ヤマトなど2社に初の勧告 国交省

FXブログ
ヤマトなど2社に初の勧告 国交省
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 ヤマトなど2社に初の勧告 国交省

ヤマトなど2社に初の勧告 国交省

ヤマトは1月26日、行政処分を受け「ヤマトグループの業務を支えていただいているパートナーの運送会社をはじめ関係者の皆さまには、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。当社は、このたびの勧告を真摯に受け止め、再発防止に向けた取り組みを確実に実施し、関係者の皆さまからの信頼回復に努めてまいります」と謝罪するコメントを発表した。

国交省は「トラックGメンによるフォローアップを継続し、改善が図られない場合はさらなる法的措置の実施も含め、厳正に対処する」と警告している。

国土交通省は1月26日、貨物自動車運送事業法に基づき、取引先の運送事業者へ公正な取引を阻害する疑いのある悪質な行為を求めるなど、問題のある行為が続いているとして、是正するよう元請けのヤマト運輸と荷主の王子マテリア(東京都中央区銀座)の2社に勧告したと発表した。

国土交通省は26日、過労運転につながる長時間の荷待ちなどをトラック運転手に強いた疑いがあるとして、ヤマト運輸と王子ホールディングス傘下の王子マテリアに是正を勧告した。貨物自動車運送事業法に基づく初めての対応。国交省は、運転手の残業規制で物流の停滞が予想される「2024年問題」対策の一環として、荷主と運送業者の取引監視を強めていた。

物流センターでの長時間の荷待ちが改善されないことなどを問題視した。国交省が同法に基づき、企業に勧告を出したのは初めて。

国交省によれば、ヤマトは長時間の荷待ちや契約にない付帯業務、運賃・料金の不当な据え置き、過積載運行の指示、その他の無理な運送依頼を行っていた。王子マテリアも長時間の荷待ちが継続していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました