インジケーターより重要なチャートツール

FXブログ
インジケーターより重要なチャートツール
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ インジケーターより重要なチャートツール

インジケーターより重要なチャートツール

トレンドの転換にはリバーサルパターンが役立つことをお話しました。今回は、もう一つの強力な分析ツール、インジケーターについて取り上げます。

メインの取引ツールが2種類用意されている珍しいFX会社。チャート専用ツールに「シグナルマップ」、「ボラティリティ表」などツールが充実。細かなところまで使い易さにこだわっており、スムーズな売買が可能。.NET版にはスピード注文画面が3種類用意。約定やレートがアラートに到達する度に音がするのがLIONFXのポイント!さらなるカスタマイズ性とデザイン性を備えた「C2」は使いこなせると細かな動作やツール設定に対応可能。取引ツールの変更要望を随時受け付けており、直近ではLIONチャートplus+でトレンドラインが引きやすくなったり顧客ポジションが見れたりとパワーアップし、さらに便利になりました。

これらのインジケーターは、MT4のプログラミング言語であるMQL4を使用して作成され、MT4のプラットフォームに追加することができます。これにより、各トレーダーは自分の取引戦略に最適なインジケーターを使用することができます。

MT4のインジケーターは、トレーダーが市場動向を分析し、予測する上で非常に有用なツールです。しかし、それらを最大限に活用するためには、正しい使用方法と、それらが自分のトレーディング戦略とどのように関連するかを理解することが不可欠です。

カスタムインジケーターを作成するには、まずMT4のプログラミング言語であるMQL4の基本的な知識が必要です。MQL4はC++に似ており、習得するのは比較的容易です。

まず第一に、インジケーターは市場の未来を予測するためのツールではありますが、それが常に正確な結果を提供するわけではないことを理解することが重要です。インジケーターは過去のデータに基づいて計算されますが、市場は常に変動し、未来の動きは多くの要素に影響を受けます。

インジケーターはあくまで補助ツールであり、一部の情報しか提供しない。

LINEで手軽にFXを始められるアプリ。各種手数料は無料で、直感的でシンプルなデザインなので使いやすく、米ドル/円や英ポンド/円、ユーロ/米ドルなど、さまざまな通貨ペアをほぼ24時間取引できます。重要な経済指標や相場の急変動、売買シグナルなどの情報がLINEの通知で届くのも便利です。

MACDは、複数の移動平均線の組み合わせやその乖離(かいり)を示すインジケーターです。通常、青色の線と赤色の線、そしてその距離を表す棒グラフで表示されます。

相場の価格、インジケーターやトレンドラインの値などをトリガーにして、スマホやPCに通知を送れる「アラート機能」も、TradingViewの便利な機能のひとつです。アラートの頻度や有効期限、ポップアップやメールといった通知形式など、12種類のアラート条件を設定できます。また、使用しているすべての端末に通知を送れます。

また、自分の取引戦略に最適なインジケーターを選択することも重要です。取引スタイル、時間枠、リスク許容度などによって、最適なインジケーターは異なります。

インジケーターに関しては、下記の記事も参考になりますよ!

インジケーターを効果的に使用するための一つのベストプラクティスは、それらを組み合わせて使用することです。一つのインジケーターだけを頼りにするのではなく、複数のインジケーターを使用して相互に確認することで、よりバランスの取れた市場分析が可能になります。

複数のインジケーターを組み合わせて使うことで、より客観的な分析を行うことができます。インジケーターはあくまでも一つの情報源です。最終的な投資判断は、ファンダメンタル分析や他のテクニカル分析と合わせて総合的に下しましょう。

MT4では、ユーザー自身が自分の取引戦略に最適化したカスタムインジケーターを作成し、利用することができます。これらのカスタムインジケーターは、MT4の基本的なインジケーターにはない独自の機能や分析手法を提供することが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました