豪ドル円予想「上値のやや重い展開。」FXチャート分析 2024/1/31

FXブログ
豪ドル円予想「上値のやや重い展開。」FXチャート分析 2024/1/31

【豪ドル/円】上値のやや重い展開。上値トライの可能性を残した状態。

豪ドル/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなり、上昇一服となりました。下値を切り上げる流れを守っていますが、強い上値抵抗を上抜けきれていないので、買いは引き付ける必要があります。買いは97.10-20で再度押し目買い。損切りは96.70で一旦撤退です。売りは1日様子見です。上値抵抗は97.50-60,97.80-90,98.10-20に、下値抵抗は97.10-20,96.70-80にあります。96.50以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。

© 2024 オフィスフレア/川合美智子
無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 豪ドル円予想「上値のやや重い展開。」FXチャート分析 2024/1/31

豪ドル円予想 上値のやや重い展開 FXチャート分析

LIGHT FXが豪ドルの取引におすすめよ。

低レバレッジで取引をすると、豪ドルが大きく下がってもロスカット(強制決済)をされません。

FXGTが7,500円キャッシュバックキャンペーンを開催中!

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

インフレ率より金利が高くないと、お金の価値が年々減っていくので豪ドルの売り圧力になります。

輸出品は鉄鉱石(32%)、石炭(12%)、天然ガス(10%)と資源が多く、資源価格が下がると豪ドルも売られるぞ。

マイナススワップが少ないFX会社を選ぶと、売りからでも低コストで売買ができて利益が増えるわ!

「取引量を大きくして為替差損でロスカット」されるのが、豪ドルの取引で大損するトレーダーの特徴です。

取引量を少なくして低レバレッジで取引をすれば、大きく豪ドルが下がった時に買い増して、一時的な反発時に売ることで安定した利益を狙えます。

このまま実質金利がマイナス状態だと、豪ドルは売られる可能性が高くなります。

株や為替を中心とした情報サービス提供企業であり、多くのFX会社にニュースを配信している。為替分野では、各市場の概況からアナリストの独自分析まで幅広い記事を取り扱う。ディーラー業務経験者など、経験豊富な専門家を揃えている。

忙しい人にこそオススメ!マネしやすい! 今井流FXトレードの肝は「トレンド探し」。為替 ディーラー今井雅人の原点はシカゴにあった!

豪ドル/円相場は先週大きく続伸し、一旦97円関門直前まで打診した。先週のコラムで解説した通り、豪ドル/円は横這いのレンジを形成しながら、上値志向を保ってきたため、これから新たなレンジ変動を形成してくと推測されたわけで、先週の高値トライをその結果、また一環とみている。

ドル円の上値目処(めど)は、1月19日の高値の148.80円。

そのため、先週の97円関門直前までの高値打診は、想定範囲内よりも若干弱いと思うほど自然な成り行きであった。言い換えれば、週足における大型「インサイド」のサインの形成と上放れがやっと確認され、また強気変動の一環を証明したことから、本来さらなる上値の打診があってもおかしくなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました