[米ドル円]152円介入警戒

FXブログ
[米ドル円]152円介入警戒
(米ドル円日足)

昨日の東京時間に田村審議委員が「当面緩和的な金融環境が継続する」と発言。タカ派として知られていたことから市場は利上げに関する前向きな話を期待したことものの失望。34年ぶりの151円97銭まで上昇した。しかし、突如三者会合が開かれたことで介入警戒感が一気に高まりドル円は151円03銭まで下落。ただ、その後米長期金利が上昇したことで151円ミドル付近まで押し戻されるなど、依然として底堅い動きが続いている。ただ、152円を当局が意識していることは間違いなく、実際介入が入る可能性が高いことから当面の天井を付けた可能性が高い。
しかし、ドルも底堅いことから下値では買いが入りやすい。
イースター休暇に入ることから相場は膠着状態に入るとみているが、薄商いの中で突発的な動きには注意したい。

ドル円予想レンジ:151円60銭~150円80銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]152円介入警戒

152円介入警戒”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました