【テクニカル】ユーロ円テクニカル一覧=90日線サポートに反発

FXブログ
【テクニカル】ユーロ円テクニカル一覧=90日線サポートに反発

参考レート  160.19円  1/31 1:53    

      

パラボリック  161.68円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)    

      

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)      

5日移動平均線    160.30円 (前営業日160.47円)    

21日移動平均線   159.50円 (前営業日159.29円)    

90日移動平均線   159.10円 (前営業日159.07円)    

200日移動平均線  156.54円 (前営業日156.52円)    

      

RSI[相体力指数・14日]      

 54.22%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)     

      

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)      

2σシグマ[標準偏差]上限  162.39円     

2σシグマ[標準偏差]下限  157.03円     

      

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標      

MACD[12、26]  0.64  vs  0.65  MACDシグナル [かい離幅 -0.01]

(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)      

      

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。      

(越後)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】ユーロ円テクニカル一覧=90日線サポートに反発

スキャルピングの勝率をアップさせるにはテクニカル分析が重要です

次に具体的な中長期戦略ですが、前提としては・ECBは、2月と3月に0.50%の利上げ、5月に更に0.25%の利上げを実施し、政策金利を3.25%まで引き上げて、一旦正常化を終了すると仮定。・一方日銀は、新総裁の元で、今までのような強力な金融緩和策から政策転換する可能性があることで、円高リスクも残りそうです。ただ、政策金利引き上げが行われる可能性は低く、円の軟調が続く見通しです。・現状はテクニカル面で、方向感が見えづらいですが、もし、トレンドがはっきりと見えて来るなら逆張り戦略は注意しましょう。・もし、ロシアが戦術核などを使用した場合は、この限りではありませんが、一方でウクライナとロシアが停戦で合意するような場合、ユーロ相場が急速に巻き戻す可能性に注意しておきましょう。

まず1つ目の事例としてS&P500インデックスを用いて分析を行った。テクニカル分析AIにチャートを読みこませたうえで「分析してください」と指示したところ(図表1)、AIは直ちに分析結果を表示した。その内容は、テクニカル指標についてのコメント、AIによる総括コメントである。

チャートに表示させるテクニカル指標は、多くても3つまでにとどめましょう。

サポートラインが破られると上値が重くなるものの、テクニカル面から流れが一気に下向く材料を見つけ出すのは難しい。200,89日移動平均線と日足雲がサポートになって下値をしっかりガードしている。200日線は目先、1.0845付近で横ばい。89日線は1.0755/60レベルで横ばい気味に推移すると見られる。この分厚いサポート帯を破るのは簡単ではなさそうだ。

次に事例の2つ目として、テクニカル分析AIにユーロ円レートのチャートを読みこませたうえで「分析してください」と指示したところ(図表3)、同様にテクニカル指標についてのコメント、AIによる総括コメントが示された。

以上のように、テクニカル分析AIを使用してS&P500とユーロ円レートを分析したところ、AIはテクニカル指標に基づいた詳細な分析を迅速に提供することが明らかになった。1つ目のS&P500に対しては、トレンド、サポートとレジスタンス、キャンドルスティックパターン、移動平均リボン、RSIなどのテクニカル指標に関するコメントと、強気トレンドにあるが買い過ぎの可能性を示唆する総括コメントが表示された。2つ目のユーロ円レートについても同様の分析が行われ、トレンド分析、サポートとレジスタンス、移動平均(MA)、MACD指標、出来高、ローソク足パターンなどの指標に基づくコメントと、弱気のモメンタムが続く可能性を示す総括コメントが提供された。これらの事例から、テクニカル分析AIは投資判断のための有力なツールの1つになりうるといえるだろう。

相場の未来を予測してくれる「みらい予測チャート」や自動でテクニカル分析をして売買のシグナルを表示してくれる「お天気シグナル」は必ず使うべきツールだ。

以上のように、AIによるテクニカル分析は従来の専門家による分析とは一線を画す新しい視点を投資家に提供する。膨大なデータに基づく精密な分析は、市場理解を深め、投資戦略の策定に寄与するだろう。

トレンドラインが相場分析に有効なのは、もっとも基本的なテクニカル指標として世界中で多くのトレーダーが使っているからです。

テクニカル指標に関するコメントは、トレンド分析、サポートとレジスタンス、移動平均(MA)、MACD指標、出来高、ローソク足パターンの6つが表示された(図表4)。また、ユーロ円が「このチャートは「C」よりも悪い評価を受ける可能性が高く、弱気の感情を示しています。主要な移動平均を大きく下回る動き、負のMACD、強気のローソク足パターンの欠如は、弱気のモメンタムが続く可能性があることを示唆しています。トレーダーは潜在的な短期エントリーを探すかもしれませんが、サポートレベルでの反発やブレイクダウンの兆候に注意する必要があります」という総括コメントが示された。

テクニカル分析は過去の価格データや取引量に基づき市場の将来の動向を予測する方法である。しかし、この伝統的なアプローチは主観性が強く、解釈に幅がある。そのため初心者には理解や適用が難しい側面がある。これに対し、AIによるテクニカル分析は、膨大なデータを基に迅速かつ客観的に分析を行う。AIは専門家と異なる視点で市場を解釈し、新たな洞察を提供する。その特長は、その「最新の情報を瞬時に分析しわかりやすく説明する能力」にあり、大量のデータを短時間で分析し、市場の動向を示唆する総括コメントを提供することができる。人間が見落としやすい市場の微妙な動きを捉えることができるため、投資家は市場の動きをより深く理解し、適切な投資判断を下す一助となる。特に、AIの分析結果は初心者にも理解しやすく、視覚的な表現は市場の動向を把握しやすい。ただし、AIの分析も万能ではなく、市場の変動やファンダメンタルズの分析との組み合わせが重要である。

多くの情報を収集して値動きを予測するのは、経験のあるトレーダーでも苦労する。そのため初心者は、無理にトレンドラインだけで勝とうとするのではなく、他のテクニカル指標を試すなど、自身に合った分析手法を見つけるのが大切だ。

チャートの形や節目、経済指標など様々な要因を踏まえて判断する必要があるので、他のテクニカル指標と組み合わせるなど使いやすい分析手法を見つけてくださいね。

スキャルピングの勝率をアップさせるにはテクニカル分析が重要です。

株、外国為替、暗号資産など、世の中には様々な投資対象があります。取引する人たちはどのようにして売買のタイミングを決めているのでしょうか?ここでは初心者でもわかりやすい「テクニカル分析」について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました