【テクニカル】乖離1=ユーロ円 5日線かい離、+1σから中立に

FXブログ
【テクニカル】乖離1=ユーロ円 5日線かい離、+1σから中立に

移動平均かい離 & SD(ドル円)

2/13 3:01時点 149.26 円

2σ          1.869

1σ          1.003

5日線かい離   0.460 (5日移動平均線 148.80 円)

-1σ         -0.730

-2σ         -1.597

2σ          4.726

1σ          2.680

20日線かい離   1.210 (20日移動平均線 148.05 円)

-1σ         -1.411

-2σ         -3.456

移動平均かい離 & SD(ユーロドル)

2/13 3:01時点 1.0783ドル

2σ          0.0095

1σ          0.0047

5日線かい離    0.0009 (5日移動平均線 1.0774 ドル)

-1σ         -0.0049

-2σ         -0.0097

2σ          0.0214

1σ          0.0104

20日線かい離   -0.0048 (20日移動平均線 1.0831 ドル)

-1σ         -0.0118

-2σ         -0.0229

移動平均かい離 & SD(ユーロ円)

2/13 3:01時点 160.95 円

2σ          1.803

1σ          0.970

5日線かい離   0.630 (5日移動平均線 160.32 円)

-1σ         -0.695

-2σ         -1.528

2σ          4.392

1σ          2.489

20日線かい離   0.590 (20日移動平均線 160.36 円)

-1σ         -1.316

-2σ         -3.219

※移動平均かい離 & SDは

移動平均とプライスの差が標準偏差(Standard Deviation)に対して行き過ぎかどうかを判断する測定ツールです。

移動平均かい離&SDでは、移動平均線とプライスの差を利用して正規分布に適応できるかたちにしてあります。

ただ、この測定ツールは移動平均線とプライスの差が行き過ぎかどうかを判断するものですので、ある時点でのプライスそのものがオーバーシュートしているかどうかは判断できません。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】乖離1=ユーロ円 5日線かい離、+1σから中立に

テクニカル 乖離1ユーロ円 5日線かい離

シンプルながらも拡張性のあるインジケーターで、有名なテクニカル分析である、ボリンジャーバンドにも応用されて使われています。

テクニカル分析において ”エンベロープ” と名のつくインジケーターは1種類のみです。

しかし、テクニカル分析の世界では、実際の値動きを数学的な計算式で加工したうえで、その数値をもとに為替レートのすう勢を読み取る指標が数多く開発されています。そのもっとも初歩的でポピュラーな指標が「移動平均線」です。

エントリーの際に複数の根拠を確認するのは、テクニカル分析の基本です。複数の根拠があることで、より精度の高いトレードができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました