スキャルピングで利幅10pipsを取る

FXブログ
スキャルピングで利幅10pipsを取る
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ スキャルピングで利幅10pipsを取る

スキャルピングで利幅10pipsを取る

「秒スキャ法」は、1秒~10秒程度の短い時間枠でトレードを行う手法です。エントリーポイントは、価格の変動が急速に起こる瞬間を狙って決定します。

上の表のように、スキャルピングでトータル損益が+10pipsになるまで取引を続けることで毎日10pips稼ぐことも可能です。

そのため、どの通貨ペアを選択しても安心してスキャルピング取引ができます。

スキャルピングで勝つためには、冷静な判断力と集中力が必要です。相場の変動が激しいため、判断力を養い、状況に応じた柔軟な対応を行うことが重要です。

また、スキャルピング用の取引ツールを使用することが必要です。

ここで提供した戦略があなたのトレーディングスキルの向上、そして安定した収益の増大に寄与することを強く願っています。

さらに、スリッページやスプレッドのチェックに加えて、テクニカル分析やリスクマネジメントの精度を高めることもスキャルピングにおいて重要です。

スキャルピング用口座なら、以下の3社のいずれかがおすすめです!

約定力が高いと自ら公表しているFX会社をスキャルピング口座用に利用することがおすすめです!ちなみに自動売買が強い会社は約定力は低い傾向にあります。

また、スキャルピングにおいては、注文量を小さくすることもスリッページを減らすために有効です。

Step 3.ポジションの建て方:エントリーポイントが決まったら、ポジションを建てます。スキャルピングでは、短時間での利益を狙うため、ポジションの取り方が重要です。

一方、FXスキャルピングでは、為替相場の変動を分析するために、経済指標や政治情勢などの情報を収集することが必要です。

Step 1.チャートの分析:スキャルピングでは、非常に短い時間枠でのトレードを行うため、チャートの分析が非常に重要です。スキャルピングでは、1分足や5分足などの短い時間枠のチャートを使用することが一般的です。

例えば、スキャルピングでは数十pipsから数百pipsの利幅を狙い、スイングトレードでは数千pipsの利幅を狙うケースが多く見られます。また、取引Lot数が高ければ数十pipsから数百pipsの利幅でも大きな利益になる可能性もあります。

スキャルピングは薄利を連続して利食いする取引方法で、おのずと取引回数が多くなります。エントリーするタイミングを計ったり、利食いまでチャートから離れられない取引のため集中力を必要とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました