【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-豪ドル、対円での荒い値動きに警戒

FXブログ
【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-豪ドル、対円での荒い値動きに警戒

◆豪ドル、金利先物市場は2024年半ばからの利下げを織り込む

◆豪ドル、対円ではドル円に振らされる荒い値動きに警戒

◆ZAR、SARBはインフレ警戒姿勢を維持

予想レンジ

豪ドル円 96.00-100.00円

南ア・ランド円 7.77-8.10円

4月1日週の展望

 豪ドルは対円での荒い値動きに警戒が必要となるだろう。27日に公表された2月消費者物価指数(CPI)は前年比3.4%となり、市場予想の3.5%をやや下回る結果となった。同指数は2022年12月につけた8.4%をピークに鈍化傾向が続き、市場では今後数カ月のうちに豪準備銀行(RBA)のインフレ目標レンジ(2-3%)内に収まると見方が拡大。金利先物市場では2024年半ばからの利下げを織り込み始めている。

 一方で、2月CPIのトリム平均値は前年比3.9%となり、前月の3.8%から伸びが加速。財価格の上昇などインフレ圧力もくすぶっており、アナリストからは「インフレ再燃の兆しがある中でRBAは緩和方向へ動きづらい」との声も聞かれた。RBAはインフレ目標レンジ(2-3%)内まで低下する時期を2025年としており、前のめり気味に利下げを織り込み始めた市場とはかなり乖離があるようだが、今後は市場とRBAのどちらが方向性を修正していくかで豪ドル相場の動向を左右していくことになるだろう。なお、来週はイースター休暇明けの4月2日に18-19日開催分のRBA理事会議事要旨が公表される。

 また、豪ドル円の動向を占ううえではドル円相場にも注意が必要となる。ドル円が1990年以来の高値を更新した27日には、財務省・金融庁・日銀が3者会合を開催。会合後には神田財務官が為替介入の可能性も含めて「あらゆる手段を排除せずに適切な対応をとる」と強い円安けん制発言を出しており、市場では円買い介入への警戒感が高まった。ドル円は日銀の緩和的な金融環境が継続するとの観測を手掛かりにした買い意欲も根強いため、来週も思惑的な動きから不安定な推移となる可能性が高い。豪ドル円も含めてクロス円全般に大きな影響を与えることが予想されるため警戒しておきたい。

 南アフリカ・ランド(ZAR)は上値の重い動きとなりそうだ。南アフリカ準備銀行(SARB)は27日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利を市場予想通り8.25%で据え置くことを決定。CPI見通しを上方修正したほか、クガニャゴSARB総裁は会見で「(インフレ目標3-6%の)中間点4.5%への回復は信じられないほど遅い」ことに言及した。景気低迷の中でもインフレリスクが高い状態が続いていることもあり、SARBはこれまでと同様にインフレ警戒姿勢を維持。ZARを巡っては好材料が乏しく、対ドルを中心に上値が重くなるだろう。また、ZAR円は豪ドル円と同様にドル円相場の動向に振らされる可能性に注意が必要となる。

3月25日週の回顧

 豪ドルはさえない動き。全般にドル高が強まった流れに沿って対ドルを中心に上値の重さが目立ったほか、2月CPIが予想を下回る結果となったことも相場の重しとなった。ZARも対ドルで弱含む展開となり、対円もつれ安で推移。なお、SARBの金融政策を受けた相場の反応は限定的だった。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-豪ドル、対円での荒い値動きに警戒

見通し 週間為替展望 豪ドル

中国のGDP成長率は年に4回発表される経済指標で、豪ドルを動かす要因です。

豪ドルが上昇するには、以下の条件が必要です。

豪ドル/円の取引でオススメのFX会社は、以下の3社です。

サプライズ利下げがあった場合、急落する可能性があるから注意が必要だ!豪ドルはスワップ(金利)狙いではなく、為替差益狙いが基本だぞ。

向こう一年の対円相場レンジを1豪ドル=90.0~100円と予想します。

スワップ狙いだとしたら、私は豪ドル/円以外の通貨ペアを選びます。

豪ドルの売買をする際は、ぜひじっくり検討してみてくださいね。

もっとも、豪州の労働党政権の下、近年は中国との外交・貿易関係の正常化が進んでいることや、中国の景気支援策への期待から鉄鉱石価格が上昇していることは、豪州にとっての中国リスクの後退を示唆しています(図6)。豪ドル相場は引き続き高水準の資源価格との乖離が残されており、資源高を背景にした貿易黒字は実需面から豪ドル相場を下支えすることが期待されます(図11)。

豪ドルの取引はスワップ狙いより、為替差益狙いでスワップ収入はオマケぐらいで考えておきましょう。なので、重要なのは「①スプレッドが安い(狭い)、②もらえるスワップが多い」の優先順位でFX会社を選ぶのが重要です。

この記事で豪ドル投資のポイントと気を付けるべきリスク、豪ドル投資におすすめのFX会社とそのFX会社を使う理由も解説します。

米国の金利先行きのピークアウトに注目が集まる中、豪ドルも不安定な値動きが続いています。方向性が見えるまでは売買のポジション数は少な目にしましょう。

また、豪州経済のファンダメンタルズの安定も、今後の豪ドル相場を支えると考えられます。

また、市場では2025年にかけて円高・米ドル安の進行を予想する見方が根強い中において、豪ドルは対円でも安定的な推移が見込まれています。このような豪ドル相場の安定は、豪州の株式や債券などへの投資を進める好機に繋がることが期待されます(図8)。

現役トレーダー西山です。2月25日に豪ドル円は9年ぶりの高値更新をしましたが、その後反落し98円前後を推移しています。テクニカル目線では上昇トレンドの押し目となり、今週の国内総生産(GDP)などの指標の結果を見て判断しましょう。しかし、中長期的には売り材料が増えてきています。短期的なリスクオフによる急落には注意が必要です。

2023年の豪ドルは不安材料もありますが、プラス要因もあるので、しばらくは神経質な値動きが続きそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました