[米ドル円]150円の大台と介入警戒

[米ドル円]150円の大台と介入警戒
(米ドル円日足)

FRBの早期利下げ観測が後退したことでドルが買われる一方、日銀がマイナス金利解除後も緩和政策継続姿勢を示したことで円が下落。結局ドル円は今年最高値となる149円57銭まで上昇。ただ、150円に近付いたことで介入警戒感もあり高止まり状態が続いている。
今週は米CPIや小売売上高、そしてミシガン大学消費者態度指数など、今後のFRBの政策に影響を及ぼす指標発表が相次ぐなかでドル円は150円上抜けのタイミングを探る展開が予想される。ただ、既に早期利下げ観測が後退する中で、150円を上抜け出来ないようならこれまでのドル高調整が一気に強まる可能性が高い。
また、今週は米国債利払いのレパトリエーションや、日本のGDPなど、円安が続いた場合その反発に繋がる材料もある。
金利差拡大によるドル円の買いの勢いが加速するのか、或いはその反動の売りに転じるのか、150円はクリティカルポイントとして注目。

本日のドル円予想レンジ:149円80銭(BB上限)~149円00銭
今週のドル円予想レンジ:152円00銭~147円20銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]150円の大台と介入警戒

150円の大台と介入警戒”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました