トマトショック影響 加工品値上げ

FXブログ
トマトショック影響 加工品値上げ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 トマトショック影響 加工品値上げ

トマトショック影響 加工品値上げ

前田敦子『ZIP!』2月金曜パーソナリティーに決定「トマトみたいな飾りになれれば」

落ちにくいトマトケチャップの赤いシミ カゴメが教える応急処置に「助かります」「覚えておく」

同社が国内主要食品メーカー195社の価格改定動向をまとめた。2月の値上げはパスタソースなどの「加工食品」が643品目で最も多い。ケチャップやトマトジュースも値上げ予定で、世界的な猛暑によるトマトの不作が関連品に影響している。

トマト加工品の国内最大手。2023年4月に、植物由来の「Ever Egg(エバーエッグ)」を発売している。にんじん、白いんげん豆を用いて、独自技術の「野菜半熟化製法」(特許出願中)により、卵の“ふわとろ食感”や色合いを実現したという。同社は2021年4月に植物由来の食品を生産するTWO(非上場)との提携を発表。「Ever Egg」も連携して商品化した。

都内のスーパーでは今月の食品の値上げに加え、猛暑の影響で一部の野菜は仕入れ値が大幅に上がっていて消費者の取り込みに難しい対応を迫られています。東京・練馬区にあるスーパーでは今月値上げされるハムやソーセージといった「加工食品」、アイスやチョコレートなどの「菓子」が、2日の時点では先月までと同じ値段で販売されていました。 スーパーによりますと、これからクリスマスや年末年始が近づくなかでこれらの品目は需要が高まるとしながらも、順次値上げすることは避けられないとしています。 一方、この夏の猛暑の影響でトマトやネギ、ブロッコリーなど一部の野菜の仕入れ値が大幅に上がっていて、店頭での販売価格は去年の同じ時期の倍になっています。 買い物に来ていた40代の女性は「全体的に値段が高くなっていると感じます。値段は同じでも、内容量が減った加工品もあるので、献立や調理に工夫が必要です」と話していました。 スーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長は「これまでは野菜が高いときでもほかの商品の価格を抑えるなどしてバランスをとってきましたが、いまは正直そうした調整が難しい状況です。それでもお客さんの購買意欲を落とさないよう、なんとか努力していきたい」と話していました。さまざまな食材を扱う弁当の製造・販売業者は値上げへの対応に苦心しています。 創業83年、東京・練馬区にある仕出し料理の専門店はコロナ禍をきっかけに3年前から持ち帰り用の弁当を作って店頭で販売しています。 食材の仕入れにかかる全体的なコストはことし4月に比べても1割ほど増えていますが、弁当の販売価格を据え置くための工夫に不断に取り組んでいるといいます。 例えば、1080円の「煮しめ弁当」は仕入れ値によって具材の野菜を替えるなどしつつ、全体の彩りや品質が損なわれることがないよう従業員による試食を重ねているということです。 しかし、コロナ禍の前に比べると利益は大幅に減ってきていて、これ以上仕入れのコストが増えれば、販売価格の値上げも検討せざるを得ないとしています。 仕出し料理店「魚伊三」の取締役、小美濃一喜さんは「販売開始以来、弁当の値上げは一部にとどめてきました。食材の値上がりは深刻ですが、引き続きよりよい商品を提供するために努めていくしかありません」と話していました。

卵については消費者がスーパーで購入する「生食用」は輸入されていないが、加工食品向けの「液卵」として国内で流通が始まっていると伝えられている。ブラジルで感染したのは野生の鳥に限定されているというが、養鶏場への感染が確認されれば、日本にとってさらなる需給ひっ迫要因になる可能性がある。

帝国データバンクによれば、6月6日時点でこのような「エッグショック」に変化が出始めている。卵メニューの休止は、調査開始以来、初めて減少に転じたという。加工用殻付き卵の輸入や、「代替卵」を使ったメニューの開発が進むなど、選択肢の広がりも見せているとのこと。そこで今回は、卵の代替需要や、その周辺商品に関連した銘柄をピックアップする。

農林水産省の「食品価格動向調査(野菜)」によると、「令和5年10⽉9⽇の週」の調査対象8品⽬(キャベツ、ネギ、レタス、タマネギ、トマト、ニンジン、ハクサイ、ダイコン)の価格は、平年比107%〜145%となっている。8品目すべてが平年より高いという状況だ。

2021年6月に原材料の大部分を植物由来で作ったスクランブルエッグ風商品「HOBOTAMA(ほぼたま)」を発売。もちろん卵は不使用で、元々は業務用市場向け商品。豆乳加工品をベースにスクランブルエッグのような見た目と食感を再現した。シェフが丁寧に手作りしたような半熟感を表現しているという。炒飯の具としても使える。アレルギーなどさまざまな理由で卵を食べられない方向けの商品だが、卵不足で需要増となっている。

狭くなった世界では、戦争や為替の影響が即刻日常生活に影を落とす。ちょっと“値上げ疲れ”の昨今だが、帝国データバンク(東京)の「食品主要195社」価格改定動向調査によると、2月の食品値上げは1626品目と前年同月比で7割減、1千品目台で、2千品目を超える値上げが常態化していた前年中旬までの推移と比較しても大幅に少ない水準。値上げの勢いが多少鈍化しているといえそうだ。 2月の値上げは、パスタソースなどパウチ常温食品を中心とした「加工食品」(643品目)が全食品分野で最も多かった。調味料(545品目)は、削り節などのだし製品やケチャップなどトマト加工品が中心。酒類・飲料(166品目)も、トマトジュースなどトマト加工品で多く、世界的な猛暑による不作など“トマトショック”が影響したらしい。 短期的には「物流の2024年問題」に対応した物流費の大幅な上昇が見込まれ、3・4月にかけて局所的な値上げが加速するとみられている。特に4月は、1月末時点で2千品目に迫っており、昨年10月以来6カ月ぶりとなる3千品目に到達する可能性があるとのこと。人件費を理由とした値上げの割合も増えており、節約生活はまだまだ続きそうだ。

水産大手で、加工や養殖にも強みがある。食品事業も展開。魚のすり身で作った「卵焼き」を模したおかずである「おさかなで作ったたまご焼のかわり」を製造販売している。カニ風味かまぼこの製造ノウハウを活用し、本物の卵焼きのような食感を実現しているという。1パック2枚入りの2連パックが特徴で、小分けされているので弁当などにそのまま使える。

トマトについては、気温の低下によって生育が回復し、10月後半からは平年並みの価格になるとされる。その他の野菜も猛暑による影響があったものの、生育は回復してきており、11月中旬頃には平年並みの価格で落ち着くとみられる。

中でも、ネギが145%、ニンジンが141%、ダイコンが129%、トマトが127%と特に高くなっている。いずれも猛暑の影響による生育の悪さ、出荷数の減少などが原因だ。また、レタスの10月前半の価格は平年を下回るが、10月後半からは平年を上回る見込みとなっている。

喫茶店のようなどこか懐かしい味わい!トマトの旨みをいかし、香り高く深い味わいに仕上げたパスタソース!「ザ・ナポリタン 濃厚トマトの豊かな香り」

「デルモンテ ざくぎりトマトのベースソース」新発売!

コメント

タイトルとURLをコピーしました