【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-6日ぶりの陰線も終日しっかり

FXブログ
【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-6日ぶりの陰線も終日しっかり

日経平均株価は4日続伸。日足ローソク足は6日ぶりの陰線で終えた。取引時間中は41000円台に入ると上値が重くなる半面、下値では買いが入る底堅さもあり、ほぼ終日しっかりの展開が続いた。

 RSI(9日)は前日67.8%→67.7%(3/22)と横ばい。50%ラインを超え、さらに勢いが増す公算が大きい。25日移動平均線(39298円 3/22)からの上方かい離率は4.0%(3/22)と再び拡大基調にあるが、今年の最高水準(7.2%)に比べると依然として拡大余地はある。

 終値ベースでみた上値メドは、心理的節目の41000円、3/4高値から3/13安値までの下げ幅に対する倍返し41520円、心理的節目の42000円などが考えられる。

 短期的な下値の目安は、5日移動平均線(40031円 同)、10日移動平均線(39496円 同)、25日移動平均線、3/15高値38808円、心理的節目の38000円などがある。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-6日ぶりの陰線も終日しっかり

テクニカル分析を始めて20年

みなさん、こんにちは!シニアテクニカルアナリストの佐藤光です。テクニカル分析を始めて20年。私が20年かけて学んだ「テクニカル分析」のエッセンスを全12回にわたってお伝えします!

テクニカル分析講座 最終回の今日は、「マーケットの季節性」について解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました