[ポンド米ドル]BOEの利下げ時期

FXブログ
[ポンド米ドル]BOEの利下げ時期
(ポンド米ドル日足)

週開け早朝にパウエル議長が改めて市場の早期利下げ観測をけん制したことでドル買いが先行。ポンドは1.26まで下落して始まった。ロンドン市場に入ると米長期金利上昇によりポンド売りが再開。同時にユーロポンドの買いも入るとポンドは1.26を割り込み1.25ミドルまで下落。その後発表された米ISM非製造業指数が予想を上回ると1.2519まで下落。高値から100ポイント余り下落。
先週のBOE政策会合では2人が利上げ、一人が利下げを主張したものの全般にタカ派的と受け止められポンドは上昇。全般にFRBやECBと比べるとタカ派的とみられていた。しかし、ピルBOEチーフエコノミストは「利下げを開始するかどうかではなく、いつ利下げを開始するのが適切かということだ」と述べるなどハト派色が強まっておりユーロやドルに対しての売りが強まった。ひと月以上続いたレンジ相場の下限を下回ったことで売りの勢いは継続とみる。

ポンドドル予想レンジ:1.2600~1.2450(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ポンド米ドル]BOEの利下げ時期

BOEの利下げ時期”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました