に先高感に溢れていると言えます。しかしながらここしばらくの動きはいくら何でも過熱感が高過ぎます。現水準は弱い上昇トレンド(Aトレンド)の上限付近に存在することもあり、これを一気に突破から5月の高値更新とはなりにくいのではないでしょうか。

トレンドラインとは風の吹き出し口です。その風はトレンドラインから離れれば離れるほど弱くなるため、その中間地点での株価の動きは「より短期の」トレンドに強く支配されます。しかし通常は「より長期の」トレンドラインは「より短期の」トレンドラインよりも強い風が吹き出しています。そのため「より長期の」トレンドラインは下値支持線や上値抵抗線、押し・戻しの目処として意識される水準となります。 また経験的に「より短期の」テクニカルシグナルが「より長期の」トレンドをフォローしている時、そのシグナルのダマシの確率は低く、アゲンストの時のダマシの確率は高いと思っています。 誰にでも見ることができる一つのトレンドラインは一目均衡表の雲です。雲は下値支持線・上値抵抗線として驚くほど正確に機能します。今週の動きはまさにこの動きでしたね。また一目均衡表では雲とともに基準線がトレンドラインとして機能することが知られています。 もちろん雲や基準線だけがトレンドラインではありません。本当に使えるトレンドラインを見つけることはテクニカル分析の精度を上げる上で欠かせない作業です。というよりもテクニカル分析のキモだと言っても過言ではありません。 自分の中で確固たるトレンドラインを持っていれば(たとえそのトレンドラインが間違っていたとしても)おそらくその人は、相場から撤退しなければならないほど負けることはないでしょう。もし正しいトレンドラインを自信を持って使えれば、間違いなくその人は相場の勝ち組になります。

テクニカル分析も様々で、サインの表れ方や出現のタイミングにはそれぞれに違いがあります。ある特定の手法が一番優れているとは言えず、それぞれに一長一短、クセが存在し、あれもこれも用いようとすれば必ず混乱してしまいます。そういったクセや短所を理解した上で、自分の投資スタンスや好みに合ったどれか一つか二つの分析手法を得意とすることができれば、有力な投資ツールとなります。

酒田五法とは、江戸時代の相場師(米相場)本間宗久が確立し、今に伝えられるテクニカル分析の古典中の古典です。

これは狭義にはテクニカル分析上重要なシグナルである保ち合い放れに関わる一文でもありますが、広義にはテクニカル分析全体の考え方、及びそれを基準とした投資(投機)技術の礎となるものです。私もいつか、これくらいの短い文章で、強く読み手に伝わる一文を書きたいものです。

テクニカル分析を背景にした表現には「売られ過ぎ・過熱感」などいうものがあります。もちろん、二つの分析手法はどちらか一方で事足りるというものではなく、ファンダメンタルズ分析を踏まえつつ、売買のタイミングを計るためにテクニカル分析を利用するのが一般的です。

前置きが長くなりましたが、私はこのイメージに基づいてテクニカル分析を行っており、その順番は常に長期の分析から短期の分析へと時間を狭めて考えています。「より長期の」トレンドラインを意識しつつ「より短期の」トレンドを見極める作業ということになります。それでは「より長期の」チャートである週足を見てみましょう。

一口にテクニカル分析と言いましても、その種類・切り口は多種多様です。大きく分類すれば、相場の流れを捉えそれに追随しようとする際に利用される「トレンド系」と、過熱感や行き過ぎを捉え反転を期待し相場の流れに一見逆らうかのような売買をする際によく利用される「オシレーター系」と呼ばれるものがあります。

4本連続の陰線、そして三羽烏です。13wMAに続いて26wMAも上昇から横ばいへと変化。ただし、二週続けて下ヒゲの長い陰線となっており、先詰まりも感じる形。売り方勝利の利食い真っ最中という雰囲気です。 今週は下ヒゲで39wMA,-2σとも割り込み、リバウンドしたものの次の目処に向けて下げる可能性を強く残しています。パラボリックは売り継続、MACDは対シグナルマイナス乖離拡大。ストキャスティクスは底打ちから反転を臭わす動きながらRSIはまだ下げ余地を残す形。 テクニカル的には積極的に新規買いポジションの取れる形ではありません。続落か、良くても自立反発の域を出ない形。せいぜい売り玉を買い戻す程度でしょうか。でも指をくわえて大底を待つ必要はありません。日足を見てみましょう。

ただし、昨年からの相場急落時においてはテクニカル分析の多くが異常値を示し続け、その多くが機能しなかった時期がありましたように、いかに便利なツールでありましても過信・盲進は禁物で、全体的な流れを踏まえ総合的に判断することが不可欠です。

遅行スパンが株価を上抜けした(現在の株価が26日前の株価水準を上回った)場合、株価の上昇に弾みがつく傾向あり、他のテクニカル上のシグナルよりも一足早い「買いサイン」となるケースが往々にしてあります。遅効スパンが株価を上抜くこのような動きを「遅効スパンの好転」と言います。

種々のテクニカル分析手法の多くは日々変動している数値を元に、過熱感や行き過ぎ等を計るものであるため、例えば上昇した際の株価の目安を予め想定する場合は別の考え方が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました