令和の1円玉→最大4千円 レア貨幣

FXブログ
令和の1円玉→最大4千円 レア貨幣
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 令和の1円玉→最大4千円 レア貨幣

令和の1円玉最大4千円 レア貨幣

地方自治法施行60周年を記念し、47都道府県にちなんだデザインを施した記念硬貨です。 この500円硬貨は平成20〜28年にかけて順次発行されました。最初の発行は2008年、北海道・京都府・島根県です。 また製造には、これまでの500円硬貨と異なった「バイカラー・クラッド」という技術が使用されています。 バイカラー・クラッド技術とは、2種類の異なる金属を組み合わせるクラッド技術、違う素材の金属の輪の中にはめ込むバイカラー技術を合わせたものです。この技術は御在位30年記念500円硬貨や令和の御即位記念500円硬貨、そして令和3年に改鋳された新500円にも使用されています。 すべての硬貨の図柄には、47都道府県それぞれに因んだ歴史上の人物やお城、動物、仏像など様々なものが描かれています。そのためコレクション性が強く、日本地図の描かれた専用収納バインダーも発売されました。さらに1,000円カラープルーフ銀貨、また鏡面仕上げで専用ケースに収納されたプルーフ500円硬貨も発行されました。 ちなみにこの500円記念硬貨は、金融機関の窓口にて引換することができました。

二宮1円札ですが、昭和23年には1円黄銅貨が発行されたため製造中止となりました。 そして二宮1円札は、令和の今でも1円として使用できることになっています。

今上天皇陛下の御即位を記念して、2019年(令和元年)に発行された500円硬貨です。 この500円硬貨は、表面に高御座(たかみくら)という、天皇の玉座が描かれています。 裏が天皇を象徴する菊花紋章と梓とハマナスとなっています。梓は天皇陛下のお印、ハマナスは皇后陛下のお印とされています。 この「お印」とは、皇族の方々が身の回りの品などに使用しているシンボルマークです。その昔、皇族に仕える人々が、高貴な方の名前を直接口にするのは恐れ多い、ということから始まった風習とも言われています。 500円硬貨の他に10,000円金貨が発行され、セット販売もされました。金貨とセットのものは、鏡面のようになっているプルーフ仕上げの500円です。バイカラー・クラッド貨幣のプルーフなので、市場ではプレミアがついています。

大正に入ると、1円札は漢数字1円札のデザインを踏襲し、記号がアラビア数字に変更されました。そのためアラビア数字1円札と呼ばれます。 アラビア数字1円札も兌換券となっていますが、交換できるはずの新一円銀貨はすでに発行停止となっていたため、実質は不換紙幣でした。 このアラビア数字1円札に漢数字1円札を合わせると、なんと54年間も市中で使われたことになります。もちろん令和の現代でも、1円札として使用可能です。日本で最も長く使用された紙幣と言えるでしょう。

2005年2月、愛知県に開港した中部国際空港を記念して発行された500円銀貨です。 硬貨の表面には旅客機の中から見た中部国際空港の姿が描かれています。裏面には中央に旅客機のシルエット、後ろに中部地方の地図が描かれています。 中部国際空港はセントレア空港という愛称でも呼ばれ、利用者から親しまれています。また関西国際空港と同じく、空港が海上(伊勢湾)に作られていることも知られています。中部国際空港の開港に伴い、それまでメインであった名古屋空港からは、ほとんどの国内・国際線が移転されました。 こちらの銀貨と同時期に、日本国際博覧会記念の500円硬貨も発行されています。しかし500円の額面を持つ銀貨は、2023年現在、この中部国際空港開港記念500円だけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました