国産と中国産のニンニク 何が違う

FXブログ
国産と中国産のニンニク 何が違う
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 国産と中国産のニンニク 何が違う

国産と中国産のニンニク 何が違う

中国産と青森産、ここまでニンニクが違う物だとは。もう、ただただショックだ。おろしても火を通しても、味も見た目も全然違うのだ。同じ植物とは思えないほど違うのだ。おしえて!gooでは「味覚の面に関しては、おそらく差はありません」なんて書かれていたが全然違った。

ギョーザやペペロンチーノなど、さまざまな料理に使われることが多いのが「ニンニク」です。スーパーに行くと、国産のニンニクのほかに中国産のニンニクも売られており、具体的に何が違うのか気になった人は多いのではないでしょうか。国産のニンニクと中国産のニンニクの違いについて、管理栄養士の桜井このさんに教えていただきました。

香りがマイルドということは、すなわち中国産にんにくの方が、匂い成分が濃いということになります。

サイズも青森が大きく、次にスペイン産、そして中国産は小ぶり。一般的に青森のニンニクは寒冷地で育てられ、スペインのニンニクは暖かい地中海沿岸地域で育てられる。中国のニンニクは広範囲に渡る気候条件の中で育てられる。

左から青森産、スペイン産、中国産。形がちょっと違う。青森産は美しく、スペイン産は少しいびつ。中国産も綺麗な形をしている。

違いは生でかじれば分かる(危険なので試すときは覚悟を)。中国産はパンチが少ない。スペイン産はガツンと強烈な辛味が襲って舌に残る。青森県産もガツンと辛味が来るが、スーッと辛味が退出して爽やかな口が残る。

左から青森産、スペイン産、中国産。値段も国産から順番に高い。自分は青森産にこだわっているが、結論を言うと好みで大丈夫。これから3つの違いを説明していくので、コレ!と思ったものを選べばOK。

中ニンの様な青臭さやえぐみは無く、ニンニクの匂いと辛味だけが際立つ。子供の頃、実家で食べた鰹のたたきの味を思い出した。そうか、あれは国産のニンニクを使っていたのか。美味しんぼの展開にありそうな話だ。

もし、中国産の方が、匂い成分が多いのであれば、中国産の製品の方が脂溶性有機イオウ化合物の働きが強い事になります。

そこで本記事では国産と中国産、スペイン産の3つに分けて、にんにくの違いについて徹底解説します。

中国産にんにくのにんにく玉をお召し上がりになって、ポカポカ体が温まる、あの実感もこの「匂いパワー」が元なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました