【見通し】NY株見通し-底堅い展開か 要人発言に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-底堅い展開か 要人発言に注目

今晩は底堅い展開か。昨日は強い経済指標を受けて米10年債利回りが上昇したことで主要3指数がそろって3日ぶりに反落した。先週末に史上最高値を更新したダウ平均とS&P500はそれぞれ0.71%安、0.32%安となり、ナスダック総合も比較的小幅ながら0.20%下落した。3月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ期待は大きく後退。CMEのフェド・ウォッチが示す3月利下げ確率は1週間前の46%から16%に低下した。そうした中でも、ゴールドマン・サックスが目標株価を大きく引き上げたエヌビディアが4.79%高となり、上場来高値の更新を続けた。引け後の動きでは市場予想を上回る決算を発表したNXPセミコンダクターズが時間外で3.61%高となった。

 今晩の取引では早期利下げ期待の後退が引き続き重しとなることが予想されるものの、先高観が強いエヌビディアや好決算を発表したNXPセミコンダクターズなどの半導体株を中心に底堅い展開か。また、メスター米クリーブランド連銀総裁など米連邦準備制度理事会(FRB)高官の発言も多数予定されており、利下げを巡る発言や、それを受けた米10年債利回りの動向にも要注目か。

 今晩の米経済指標・イベントは米3年債入札など。要人発言はメスター米クリーブランド連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、コリンズ米ボストン連銀総裁など。企業決算は寄り前にデュポン・ド・ヌムール、イーライ・リリー、GEヘルスケア・テクノロジーズ、引け後にギリアド・サイエンシズ、アムジェン、フォード・モーター、チポトレ・メキシカン・グリルなどが発表予定。(執筆:2月6日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-底堅い展開か 要人発言に注目

見通し NY株見通し底堅い展開か 要人発言に注目

世界同時株安が進行し、8月26日に米NY連銀のダドリー総裁が9月の利上げの可能性が低下したと発言したことから、利上げ観測は後退しました。フェデラル・ファンド(FF)金利先物市場で予想されるFF金利の水準を見ると、8月31日時点の利回り曲線は7月31日時点より上昇ペースが緩やかとなる見通しが示唆されています。一方、7月の事前の予想を上回る耐久財受注統計や4-6月期米国GDP(改定値)が上方修正されるなど、経済は底堅く推移していることを示す統計も公表されました。

米国の物価見通しが落ち着いていることから、米国の利上げペースは緩やかにとどまり、金利が急上昇するリスクは限定的とみられます。株式市場の落ち着きから、リスク回避の動きが後退すると、不動産市場の回復、資金調達コスト抑制などリート市場にとっての好環境が意識され、リート市場は底堅い展開が予想されます。

米国債利回りは年内の利上げ開始が意識され緩やかに上昇する展開が見込まれます。しかし、米国の物価見通しの落ち着きから、国債利回りの上昇は緩やかにとどまると予想されます。ドイツ国債の利回りは、投資家の格付けの高い国債への需要が底堅いことや、ECBの国債購入の継続から、低位での推移が見込まれます。ギリシャ情勢はいったん落ち着いたことから、2012年のように危機がユーロ圏加盟国に伝播する可能性は限定的と見られます。米国など主要国の社債市場では、企業の底堅い業績や慎重な財務運営などを背景に、利回りの上昇は限定的となり、その結果、社債スプレッドは比較的安定的な推移が見込まれます。

米国は、経済指標の下振れが一巡し、年+3%程度の成長が見込まれます。欧州は、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和に支えられ、輸出が主導する、緩やかな景気回復が持続する見通しです。日本は、輸出の回復や賃金上昇を背景にした個人消費の回復から、景気の再浮揚が見込まれます。中国は、追加の金融緩和や財政出動などの景気対策が発動されれば、景気の下振れ懸念はいったんは和らぐと期待されます。豪州は、過去10年の平均成長率(+3%前後)を下回りそうですが、物価が安定し、消費と住宅が景気を下支えすると予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました