[ユーロ米ドル]ECB理事会

FXブログ
[ユーロ米ドル]ECB理事会
(ユーロ米ドル日足)

昨日は東京から欧州市場にかけて米長期金利が低下したことでユーロは底堅い動きで推移。
前日の高値1.0916を上回ると短期の損切りを巻き込み1.0932まで上昇。その後発表された米PMIが強い結果となったことでドル買いが強まるとユーロも1.0880付近まで押し戻された。
今日はECB理事会が開かれるが利下げの時期に注目。先日ラガルド総裁が利下げは夏ごろに実施するとの具体的な時期に言及。しかし市場は4月からの利下げ開始を見込んでいることから、改めて夏の利下げが示されるようならユーロ買いが進むとみる。ただ、ドイツやユーロ経済減速への懸念もあり、市場の早期利下げ観測は変わらないことから下値も限定的とみる。

ユーロドル予想レンジ:1.0940(38.2%、BB中心)~1.0860

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]ECB理事会

ECB理事会”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました