3/18(月)~3/19(火) +10.3万

FXブログ
3/18(月)~3/19(火) +10.3万
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 3/18(月)~3/19(火) +10.3万

旧暦9月13日の 少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です

旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。 この十三夜はたいてい10月になり、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。ほんの少し欠けている月の風情が、日本人好みの風流心をくすぐるのかもしれません。

オリオン大星雲(M42)、散開星団M37、M82銀河(月明かりのない日のみ)、エスキモー星雲(NGC2392)、カストル(二重星)、かに座イオタ星(二重星)など。

日頃よりルミネtheよしもとをご利用いただき、誠にありがとうございます。本日3/18(月)「せいやがトークマスターになるためのライブvol.29」につきまして、霜降り明星せいやの体調不良のため、中止とさせていただくことになりました。公演を楽しみにしていただいておりました皆様におかれましては、ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。チケットをご購入済みのお客様へは、振替・払戻しを実施いたします。詳細は、FANY Ticketホームページにてご案内させていただきます。

旧暦では新月(朔)の日を1日として、29日間もしくは30日間で1ヶ月となります。8日頃には月の右側が輝く「上弦の月」になり、15日頃には満月となり、23日頃には月の左側が輝く「下弦の月」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました