【見通し】ロンドン為替見通し=欧州通貨、先週後半のレンジをなぞるか 明日以降の重要イベント控え

FXブログ
【見通し】ロンドン為替見通し=欧州通貨、先週後半のレンジをなぞるか 明日以降の重要イベント控え

本日のロンドン為替市場で欧州通貨は、明日以降の中銀イベントを控えて基本的に先週後半のレンジをなぞることになるか。2月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)は発表されるものの、改定値のため材料になり難いか。なお、週明けの為替市場で反応は鈍いものの、露大統領選の結果を受けた欧州の避難通貨スイスフランの動きには目を向けておきたい。

 今週は明日が日・豪、20日(日本時間21日未明)に米国の金融政策が公表される。またその後にも、ブラジルやスイス・ノルウェー、トルコそして英国の中銀が金利を発表予定。重要イベントが目白押しであるが、それらを控えて本日は動きづらそうだ。

 ユーロドルは日足一目均衡表・雲の中に入り込み、1.0880ドル台の90日移動平均線を睨みながら方向感を探る展開となっている。目先は、本日まで1.0910ドル台の一目・転換線や1.0930ドル台の雲の上限が抵抗水準として働くか注目。下サイドは、200日移動平均線や一目・基準線と雲の下限が集まる1.0830ドル台が支持帯として意識されるだろう。

 2月ユーロ圏HICP改定値は前年比総合が2.6%、コアは3.1%と速報値から横ばいが市場予想。月初に発表された速報値は予想比上振れたものの、欧州中央銀行(ECB)のインフレ目標値2.0%が視野に入った水準ではある。先週はECB理事会メンバーからも利下げを念頭に置いた発言が目立っており、改定の下方に修正にはユーロも敏感に反応するかもしれない。

 ロシアでは17日、プーチン大統領が再選を勝ち取った。2020年に大統領となり、今後2030年まで権力を握り続ける。ウクライナなど西側との溝は広まるばかりであり、欧州の安全保障問題もこれからより深刻化するのではないか。

想定レンジ上限

・ユーロドル、日足一目均衡表・雲の上限1.0931ドル

・ユーロスイスフラン、昨年11月21日高値0.9685フラン

想定レンジ下限

・ユーロドル、日足一目均衡表・雲の下限1.0835ドル

・ユーロスイスフラン、200日移動平均線0.9560フラン

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】ロンドン為替見通し=欧州通貨、先週後半のレンジをなぞるか 明日以降の重要イベント控え

見通し ロンドン為替見通し欧州通貨 先週後半のレンジをなぞるか

3/8発表の米2月雇用統計を受けて週初3/11のオセアニア市場での1.2864ドルを高値に、3/11発表のNY連銀発表の期待インフレ率の上昇、3/12発表の英2月の週間平均賃金上昇率が市場予想を下回り、英中銀の早期利下げ観測が再燃した一方、米2月CPIや3/14の米2月PPIが市場予想を上回ったことを受けて3/15には1.2725ドルへ下落し1.2733ドルで取引を終えました。これに対しポンド円は対ドルでの下落やドル円が146円49銭へ下落した3/11の187円97銭を安値に3/18-19の日銀金融政策決定会合でのマイナス金利解除を含めた金融緩和策の修正を織り込みつつ、FRBの利下げ開始後ずれ観測を高めた米CPIやPPIを受けてドル円が149円台前半へ上昇した3/15には190円02銭へ上昇し189円86銭で取引を終えました。3/18-19の日銀金融政策決定会合、3/19-20のFOMCに続く3/21の英中銀政策委員会での結果と反応が注目されます。マイナス金利解除を既に織り込んだ日銀政策会合後の植田総裁が会見で緩和的金融環境の維持を強調する姿勢を示すのか、先行きの利上げを含めたタカ派寄りの見解を示すのか、現状の金融政策維持が見込まれるFOMCでは政策金利見通しやインフレ見通しが12月時点からどのように修正されるのか、パウエル議長がタカ派寄りの姿勢を示すか焦点となります。また、英中銀政策委員会でも現状の政策維持が見込まれる中、前回2/1の表決結果(据え置き6人、0.25%利上げ2人、0.25%利下げ1人)からハト派寄りにシフトする可能性が高いとの観測に対し、どのような結果となるか注目されます。そのため、ポンドドルは3/8に付けた昨年7月以来の1.2894ドルを目指して反発するか、3/1の1.2600ドルへと下落基調を強めるか注目されるほか、ポンド円は3/4の191円19銭、2/26の191円32銭を上抜けるか、あるいは3/11の187円97銭を下抜ける水準まで下落するか注目されます。

円金利は低下しなかったものの、米ドル高・円安に振れたということは事実なので、それならそれはマイナス金利解除後のさらなる利上げ見通しの後退とは別な反応と考えるのが自然です。すなわち、ボラティリティ(値動き)が高くなりやすい日銀関連のイベントをきっかけに、米ドル/円がこの間の小動きのレンジを上放れたというテクニカルな要因の影響が大きかったのではないでしょうか。

以上のように見ると、日銀関連のイベントで為替相場が円高、円安に大きく動くことから、それを金融政策見通しに後付けると、すこぶる投機的材料として扱われているというのが実態ではないでしょうか。その点は、今回の内田副総裁発言への反応でも同じだった可能性があるのかもしれません。

投資家ではないゆえに、値上がり目的でない中央銀行による大量買いが継続される見通しが高まる中で、金市場で起きているのは長期的な価格上昇の「うねり」と表現できるものと言える。この上昇トレンドの上で、短・中期的手掛かり材料に従った上下動が今後複数年繰り返されると見られる。

ドル円は,3/18-19の日銀金融政策決定会合を前に市場では既にマイナス金利の解除を含めた金融政策正常化を織り込んだと見られ、植田総裁が会見で「緩和的な金融環境は当面続く」との考えが示されるか、さらには総裁が市場の前のめり的な見方を牽制する慎重姿勢を見せるのか、あるいは先行きの状況次第で利上げの可能性を示すか焦点となります。一方、現状の金融政策の維持が確実視される3/19-20のFOMCでは、パウエル議長の会見のほか、参加者による政策金利水準見通し「ドットチャート」が注目されます。昨年12月には年内3回の利下げを見込んでいましたが、直近では市場予想よりも強い物価指標が目立ったことを受け、利下げ開始が想定よりも後ずれするか、利下げ回数が少なくなると修正されれば日足・転換線/基準線(148円51銭/148円68銭)を下値支持線として150円を目指すと見込まれます。仮に日米金融政策会合を受けて再び円買いが勢いを増した場合、3/8及び3/11の安値(146円49銭)、さらには心理的節目とされる145円00銭を試すことになるか注目されます。ユーロドルは1)3/19発表のドイツ3月ZEW景況感期待指数や3/21発表のドイツ及びユーロ圏3月製造業/サービス業PMI、3/22のドイツ3月Ifo企業景況感指数を受けて景気先行きへの警戒が高まるか 2)3/19のデギンドスECB副総裁や3/20のラガルドECB総裁及びシュナーベル専務理事らの発言を受けてECBの6月利下げ開始観測が一段と高まるか 3)3/19-20のFOMCでタカ派寄りの「現状維持」となった場合の反応などを中心に3/8の1.0889ドルを上回ることができなければ3/1以来の1.0800ドル割れを目指す下落基調が高まる可能性に注意が必要です。また、ユーロ円はマイナス金利解除など緩和政策正常化が見込まれる3/19-20の日銀政策決定会合での植田総裁の会見が緩和的金融環境の維持を強調する姿勢を示しドル円の上昇とともに2/26の163円72銭を目指すのか、或いはユーロドルが一段と下振れリスクを高める可能性や日銀政策決定会合を受けた円買いが再燃され3/11の160円22銭を下回り160円割れを試すか下値メドとして注目されます。

3/8発表の米2月雇用統計を受けて146円49銭まで下落し147円07銭で取引を終えた流れを受けた週明け3/11には日銀の金融政策正常化を巡る思惑とともに日経平均株価が大幅安となったことから3/8の安値と並ぶ146円49銭へ下落。しかし、日銀のマイナス金利解除を含めた金融政策正常化を市場が徐々に織り込むとともに利上げに転じるには時間を要するとの見方が徐々に円買いを抑制。一方、3/12発表の米2月消費者物価指数(CPI)や3/14発表の卸売物価指数(PPI)がいずれも市場予想を上回り、3/19-20のFOMCを控え、インフレの鎮静化に時間がかかるとの見方が強まり、FRBによる年内の利下げが緩やかになるとの観測とともに3/15には米10年債利回りが4.32%台への上昇とともに、149円17銭まで上昇し147円05銭で取引を終えました。3/18-19の日銀金融政策決定会合を前に市場では既にマイナス金利の解除を含めた金融政策正常化を織り込んだと見られ、植田総裁が会見で「緩和的な金融環境は当面続く」との考えが示されるか、さらには総裁が市場の前のめり的な見方を牽制する慎重姿勢を見せるのか、あるいは先行きの状況次第で利上げの可能性を示すか焦点となります。一方、現状の金融政策の維持が確実視される3/19-20のFOMCでは、パウエル議長の会見のほか、参加者による政策金利水準見通し「ドットチャート」が注目されます。昨年12月には年内3回の利下げを見込んでいましたが、直近では市場予想よりも強い物価指標が目立ったことを受け、利下げ開始が想定よりも後ずれするか、利下げ回数が少なくなると修正されれば日足・転換線/基準線(148円51銭/148円68銭)を下値支持線として150円を目指すと見込まれます。仮に日米金融政策会合を受けて再び円買いが勢いを増した場合、3/8及び3/11の安値(146円49銭)、さらには心理的節目とされる145円00銭を試すことになるか注目されます。

2024年のNY金の価格見通しについては、上昇トレンドが継続すると読んでいる。FRBの利上げサイクルが終了し、2024年の上半期にも利下げに転じるというマクロの金融環境転換があれば、NY金の押し上げ要因となることは言うまでもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました