【見通し】NY株見通し-引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表を控え様子見か

FXブログ
【見通し】NY株見通し-引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表を控え様子見か

今晩は様子見か。昨日は週内にマイクロソフト、アルファベット、アップル、アマゾン、メタなどのハイテク・ジャイアントの決算発表や、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米1月雇用統計などの重要イベントを控える中、米10年債利回りの低下を追い風に主要3指数がそろって上昇。ダウ平均は224.02ドル高(+0.59%)と3営業日続伸し、S&P500とナスダック総合もそれぞれ0.76%高、1.12%高と反発した。ダウ平均とS&P500は先週末に続いて取引時間中の史上最高値を更新し、終値ではダウ平均が3営業日連続、S&P500は2営業日ぶりの高値更新となった。

 今晩の取引では引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表や、水曜日の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表、金曜日の米1月雇用統計を控えた様子見か。ダウ平均とS&P500が連日で史上最高値を更新し、ナスダック総合も最高値まで約3%に迫っており、もう一段の上昇のためにはハイテク・ジャイアントの決算や見通しが良好であることや金融政策の緩和見通しがポイントとなる。本日発表される経済指標や米10年債利回りの動向をにらんだ神経質な展開となりそうだ。

 今晩の米経済指標は12月JOLTS 求人件数、1月消費者信頼感指数、11月S&Pケースシラー20住宅価格指数など。企業決算は寄り前にゼネラル・モーターズ(GM)、ファイザー、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)、マラソンペトロリアム、引け後にアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、マイクロソフト、アルファベットなどが発表予定。(執筆:1月30日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表を控え様子見か

一方 販売減速の見通しを示したテスラは8%超安と下げがきつい

FRBは30〜31日に開催する今年最初の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の据え置きを決める見通し。インフレを抑えつつ景気後退を回避する「ソフトランディング(軟着陸)」実現への期待が高まる中、3月以降のどの会合で利下げに踏み切るかが焦点となっており、市場関係者はFOMC声明のほか、会合後にパウエルFRB議長が行う記者会見での発言に注目している。

【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク株式相場は、予想を下回る業績見通しを示した米工業・事務用品大手スリ―エム(3M)が大きく売られ、4営業日ぶりに反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比96.36ドル安の3万7905.45ドル(暫定値)で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は65.65ポイント高の1万5425.94で引けた。

通信のAT&T(T)は第4四半期決算で、新規のワイヤレス契約者数が予想を上回り上昇。メディアのニュースコープ(NWSA)とケーブルTVのフォックス(FOX)はマードック共同会長が両社の統合計画を撤回したため、それぞれ上昇した。また、金融サービスのUSバンコープ(USB)は、第4四半期決算で項目を除いた1株利益が予想を上回ったほか、強い見通しを示して上昇。

個別銘柄では、ゴールドマン・サックスが1.3%安、ウォルト・ディズニーが1.4%安、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が1.6%安。一方、市場予想を上回る利益見通しを公表したベライゾン・コミュニケーションズは6.7%高、インテルは1.4%高、ナイキは1.3%高だった。

個別銘柄では、決算発表で市場予想を上回る業績見通しを示したアメリカン・エキスプレスが7.1%高、ユナイテッドヘルス・グループとナイキがいずれも2.0%高、ボーイングが1.8%高。一方、前日に示した業績見通しが予想を下回ったインテルとビザはそれぞれ12.0%安、1.7%安となった。

【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク株式相場は、予想を下回る業績見通しを示した米工業・事務製品大手スリーエム(3M)が大きく売られ、4営業日ぶりに反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比96.36ドル安の3万7905.45ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は65.65ポイント高の1万5425.94で引けた。

また、期待指数は3月の74から68.1に低下し、近い将来に景気後退に陥るとの見通しを高めた。期待指数が80を下回ると、景気後退(リセッション)リスクが高まっている状況が示唆される。

この週の米経済指標の発表数値を鑑みると、IMFによる経済見通し、複数の住宅指標、コンファレンスボード消費者信頼感指数、そしてGDP(2022/4~6期)、どれをとっても結果は芳しくなく、景況感をより悪化させていました。

個別銘柄では、前日に慎重な利益見通しを示したスリーエム(3M)が3.0%安、ナイキが1.1%安、25日に決算発表を控える化学大手ダウは1.5%安。主力小型機737MAXの対中輸出再開見通しが報じられたボーイングは1.2%高、JPモルガン・チェースは0.9%高、インテルは0.4%高だった。

個別銘柄をみると、IBMが11%超高と急伸し、ダウ平均の上げをけん引。24日発表した23年10〜12月期決算で売上高と調整後1株当たり利益(EPS)が市場予想を上回ったことが好感された。一方、販売減速の見通しを示したテスラは8%超安と下げがきつい。同社が24日発表した23年決算では、売上高と純利益が過去最高となったが、相次ぐ値下げを要因に、前年と比べて伸びが大きく鈍化した。

米主要企業の昨年10〜12月期決算発表が本格化している。ダウ平均構銘柄の米半導体大手インテルが前日引け後に発表した四半期決算は予想を上回る売り上げを受け、純損益は黒字に転換し、調整後の1株当たり利益は市場予想を達成。ただ、24年1〜3月期の売上高見通しを市場予想を大幅に下回る水準に設定したため、半導体関連には失望売りも出ている。

一方で航空機メーカーのボーイング(BA)は、第4四半期決算で、人手不足や供給混乱継続が響き、予想外に損失を計上したため、失望感から下落で始まったが、一方で売り上げ増期待を受けた買いに支えられ上昇に転じた。半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ(TXN)は第4四半期決算で売上高が2020年のパンデミック以来初めての減少となり、さらに、見通しも冴えず下落。また、ソフトウエアメーカーのマイクロソフト(MSFT)は昨日引け後に発表した決算で、クラウドビジネスの弱い見通しが警戒され続落。証券取引所のナスダック(NDAQ)は第4四半期決算で費用見通しが予想を上回り、大幅安となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました