【テクニカル】週足テクニカル・豪ドル円 サポート&レジスタンス

FXブログ
【テクニカル】週足テクニカル・豪ドル円 サポート&レジスタンス

豪ドル円・週足は下影小陰線引け。11月17週につけた年初来高値98.62円を前に伸び悩みが続いている。97.24円へ下振れる場面もあった。

 97円台で上昇中の4週移動平均線前後で下げ渋っている状態だが、高値圏で不安定であり、週足一目均衡表・転換線96.34円程度までさらに下振れるリスクも視野に入れて臨みたい。下値のサポートとなりそうなポイントから折り返すことができて年初来高値更新となれば、11月10日週の下落幅の倍返し99.15円や2014年以来の高値水準100円前後に散見される節目を試す動きとなる。

レジスタンス3   101.20(2014/12/12高値)

レジスタンス2   99.93(2014/11/28週安値)

レジスタンス1   99.15(11/10週下落幅の倍返し)

前週終値      98.37

サポート1     96.34(週足一目均衡表・転換線)

サポート2     95.21(週足一目均衡表・基準線)

サポート3     94.06(10/20週安値)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】週足テクニカル・豪ドル円 サポート&レジスタンス

テクニカル 週足テクニカル 豪ドル円

チャート等の動きを分析して「買い時」、「売り時」の判断を行うのをテクニカル分析といいます。テクニカル分析を理解すれば「売り時」、「買い時」をとらえやすくなります!

テクニカル分析とは?難しそうですが、実は簡単!分析方法が分かれば売りと買いのタイミングが分かります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました