[ユーロ米ドル]ECB6月利下げ?

FXブログ
[ユーロ米ドル]ECB6月利下げ?
(ユーロ米ドル日足)

昨日のECB理事会では予想通り政策金利4.5%据え置きを決定。声明では「前回の会合以降インフレは更に低下」「インフレ率24年2.3%、25年2%」とインフレ見通しを引き下げたことでユーロは1.0868まで下落。しかし、その後ラガルド総裁がインフレは一段と鈍化したとの見方を示したが賃上げなどから物価上昇圧力はまだ高いとしたことでユーロは反発。また、パウエル議長の利下げ時期は遠くないとの発言もありユーロは1.09ミドル付近まで上昇。ただ、インフレ見通しが引き下げられたことやラガルド総裁は「4月にはもう少し、6月には更に状況が分かる」と発言。6月の利下げを示唆したと市場は受け止めておりユーロの上値は重い。
今日はユーロ圏GDPやドイツの鉱工業生産が発表されるが景気への懸念が高まれば下落のきっかけになる可能性が高い。

ユーロドル予想レンジ:1.0970(61.8%)~1.0900

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]ECB6月利下げ?

ECB6月利下げ?”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました