相場の転換点で気を付けること

FXブログ
相場の転換点で気を付けること
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 相場の転換点で気を付けること

相場の転換点で気を付けること

・RSI RSIは相対力指数とも呼ばれており、買われすぎ・売られすぎが指数化されたもので、一定期間の相場の「値上がり幅」と「値下がり幅」を基に算出されます。数値は0~100で示され、一般的に70%~80%を超えると買われ過ぎ、逆に20%~30%を下回ると売られ過ぎで反転のサインとされています。逆張りトレードの参考指標として使われることが多く、持ち合い相場(レンジ相場)で有効に機能しやすいです。逆に相場に強い勢いがあってトレンドが出ている場合は逆張りのポイントでも機能しない場合があるため注意が必要です。

遅行スパンは当日の終値を26日前にさかのぼって記録したものです。遅行スパンが26日前のローソク足を上回る場面では強気相場、反対に遅行スパンが26日前のローソク足を下抜ける場面では弱気相場への転換が示されると言われます。

・MACD MACDは移動平均収束拡散手法とも呼ばれており、「マックデイー」と読みます。移動平均線を発展させてより精度を高めるために開発されたテクニカル指標で、短期の移動平均線と中期の移動平均線の差によって算出されます。MACDラインとシグナルラインの2本があり、MACDラインが0よりも上にあるときは上昇トレンドで、逆に0よりも下にあるときは下降トレンドになります。またMACDとシグナルラインのゴールデンクロス・デッドクロスで相場の転換点を捉えることも可能で比較的使いやすいテクニカル指標と言えます。

下図のチャートは、株価が一定の値幅で行ったり来たりを繰り返す「ボックス相場」です。Aのポイントが買いのタイミング、Bのポイントが売りのタイミングです。ここに、移動平均線を重ねてみましょう。すると、移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスは先ほどの売買ポイントでは現れず、株価の山と谷の中間で出てしまっています。こちらのポイントでは、買値より売値のほうが安くなってしまっています。

現在と過去の価格差をグラフ化することで、相場に勢いがあるかどうかを判断することができます。

本記事では、ファンダメンタルズ分析の基礎知識や注意点などを解説します。長期的な相場の流れを把握し、取引に役立てたい人は参考にしてください。

ただ、ここから気を付ける必要があるのは、同じ反応はいつまでも続かないということです。今の株式市場は日米ともに上昇基調にあるため、悪いものはすぐに吸収してしまう。果たして相場が下落に転じても、同じ反応を続けることができるでしょうか?

ただし、ダマシが存在することや値に上限/下限がないため、モメンタムのみで相場の動きを予測するのではなく、他のテクニカル指標を合わせて活用するのが大切です。

例えば大陽線が出れば相場の上昇が続くということや、上影陰線が出れば下落へ転換することを示すなどと言われています。

一般的に、ADXが上昇して高い位置にある時は、トレンド発生中と考え、トレンドフォロー系の指標が有効と判断します。逆に、ADXが下降して低い位置にある時は保ち合い相場と考え、オシレーター系の指標が有効といわれています。

ゴールデンクロスが発生した場合、相場が上向きに転じたと判断され、買い注文を出すタイミングであるとされています。逆にデッドクロスは下降トレンドへと転換するサインです。短期移動平均線が長期道平均線の上側から、下へと突き抜けるように下降していく場合、相場が下向きに転じたと判断されます。

本記事では、FXにおけるチャートパターンの概要や種類、注意点などを解説します。チャートパターンを活用して値動きの傾向を把握しておくと、相場分析をする際に役立つため、ぜひ参考にしてください。

RSIは相場の「買われ過ぎ、売られ過ぎ」の状態を示す指標です。

モメンタムを使用すれば、相場の方向性や転換点を見極めるのに役立ち、さらに売買タイミングを見極めることも可能です。

テクニカル分析はチャートを使って手軽にできるため、初心者の方でも始めやすい分析手法です。テクニカル分析にはチャートはもちろんですが、テクニカル指標を用いることが多いです。テクニカル指標には大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」と呼ばれる2つの種類があります。トレンド系は一般的にトレンドの方向をわかりやすく表示したテクニカル指標で、オシレーター系は相場の中で買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル指標です。どのようなものがあるのか代表的な3つをそれぞれ見てみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました