FX/為替「休場のメキシコペソはドル高の後、反転=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年2月6日

FXブログ
FX/為替「休場のメキシコペソはドル高の後、反転=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年2月6日

f:id:gaitamesk:20220207132446p:plain

休場のメキシコペソはドル高の後、反転=メキシコペソ 

 5日のメキシコ市場は憲法記念日で休場。米ISM非製造業景気指数の強さもあり、ドル高が進む中、ドルメキシコペソは1ドル=17.16ペソから17.28ペソ前後まで上昇。しかし、その後一転してペソ高となり17.08台を付けた。
 今週は8日朝にメキシコ消費者物価指数、同日午後にメキシコ中銀金融政策会合の結果発表を控えている。インフレの進行が見込まれており、ペソ買いが入りやすい地合いとなっている。
 対円では米国市場朝に8円60銭割れを付けた後、ドル円の上昇と、対ドルでのペソ買いに8円69銭台を付けた。
USDMXN 17.116 MXNJPY MXNJPY 8.688
(配信:みんかぶFx 2024/2/6(火) 7:44)

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「休場のメキシコペソはドル高の後、反転=メキシコペソ」:マイナー通貨 2024年2月6日

この窓埋めを上手く利用すれば FXで稼げる可能性が高まるぞ

為替は世界各国で取引が行われているため、日本の市場が閉まっている時間帯でも、他の国では取引が行われており、【DMM FX】では土日以外の平日や祝日(元日を除く)は基本的に24時間お取引可能ですが、一部ご利用いただけない時間帯がございます。

FXは頻繁に売買を行い利益を狙うイメージをお持ちの方も多いと思いますが、スワップポイントで中長期的にコツコツと運用し利益を狙うことも可能です。

また、同じFX会社で同じ通貨ペアを取引した場合であっても、スプレッドの幅に変化が生じることがあります。FX会社はお客様が出した注文に基づいてインターバンク市場(金融機関同士が為替を取引している場所)で外貨を売買していますが、その際に適用される為替レートとスプレッドがつねに変動しているからです。

納税は、国民の義務です。 FXで得た利益は必ず確定申告を行い、税金の支払いを行いましょう。

FXでは投資家保護の一環として、ロスカットを採用しています。 ロスカットとは、預けた資金以上の損失を発生させないようにするために、一定の損失を発生させたら強制的にポジションが決済される仕組みです。

高機能の分析ツールが有名で、スマホでのツールも使いやすく人気の高いFX会社。

FXのスワップポイントとは、冒頭でも述べたように2ヵ国間の金利差によって得られる利益または損失を意味します。

あわせて読みたい:【目的別おすすめFXツール9選】選び方のポイントと注意点も解説!

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

窓が開くと一時的にはレートが離れるが、その後は「窓埋め」と言って、窓を埋めるようにレートが動く傾向にある。この窓埋めを上手く利用すれば、FXで稼げる可能性が高まるぞ。

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

初心者でも使いやすく、FXのプロもうなる高機能チャートがGMOクリック証券のプラチナチャート+です。

固定していないFX会社の場合は、時間帯によってスプレッドが広がってしまう恐れがあります。もっとも、スプレッドが小刻みに変動するとお客様が取引しづらいことから、多くのFX会社は「原則固定」としているのが実情です。

FX会社が心掛けるべきは、お客様の利益を最大化することだとトレイダーズ証券は考えています。そこで、「みんなのFX」では業界最狭水準のスプレッドを提示し、日本時間でAM8:00~翌日AM5:00の時間帯は 「原則固定」としています(例外あり)。

FXは金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売る取引(キャリートレード)を行えば、基本的に、金利相当分の金銭(スワップポイント)を日々受け取ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました