【FX】ライブ解説 米雇用統計どうなった?今週の為替相場~徹底解説!|為替市場の振り返り、今日の見通し配信 2024/2/5

FXブログ
【FX】ライブ解説 米雇用統計どうなった?今週の為替相場~徹底解説!|為替市場の振り返り、今日の見通し配信 2024/2/5

※ライブ配信後は、録画動画に切り替わります。

番組紹介:外為どっとコム総合研究所のFXアナリストが平日12時からライブ配信を行います

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行います。

外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円などの人気通貨ペアを解説。昨日の値動きの振り返りから始まり、今日これからの見通しや、注目イベントなど分かりやすく説明します。

外国為替市場は、概ね1カ月単位で重要な経済指標が発表されます。つまり、この番組1カ月ほど継続して視聴することで、外国為替市場で押さえておきたいポイントが分かり、前月との比較で「今」の市場動向が分かるようになると考えています。FXトレードを行ったことが無い初心者の方でも、FXをしっかり始められるような構成で配信を行ってまいります。

配信で取り上げる情報

「外為トゥデイ」…外為どっとコム総研が毎営業日リリースしているFXレポート

「外為注文情報」…外為どっとコムのFX口座「外貨ネクストネオ」の指値注文を表示

「ぴたんこテクニカル」…テクニカル分析でマーケットの方向性を直感的に把握するツール

Youtubeチャットのガイドライン 禁止行為

・人が嫌がる下品な投稿
・人を傷つける攻撃的な投稿
・社会的に容認されないと判断される投稿
・宣伝・スパムとみなされる投稿

 
nakamura.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー(株)へ入社。 8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。 2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。 優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、X(Twitter)を通してFX個人投資家向けの情報発信を担当している。
経済番組専門放送局ストックボイスTV『東京マーケットワイド』、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【FX】ライブ解説 米雇用統計どうなった?今週の為替相場~徹底解説!|為替市場の振り返り、今日の見通し配信 2024/2/5

FX取引において ファンダメンタルズ分析は重要です

FX取引において、ファンダメンタルズ分析は重要です。ファンダメンタルズ分析とは、各国の経済活動に関する指標や統計に基づいて、相場の動きを予想する手法を指します。ファンダメンタルズ分析において重要視される指標には、消費者物価指数・GDP速報値・小売売上高などがあります。そうした指標のなかでも、雇用統計は発表後の値動きが大きくなるものとして、多くのトレーダーが注目します。

[最強NISA株&確定申告] ◎巻頭スペシャルインタビュー インド株&日本株 未来の成長の道筋を聞く◎第1特集 最強NISA株!利回り5%超の高配当株や総利回り13%超の優待株も! 予算で逆引き!投資金額別全銘柄リスト 高利回りを狙え!配当利回りベスト30 ・20年連続増配の株も!高配当株 ・買物も食事も全方位!株主優待株 ・日本を代表する優良株!王道株 ・PBR1倍割れの株に注目!割安株 ・今まさに旬の株!すぐ2倍株 ・AI関連株など夢を追え!10倍株◎第2特集 パソコンとスマホで楽々確定申告! スマホ読取でOK!マイナンバーカード方式の手順を網羅! ・トクする典型例&提出方法と準備 ・ワンストップで完了! スマホ申告の基本 ・パソコンから申告所得や控除の入力 ・ふるさと納税で自治体に寄附した人 ・市販の薬代や医療費が高額な人 ・株や投信で儲けた人&損した人 ・投信の分配金や株の配当を得た人 ・FXや先物取引で儲けた人&損した人◎第3特集 新NISAで買える隔月分配型投信の本当の利回りランキング30 ・「世界のベスト」など人気投信も隔月分配タイプを設定!

少額取引が可能な点はSBI FXトレードの大きな特徴の1つで、米ドル/円(USD/JPY)であれば「約4円」の資金から始めることができます。

米国の雇用統計が、世界中のトレーダーに注目される理由は大きく分けると2つあります。1つ目は、米国の通貨である米ドルが「基軸通貨」であるためです。基軸通貨とは、世界の金融市場において、中心的な役割を果たす通貨を指します。2020年現在、米ドルは基軸通貨として機能しているため、米ドルの相場は世界中のFX市場に影響を与えます。そのため、FX相場においても「ドルストレート(米ドルが絡む通貨ペアのこと)とそれ以外の通貨ペア」と言われるほどに、米ドルは市場の中心になっています。

雇用統計の知識やFX相場への影響を理解したうえで、取引することが重要です。【DMM FX】ではFXトレーダーを支援するため、雇用統計などの国内外の経済指標データや、発表日のスケジュールが一覧できるカレンダーなどを公開しています。月に1回の雇用統計が市場に対してどのような影響を与えそうなのか、チェックするだけでも取引の参考になります。

米国雇用統計は、米国労働省(U.S. Department of Labor Bureau of Labor Statistics)が毎月発表する経済指標です。アメリカ合衆国の雇用情勢の調査をもとに、景気動向を示すデータとして注目されています。全米の企業や政府機関などに対して行われたサンプル調査に基づき、失業率や非農業部門雇用者数などの十数項目に及ぶ統計が発表されるものです。雇用情勢の推移は、個人所得や個人消費にも関連しており、今後の景気動向を推測する資料として活用されます。米国雇用統計のなかでも「非農業部門雇用者数」と「失業率」の2項目は、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策にも影響を与えるためFX市場からの注目度は特に高いです。

米国雇用統計はアメリカの労働省労働統計局(U.S. Bureau of Labor Statistics、略してBLS)が毎月発表している経済指標です。アメリカの雇用情勢を表している指標で、調査対象者が多く労働市場の状況を把握できることから、FXトレーダーのみならず、世界中の市場参加者から最も注目されている経済指標です。

FXではよく耳にする経済指標として「雇用統計」がありますが、どのような指標なのか気になる人もいるでしょう。雇用統計はFXの相場を動かす大きな要因になるものであるため、多くのトレーダーが注目をしています。

FOMC(連邦公開市場委員会)とは、FRBが開くアメリカの金融政策を決定する会合です。声明文や議事録が公開され、金利政策の方針や形状判断の評価などが発表されるため、FX相場にも大きな影響を及ぼします。アメリカの金利や金融政策は、世界のFX相場のトレンドを変えるほどのインパクトがあります。そのため、多くのトレーダーがFOMCの内容に注目し、その発表を重視しています。

もちろん、PCの取引画面も充実していますので、いつでもスムーズな環境でFXをすることができます。

SBI FXトレードの特徴として、豊富な為替ニュースを提供している点が挙げられます。

注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

SBI FXトレードは、外出先や移動中でもストレスなくFXができるよう、スマホアプリから快適に取引可能な環境を整備しています。

FXに関心があり、これから始めてみようと考える人であれば、まずはFXの基本的な仕組みを理解しておくことが大切です。基礎知識を身につけておくだけでも、相場全体の理解に役立つことも多いと言えるでしょう。

情報量が豊富でと快適な取引が可能という観点で、SBI FXトレードでの取引をご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました