【見通し】NY為替見通し=複数の米連邦準備理事会(FRB)高官発言に要注目か

FXブログ
【見通し】NY為替見通し=複数の米連邦準備理事会(FRB)高官発言に要注目か

本日のNY為替市場のドル円は、明日発表される1月米消費者物価指数(CPI)を控えて動きづらい中、複数の米連邦準備理事会(FRB)高官の発言に注目することになる。

 米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注視している昨年12月のPCEデフレーターは前年比+2.6%と発表され、11月の同比+2.6%と変わらずだった。しかし、PCEコアデフレーターは同比+2.9%となり、11月の同比+3.2%から伸び率が鈍化していた。

 本日は、ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事、バーキン米リッチモンド連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の講演が予定されている。

 ボウマンFRB理事は、先日「まだ利下げが適切な段階には達していない」「インフレの低下が停滞した場合には引き続き利上げの用意がある」と述べていた。

 バーキン米リッチモンド連銀総裁は、「利下げへの確信はインフレが一段と抑制されることによって決まる」と述べていた。

 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は「現時点では今年2-3回の利下げが適切だと考える」と述べていた。

 直近のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」では、5月FOMCでのFF金利誘導目標の据え置き確率が37%程度、0.25%の利下げ開始確率が54%程度になっている。

・想定レンジ上限

 ドル円の上値目処(めど)は、2023年11月17日の高値の150.78円。

 

・想定レンジ下限

 ドル円の下値目処(めど)は、2月5日の高値の148.89円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY為替見通し=複数の米連邦準備理事会(FRB)高官発言に要注目か

見通し NY為替見通し複数の米連邦準備理事会 FRB

2024年の政策金利のフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標の予測中央値は4.6%(前回見通し5.1%、2023年9月21日記事参照)とされ、現在の水準(5.25~5.50%)から3回分(注)の引き下げが示唆された。前回見通しでは2024年の引き下げ幅は2回分で、よりハト派的なスタンスになったといえる。ただし、参加者によって見解は分かれており、2024年の金利水準について、中央値よりもタカ派のスタンスを示した参加者が8人(現在の水準を維持するべき:2人、1回分の引き下げ:1人、2回分の引き下げ:5人)。他方、よりハト派のスタンスを示した参加者が5人(4回分の引き下げ:4人、6回分の引き下げ:1人)。中央値と同じく、3回分の引き下げを予想した参加者は6人となっている。なお、さらなる金利水準の引き上げを予想した参加者はおらず、2022年3月から続いていた利上げのサイクルは事実上終了したと受けとれる内容となっている。一方で、ジェローム・パウエルFRB議長はFOMC後の記者会見で、「政策金利は、引き締めサイクルのピークかそれに近い水準にあると考えているが、パンデミック以降、経済はさまざまな意味で担当者を驚かせており、2%のインフレ目標に向けた継続的な進展は保証されていない。われわれは必要に応じてさらに金融政策を引き締める用意がある」とも述べており、利上げサイクルの終了は公式には宣言されていない。

米国連邦準備制度理事会(FRB)は12月12~13日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し(2023年12月14日記事参照)、政策金利の誘導目標などを含む声明文と併せて、FOMC参加者による中長期経済見通しを提示した(添付資料表参照)。主な内容は次のとおり。総じて経済の軟着陸(ソフトランディング)に向けて進んでいることをうかがわせる内容だった。

ただし、利下げ幅を1回あたり0.25%とすると、2024年末まで5回程度の利下げを織り込む市場に対して、図表②のようにFOMC参加者の見通し(中央値)では、2024年末までに3回の利下げが予想されていた。パウエル議長は2月5日の米CBS番組の「60ミニッツ」で、「予測が劇的に変わるようなことは起きていない」と述べており、まだ年3回の利下げが有力な見通しといえる。市場の見通しがFOMC見通しに近づいてきたものの、まだ両者の思惑はすれ違ったままだ。

2024年の失業率は前回と変わらず4.1%だった。FOMC参加者の予測レンジは3.9~4.5%で、前回見通し(3.7~4.5%)よりもやや集束した。

2024年の経済成長率の予測中央値は1.4%と、前回見通しから0.1ポイント下方修正された。他方で、FOMC参加者の予測レンジは0.8~2.5%の間で、前回見通し(0.4~2.5%)よりも集束している。

2024年のインフレ率(PCE)の予測中央値は2.4%と、前回見通しから0.1ポイント下方修正された。FOMC参加者の予測レンジは2.1~2.7%の間だった。同コアインフレ率(コアPCE)の予測中央値は2.4%と、こちらも前回見通しから0.2ポイント下方修正された。参加者の予測レンジは2.3~3.0%の間だった。インフレ率低下のスピードに幅はあるものの、徐々に低下していくという点では一致している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました