2/5(月) +2万

2/5(月) +2万
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 2/5(月) +2万

20日は満月の日でもあって特に良い

旧暦では、和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用されることがありますが、現在の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれがあります。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■14日(水)/26日(月) 大安で、慶事などに吉の日も2つある。特に、慶事などに凶の日がない14日が2月で最も縁起が良い日。■17日(土)/29日(木) 友引で慶事などに吉の日が2~4つ重なる。慶事とハネムーン出発におすすめ。

旧暦で見れば、元日は毎年いつも先勝ですし、2月2日は先負、3月3日は大安と、毎年同じ日に同じ星が配置されることになります。これでは何の面白みや神秘性もないので、旧暦の時代には六曜があまり注目されなかったのかもしれません。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■10日(火)/22日(日) 友引と慶事などに吉の日が3つ重なり、慶事に凶の要素がない。■13日(金)/25日(水) 気になる凶の日もあるけれど、大安と、物事を始めるのに最適といわれる一粒万倍日をはじめ慶事などに吉の日が2~4つ重なる。■26日(木) どんな凶も打ち消す最強の日であり、大安よりも良いといわれる天赦日と一粒万倍日、スタートを切るのにふさわしい甲子が重なる。赤口ではあるが、六輝以外で見るとこれ以上ないくらい良い日。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■1日(日) 大安で、慶事などに吉の日が2つ重なり、慶事に凶の日がない。■12日(木)/24日(火) 不成就日など凶の要素が少しあるが、大安で、物事を始めるのに最適といわれる一粒万倍日をはじめ吉の日が2~4つ重なる。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■11日(金) どんな凶も打ち消す最強の日といわれる天赦日と大安が重なり、10月で一番縁起のいい。■23日(水) 大安で、慶事などに吉の日が2つ重なる。凶の要素がないのも良い。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■11日(日・祝)/23日(金) 友引と、物事を始めるのに最適といわれる一粒万倍日など慶事などに吉の日が4~5つ重なる。慶事に凶の要素がないのも◎■12日(月・休) 先負だが、どんな凶も打ち消す最強の日で、大安よりも良いといわれる天赦日。六輝以外で見ると8月で最も縁起の良い日。■20日(火)/26日(月) 大安で、慶事などに吉の日が1~2つある。20日は満月の日でもあって特に良い。

<特に縁起が良いのはこの日!> ■8日(月)/17日(水)/20日(土) 大安または友引で、物事を始めるのに最適な一粒万倍日など吉の日が2~5つ重なる。■29日(月) どんな凶も打ち消す最強の日といわれる天赦日と一粒万倍日、大安が重なり、7月で最も縁起がいい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました