2024/2/4(日) 先週の振り返り

FXブログ
2024/2/4(日) 先週の振り返り
先週の振り返りです。先週は長期で注目していたUSDCHFとデイトレで注目していたポンドクロスでそれぞれ1回ずつトレードして1勝1敗でした。両方とも、共通した特徴のある場面でした。

ポンドクロスデイトレ

■先週のポンドクロスの状況
1/28の週末時点でのポンドクロス日足の状況を見るとこんな感じでした。緑の縦線が1/28の週末。一見して、ポンドクロス横断で、10-20MAが同期しながら角度をつけて上げてきていることが分かります。ポンドが買われているわけですね。こういった場面でショートを狙っても、いったんは10-20MAで阻まれてしまうことが殆どです。実際、この場面でも、GBPJPY, GBPCHF, GBPAUD,GBPNZDといずれも紫の〇をつけた付近で、20MAに下落を阻まれてしまっていることがわかりますね。

2024_02_05_03_

とはいえ、緑の縦線1/28の週末の時点では、ポンドクロスは、GBPAUD以外は全てロングで狙うのはしんどい状況。じゃあどの通貨がショートで狙いやすいかというと、20MAまでしっかりスキマがあるGBPJPYとGBPCHF。逆にGBPAUDはオージークロスの動きで、20MA付近から上げるようであればとロングを狙っていました。ということで、週末時点でのデイトレプランは
 ーGBPJPY, GBPCHF ショート
 ーGBPAUDロング

ショートを狙う場合には、GBPCHFは頭にしっかりレジがあり、また週足は戻り売りのセットアップを作っているので、本命。

GBPCHFデイトレショート
2024/1/29
日足平均回帰 1時間一波

実際にエントリーしたのはGBPCHF。週足が切って戻って、日足が切って戻ってで週足一波狙いのショートじゃないんですか?と質問を受けましたが、
①週足深く入りすぎ(ここまでの下げられない動きも面倒)、
②上に述べた日足環境からたぶんまだ伸びない、

ことから短期で見ていました。

週足戻り売りの場面で、日足が20MAまで乖離で平均回帰のセットアップ。通常、平均回帰では1時間で上を突きに行く動くを待ってエントリーしていますが、4時間をみると、かなり意識された切り上げ線を抜けてきており、その下のサポート=4時間ネックを切ってしまっているので、もう足速そうだな(たぶん戻す動きにならなさそう)と見ていたのですが、1時間が個人的に好きな動きを作ってくれたのでエントリーしていきました。最終利確は、1時間足に表示した日足20MA(折れ線)。ものすごくきれいに反応が出てることが分かりますね

GBPCHF2024_02_05_08_

全体として言えることは、通貨全体の動きを日足で俯瞰しておくことで見えることはとても多いですね。同期がとれていれば、良くも悪くもトレードのプランが立つことが多いです。

USDCHF
2024/2/1
週足戻り売りセットアップで4時間一波戻り売り

■先週のドルストレートの状況
さて、冒頭で、USDCHF, ポンドクロスとも共通部分のあるトレードでした、と書きましたが、これは日足の状況を見てもらうと、よくわかるんじゃないかと思います。日足の10-20MAの立ち上がりをみてもらうと、ドルストレートで同期しながら、いずれも「ドル高方向」に立ち上がっていることが分かります。USDCHFはショートのプランでしたが、難しいのは、この「同期した10-20MA」が「下からサポートに来てしまっている」というところ。こういうケースは、なかなか難しいことが多いです。

実際、その後の動きをみてもらうと分かるように、EURUSD, AUDUSD, NZDUSD, USDJPYといずれも紫の〇の位置で、20MAへのG2からドル高方向に伸びていますね。USDCHFも綺麗に伸びずでした。

2024_02_05_05_

実は、先週も同様の場面でUSDCADのショートを狙いにいってますが、伸びずに損切でした。じゃあこういう場面はショートは狙わないのか、というと、テクニカル的に長期足が下であれば見ていきます。ただし、足元に20MAがある場合のエントリーは、工夫が必要になりますね。

また、こういうケースで「日足10-20MA抜け」を期待できるかというと、特に月週などより上位の時間足を含めて、同期の方向がドル安方向で揃っているなら、全然可能性はありますね(こうしたケースは、先週の振り返りで例を挙げていますので、興味のある方は参照してみてください)。

■実際の値動きとエントリー
さて、実際のエントリーはこんな感じでした。結局、「日足20MAを下に切る前」にエントリーになってしまいました。僕は、日足20MAの「上」からエントリーするには、「20MAから距離のある位置」から狙えるなら、エントリーを検討することにしています。

日足が切り上げ線をしっかり抜けたあとでエントリーを検討。4時間でサポートのネックライン=床を抜けるダウンスイングをつけたあと、日足20MAに触って大きく跳ね上げられたのですが、4時間下落波を守って、きれいに「4時間戻り売り」のセットアップを作りました。日足20MAまで距離もあります。ということで、エントリーを検討。4時間の一つ下、1時間足で10-20MAを下にくぐる足が確定したところでエントリー。ばっちりのタイミングでしたが、ISMのバックファイヤで損切に。まあしょうがないね、という感じでした。

USDCHF2024_02_05_02_

「同期しながら上げている日足20MAの上から売るのは、まあまあ難しい」というところは意識しておいてもらうといいんじゃないかと思います(今回のGBPCHF, USDCHF, 先週のUSDCADあたりから見て取ってもらえると思います)。経験上、「週足戻り売り」の場面はこうなることが時々ある印象です。週足戻り売りのめんどくささですね

[紹介元] trading notes 2024/2/4(日) 先週の振り返り

2024年の立春は 2月4日

2024年の立春は、2月4日。 現代の日本では、国立天文台の観測によって、「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」を立春としています。

立春(りっしゅん)は、二十四節気において春の始まりとされる日。節分の翌日です。 2024年の立春は、2月4日。

2024年2月4日は何日前?

コメント

タイトルとURLをコピーしました