【見通し】NY株見通し-軟調か FOMC結果とパウエルFRB議長会見に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-軟調か FOMC結果とパウエルFRB議長会見に注目

今晩は軟調か。昨日は引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表や翌日の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表を控えて様子見姿勢が強まった。ダウ平均は133.86ドル高(+0.35%)と4日続伸し、前日に続いて取引時間中と終値の史上最高値を更新した一方、S&P500は0.06%安とわずかながら反落、ハイテク株主体のナスダック総合は0.76%安と反落した。引け後の動きではマイクロソフトが時間外で約1%安。2024年度第2四半期(10-12月)の売上高と調整後一株当たり利益(EPS)が市場予想を上回ったが、株価は売りが優勢。アルファベットも10-12月期の売上高と調整後EPSが市場予想を上回ったものの、グーグルの広告収入が予想を下回ったことで株価は時間外で約5%下落した。

 今晩の取引では前日の決算発表を受けたアルファベットやアドバンスト・マイクロ・デバイセズの下落が見込まれ、ハイテク株を中心に軟調な展開が予想されるが、利下げ開始時期の見通しを巡り取引時間午後に結果が公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)が焦点となりそうだ。FOMCでは政策金利の据え置きが確実視されているが、公表される声明文や会合後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見での発言内容が焦点となりそうだ。

 今晩の米経済指標・イベントはFOMC、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見のほか

1月ADP民間部門雇用者数など。企業決算は寄り前にボーイング、マスターカード、引け後にクアルコムなどが発表予定。(執筆:1月31日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-軟調か FOMC結果とパウエルFRB議長会見に注目

IMFは世界経済の見通し発表し 4月時点の予測を上方修正しました

FOMCは市場の想定通り、2会合ぶりに政策金利の据え置きを決めた。参加者の政策金利見通し(ドットチャート)では2023年末が5.6%と、年内に0.25%の追加利上げを示唆する水準を維持した。一方、24年末は5.1%と0.50%の利下げを織り込む水準となり、前回予想(4.6%)から切り上がった。

IMFは世界経済の見通し発表し、4月時点の予測を上方修正しました。2023年の世界経済成長率を、4月時点の「2.8%」から「3.0%」に引き上げました。米国がデフォルトを回避し、米欧の金融当局が銀行危機を食い止めたことから、ここ数ケ月でリスクは和らいでいるとの見方を示しています。IMFは米国がソフトランディング出来るとの見方に同意しながらも、金利上昇と中国の予想以上の景気回復の遅れ、新興国の債務問題、ロシアのウクライナ侵攻と米中関係緊張で加速している地理経済的分断による貿易への脅威の中で、金融の安定性に対する継続的なリスクがあると指摘しています。国別では、米国の今年の成長率を「1.8%」と予想し、4月の時点から0.2ポイント引き上げており、日本については「1.4%」とし、4月時点からは0.1ポイント上昇修正しています。また中国については、今年は「5.2%」と前回予測を据え置いています。不動産業界の軟調な投資が打撃を与えているほか、外需の低迷と若年層の失業率の上昇などをその理由に挙げていました。

個別銘柄では、スマートフォンのアプリストア運営を巡りグーグルがゲーム大手のエピック・ゲームズに敗訴。年2000億ドル(約29兆円)近くを生み出すアプリストア市場のグーグルとアップルの2社による複占が揺らぐ可能性がある。ウォルト・ディズニーとインドの資産家ムケシュ・アンバニ氏率いる複合企業リライアンス・インダストリーズは、インドにおける両社のメディア事業を統合する方向で18日にも拘束力のない合意に署名する見通しだ。

原油相場を圧迫している供給過剰懸念がこの日は一段と強まった。海上輸送によるロシア産原油供給は12月10日までの4週間では平均で日量約320万バレルとなり、3日までの4週間に比べて増加した。 米エネルギー情報局(EIA)は今年の米原油生産量見通しについて、前月時点の予想から日量3万バレル上方修正した。

アドバンテストは31日、2024年3月期の連結営業利益(国際会計基準)見通しを前年比49.3%減の850億円へ上方修正した。生成AI(人工知能)に関連したメモリー半導体DRAMの次世代品向け試験装置需要の伸びが利益を押し上げる。

インタラクティブ・ブローカーズのホセ・トレス氏は「パウエル議長のコメントと最新の四半期経済見通し(SEP)が年末の高揚感をもたらすか、あるいはいじわるな『グリンチ』となるのか、市場参加者は待っている」と指摘。「2024年に5回の利下げがあるという投資家が期待する通りのSEPとなれば、株式市場はサンタクロース・ラリーを迎えるが、2-3回の利下げ見通しとなれば株式相場はグリンチとともに暗いムードで一年を終えるだろう」と述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました