部下の大半が退職 「毒上司」とは

FXブログ
部下の大半が退職 「毒上司」とは
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 部下の大半が退職 「毒上司」とは

部下の大半が退職 毒上司 とは

社内でハラスメントの研修体制が整っていないと、部下だけでなく、上司や周りの従業員にも影響を及ぼします。部下や従業員はハラスメントの基準を理解できず、上司は適切な指導ができないことで、職場環境を悪化させるケースが考えられます。

パワハラとは「職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義されています。

「定年退職後、再雇用された方が、私の部下になりました。営業担当者の相談役を任せることになり、課長である私と机を並べています。仕事に対しては熱心でありがたいのですが、根性論が多く、実際のノウハウ指導がおろそかになっています。遠回しに注意しても、『そうか?』と聞き流され、教わる相手も閉口しています」

とくに、部下への負担が大きい職場環境では、上司のマネジメント能力がより重要です。

部下から上司に嫌がらせの言動を取る行為は、パワハラの行為にあたり、逆パワハラともいわれています。昨今、部下からの逆パワハラによってうつ病などの精神疾患に悩む上司も少なくありません。

近年、定年延長や再雇用制度などにより、かつての元上司が部下になることもあります。

企業で起こるハラスメントのなかで、もっとも多いのは「パワーハラスメント」です。パワハラは主に上司が部下へのハラスメントというイメージがありますが、部下から上司へのパワハラも近年報告されており、うつ病などの精神疾患を患ってしまう上司も少なくありません。

優柔不断、問題から逃げる、流れに身を任せる、部下からいいようにあしらわれているといったところが、こうした甘い上司の特徴だという。

「4個510円」と「6個770円」の単価が安いほうが瞬時にわかる“すごい計算法”とは?

などは、部下が上司に対して優位に立つため「優越的な関係を背景とした言動」に含まれるとしています。

ほかにも、気まぐれにゴール設定を動かしたり、新しいプロジェクトに心が引かれたりして、相談もなく部下たちの焦点を変えてしまいます。解雇されそうな人の情報を隠しているので、部下たちは職の安定性に不安を抱くでしょう。

ここからは部下からのパワハラの具体例を5つご紹介します。

こうしたときは「退職日までに引き継ぎが終わるよう最大限の努力をします」などと誠意を見せつつ断るといいでしょう。後任を採用してから引き継ぎになる場合、採用活動が予定通り進むとは限りません。採用ができなければ引き継ぎもできませんから、結果的に退職日がズルズルと延びてしまうことに。

「個別配慮型」のリーダーシップとは、部下の考え方や特徴を個別に把握して、それに合わせた方法で仕事を任せたり、説明したりする上司のことです。このタイプのリーダーシップのもとでは、パワハラの発生率や部下のメンタルヘルス不調の割合が低いことが明らかになっています。パワハラのない職場では、離職率の低下や組織へのコミットメントの向上などのプラスの影響があります。

とくに飲食業界などでは、若い正社員の店長が、熟練の年上のパート社員と働くケースも多々あります。年長者に対して敬意を払うことは大切ですが、業務の指示命令に従わない年上部下を野放しにしておくと、組織が崩壊します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました