【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、欧州GDPの下振れリスクに警戒か

FXブログ
【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、欧州GDPの下振れリスクに警戒か

本日のロンドン為替市場では、欧州景気の動向を見極めながらの取引となる。ユーロドルは昨日支えとなった90日移動平均線、重しとなった200日移動平均線(それぞれ、以下90日線と200日線)が依然として注目ポイントか。

 本日はロンドン昼前までに、欧州域の10-12月期国内総生産(GDP)速報値が発表予定。序盤の仏は前期比で横ばいと前四半期から若干改善が見込まれるも、独は同比で-0.3%と前回-0.1%を更に下回り、2四半期連続でのマイナス成長が予想されている。ユーロ圏GDPも前回と同じ前期比-0.1%との予測。昨日はデギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁が「インフレと成長率の下振れリスクに直面している」と述べており、よりネガティブな結果には警戒しておきたい。

 デギンドス副総裁の発言をきっかけに昨日はECBによる早期利下げ観測が強まり、ユーロドルの売り圧力に繋がった。もっとも1.08ドル割れでは下げ止まり、その後は1.0840ドル台まで切り返している。結果的にサポートとして機能したのが、1.0790ドルに位置していた90日線。本日同線は1.0793ドルまで水準を上げてきた。一方、上値を抑えたのが1.0840ドル台でジリジリと水準を下げてきた200日線。本日は1.0842ドルに位置し、東京昼までは重しとなっている。

 他スイスからは、1月KOF景気先行指数(予想:98.2)が発表予定。スイスフランは、中東の地政学リスクの高まりがより意識されそうではあるが、一応気にはしておきたい。同指数は昨年10月以降から改善が続いており、上昇幅が1つのポイントとなりそうだ。

想定レンジ上限

・ユーロドル、25日高値1.0902ドル

・ユーロスイスフラン、29日高値0.9394フラン

想定レンジ下限

・ユーロドル、ピボット・サポート2の1.0767ドル

・ユーロスイスフラン、4日安値0.9270フラン

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、欧州GDPの下振れリスクに警戒か

コメント

タイトルとURLをコピーしました