依頼さまざま デスマスク作る会社

FXブログ
依頼さまざま デスマスク作る会社
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 依頼さまざま デスマスク作る会社

依頼さまざま デスマスク作る会社

デスマスクに私が興味を持ったのは15年ほど前だ。戦前の映画監督である山中貞雄の取材でのアクシデントがきっかけだった。その時、私は山中のデスマスクを所蔵しているとされる博物館を訪れたのだが、目の前に出されたデスマスクは、どう見ても別人。その後、箱の記載などを検討した結果、山中と同時代の映画監督、村田実のものと取り違えられたことがわかった。

デスマスクは、死者を追悼するためだけでなく、芸能や迷信、科学技術などの分野でも使用されることもわかりました。

そんな出来事から私は妙にデスマスクが気になり出して、写真とも彫刻とも違う何か――いわば時を超えた存在とでもいえようか、不気味だが、妙に哲学的なところに惹かれていった。そして、日本に残るデスマスクを調査する過程で、日本でもデスマスクを作っている人物がいることを知ったのだ。

これまではデスマスクは神聖なもので、テレビなど公の場に披露するものではないという考えから、レプリカを公開してきたが、同番組の日本好き外国人が日本をリポートするというコンセプトと、信長の外国人を重んじたこと、信長の首からデスマスクを作らせた弥助も外国人だったということから、(外国人であるオーストラリア人の)クリスさんが見たいというのなら、断るのは信長の意志に反する」と今回のテレビ初公開が実現した。

権藤さんが、デスマスク製作専門の工房「工房スカラベ」を構えて約5年。実際にその工房を訪ねると、千葉市内の閑静な住宅街の一角、権藤さんの自宅に隣接する小さな離れにあった。

実は日本でただ1人、一般の顧客を相手にデスマスクを作り続けている職人がいる。千葉県に住む権藤俊男さん(67)だ。

日本におけるデスマスクについて、古代から現代までの歴史や文化的背景、用途などについて詳しく解説しました。

全3種類あるアートカードの内、黄金聖闘士「アリエス ムウ」「タウラス アルデバラン」「ジェミニ サガ」「キャンサー デスマスク」が描かれたアートカードを来場者全員に先着配布。

日本のデスマスクは、相手を重んじる尊敬や愛の形なのかなと思います。この記事を通じて、歴史や背景を知ることで、さらに深く理解していただけたら幸いです。

権藤さんは、なぜデスマスクを作り始めたのか。そして、どんな顧客がデスマスク作成を依頼するのであろうか。

信長のデスマスクは、本能寺の変の際、信長に仕えていた外国人の部下・弥助(信長が日本名を命名)によってひそかに持ち出されたという信長の首から作成されたと伝えられているもので、信長直系の子孫に代々受け継がれ、現在は愛知県瀬戸市にある「西山自然歴史博物館」の館長で、43代目の子孫の西山さんが所有している。当時「御霊(みたま)」と呼ばれていたというデスマスクは、とても柔らかく、窯で焼かなくてもすぐに乾燥する五斗薪粘土(ごとまきねんど)で作られている。五斗薪粘土は1582年から約300年間使用されていたが、今は採取できない素材ということから保管されているものは“本物”といわれており、木をくりぬいて作った箱の赤い布が敷かれた中に納められ、「信長公御霊」という文字が書かれた紙が添えられている。

高木良子(研究協力者):AI死者(AI美空ひばりのようにAIやCGで作られたもの)、遺人形(3Dプリンターで作られた小型のもの)、デスマスク(故人の身体から直接象るもの)を研究対象に、「本物のように克明に再現された死者の姿は、遺族にとってどう見えているのか」を探究している。これまでの研究によって、第三者には故人にそっくりに見える姿も、実は遺族からは必ずしも故人に似ているとは認知されていないことがわかってきた。似せるという方向以外に死者を感じられる表象のあり方を探りながら、死者の表象に関わるテクノロジーはどのようにあるべきなのかを研究を通じて明らかにしていきたい。

この6畳ほどの小さなスペースは、学校の美術室をコンパクトにしたようなつくりだった。中には大きな作業机がひとつと工具などを収納するスチールの棚、そして石膏の立体像が数体置かれていた。この場所で、これまでデスマスクを製作してきた。

西山さんが、デスマスクとともに先祖代々受け継いでいる巻物によると、本能寺の変の際、信長は自ら首を落として弥助に持たせ、弥助は南蛮寺で前田玄以に首を渡し、「岐阜の崇福寺へ持って行き、主君を残せ」とデスマスクを作る指示を出したという。当時、日本にデスマスクを作る風習はなく、「殿の顔に泥を塗るなんて」と周囲は反対したが、弥助が「外国ではデスマスクとして顔を後世に残している」と説得し、日本人にデスマスクを作ることを受け入れさせたという。

そもそも、なぜ日本では馴染みのないデスマスク職人になろうと思ったのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました