ドル円相場3/25週振り返り 日銀委員発言受け34年ぶり高値へ

FXブログ
ドル円相場3/25週振り返り 日銀委員発言受け34年ぶり高値へ

ドル円 日銀委員発言受け34年ぶり高値へ

今週初めのドル円は、日銀が緩和的な金融環境を継続するとの見方から底堅い推移となる中、151円台前半でスタートしました。

25日(月)はドル円が高値圏で推移する中、神田財務官が「今の円安の動きは明らかに投機が背景にある」「行き過ぎた変動に対しては、あらゆる手段を排除せずに適切な行動を取る」などと発言しましたが、市場の反応は限定的でした。

本邦当局による円買い介入への警戒感が広がる中、ドル円は26日(火)も151円台で方向感なく推移しましたが、27日(水)に日銀の田村審議委員があらためて「当面緩和的な金融環境が継続する」と発言したことで円を売る動きが強まり、151.97円前後まで上昇して約34年ぶりの高値を付けました。

その後、鈴木財務相が「高い緊張感を持って市場の動きを見ている」「行き過ぎた動きには断固たる措置を取る」などと円安をけん制する発言を行い、円を買い戻す動きが出ました。さらに27日夕方、財務省、金融庁、日銀が臨時の三者会合を開いたことで円買い介入への警戒感が一段と強まり、円買いが加速してドル円は一時151.00円台まで下落しました。

28日(木)から29日(金)午後にかけては、29日が多くの国でイースター休暇となることから動意に乏しく、151円台前半を中心に揉み合いとなりました。

今週のドル円は一時約34年ぶりの高値へと上昇する展開となりました。田村審議委員が「当面緩和的な金融環境が継続する」と発言したことであらためて日銀の追加利上げを急がない姿勢が意識され、円を売ってドルを買う動きが強まりました。

その後、政府・日銀による円買い介入への警戒感から円を買い戻す動きも見られましたが、日米の金利差を背景に円が売られやすい状況は続くとの見方も根強く、先行きは不透明です。

来週はパウエルFRB議長の発言や米雇用統計などの重要イベントが予定されています。市場で米FRBの利下げ開始時期が焦点となる中、重要イベントを受けてドル円相場にどのような方向感が出るか慎重に見極める必要がありそうです。

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円相場3/25週振り返り 日銀委員発言受け34年ぶり高値へ

ドル円相場3 25週振り返り 日銀委員発言受け34年ぶり高値へ

日銀金融政策決定会合を通過し、米ドル/円は一時、151.88円まで上昇。2022年、2023年の高値を突破していく勢いがあったが、今回の日銀会合はかなり「異常」で、円急落の解釈はやや強引だと感じる。米ドル/円が高値を追うとのスタンスには距離を置きたい。

FOXニュース・チャンネルの報道番組“タッカー・カールソン・トゥナイト”では4月6日、この問題を取り上げ、保守系の司会者のタッカー・カールソン氏はまず「ウクライナ戦争を受けた対ロシア制裁が米ドル離れの背景だ」と主張しました。さらに保守系のデイリ―・コーラーの記事を引用し、バイデン政権がインフレ加速で米ドルの価値を毀損しただけでなく、米ドルを武器にロシア中銀の米ドル準備高を凍結する前例を作ったと糾弾。米ドルの信用が失墜し外国人の米ドル離れを加速させ、価値を切り下げ「米国の貧困につながる」と警告しました。その上で、ウクライナ戦争を終結に導き、米債務を削減させるべきと説きます。

今後の利上げ見通しについては来週FOMCでの金利据え置きの可能性(=92%)が非常に高いが、完全に利上げを終了する方向に向かっているわけではなさそうだ。CME金利先物観測では11月FOMCでの0.25%利上げの可能性は約40%で、1ヶ月前の33.9%から上昇してきた。経済の強靭さと利上げ継続におけるバランスを取ろうとするFRBがソフトランディング(軟着地)を成し遂げられるが決め手になる。

GFIT為替アンバサダー 安田佐和子 がお届けするWeekly動画解説! 1週間のドル円相場の振り返りを踏まえて解説します。

以上の観点から、引き続きドル円が2022年秋のようなドル円上昇トレンドに入るとは想定していない。28日の日銀金融政策決定会合で大きな変更がなかったとしても、ドル円の上値は引き続き限られよう。また、今週は27日には米1~3月期実質GDP速報値、28日には米3月PCE価格指数など重要指標の発表を予定する。さらに翌週は5月2~3日にFOMC、7日に米3月雇用統計を控え、ドル円は上下に振れやすくなりそうだ。ドル円の上値の目途はボリンジャー・バンドの2σの水準がある135.20円、下値は一目均衡表の基準線がある132.40円と見込む。

3/19の日銀金融政策決定会合の発表を前に、金融政策正常化に対する円買い警戒感から、3/19の7円84銭を安値に日銀のマイナス金利解除後の円安進行とともに7円97銭へ反発。さらに3/20発表の南ア2月消費者物価指数が市場予想を上回ったことから中銀の早期利下げ観測が後退。また、FOMCでは年内3回の利下げ見通しを維持したことから対ドルでの上昇をとともに3/21には8円09銭へ上昇。一方、24年、25年の期待インフレ率が前回時点から下方修正されたことを受け3/22には7円95銭へ反落し7円96銭で取引を終えました。今週は政策金利の現状維持が見込まれる3/27の南ア中銀政策委員会での声明がタカ派寄りとなれば早期利下げ観測の後退とともにランド買いに反応すると見込まれる一方、南ア経済の先行き不透明感や財政懸念が燻る中、スタグフレーションへの警戒も上値抑制につながる可能性があります。また、ハト派寄りの見解が示されれば対ドルでの下落とともに対円での上値抑制につながりかねないことから、8円00銭からの上値抑制にもつながりかねません。また5月実施の総選挙に向けてラマポーザ大統領率いる与党(アフリカ民族会議)が大幅に議席を失う可能性が高く、先々の政局不透明が意識されることから、日足・転換線/基準線(7円96銭/7円92銭)を下抜ければ雲の上限(7円84銭)までの下落が意識される水準まで下落基調が続くか注目されます。

円相場は11日、対ドルで1%超え上昇し一時1ドル=145円台後半まで売られた。また、長期金利は9年8カ月ぶりの水準に上昇した。

米国と対立を深める各国以外でも、ドル離れが進みつつあります、インド太平洋で米国と緊密に協力するインドではカラッド財務相が3月15日、「インド準備銀行(中銀、RBI)が国内外の銀行60行、18カ国の銀行に対し、特別ルピー建てボストロ・アカウント(SRVA)の開設を承認した」と国会で報告しました。ボストロ・アカウントとは、銀行間取引で資金決済をおこなう決済口座を指します。インド国内メディア大手ファースト・ポストによれば、18カ国にはウクライナ侵攻による西側の経済制裁に直面するロシアだけでなく、ドイツや英国も含まれていました。

日銀は今年7月にイールドカーブコントロール(YCC、長短金利操作)の上限を事実上1%に引き上げた経緯がある。総裁は同インタビューで「経済・物価見通しが上振れした時に、日銀がYCCを意図しない形で放棄するようなことに追い込まれるリスクもゼロではなかった」と説明したという。市場はYCC解除が先行し次にマイナス金利が解除されるとの見方が多かったようだ。

米ドル/円は160円を目指す! 152円の神田シーリングを抜けるのに時間を要するが、続伸する可能性が高い。日経平均も4万円台を回復して続伸へ。日銀会合を終え、大規模緩和は事実上、終了したものの、「緩和的な環境が続く」との総裁コメントを受けて米ドル/円と日経平均は急反発!

チャート:ドル円の日足、20日移動平均線は黄色線、ボリンジャー・バンドの±2σは紫の枠。

中国の米ドル離れは、米国債保有高の首位を2019年10月に日本に譲ってからずっと囁かれてきましたたが、ロシアによるウクライナ侵攻によって一段と加速し始めた感があります。1月時点での米国債保有高は8,550億ドルと、前月比では過去15カ月間で14回取り崩してきました。海外勢による米国債保有高のシェアでは13.2%と、2012年の25%の半分近くへ落ち込んでいます。

では、米ドルが基軸通貨から転落する日が近いかというと、現時点で微妙と言わざるを得ません。確かに、国際決済銀行(BIS)によれば、人民元の取引高は2022年に前回調査時点の2019年の8位から5位へ急上昇し、そのシェアも2.2%→3.5%へ上昇しました。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた制裁懸念からエマージング国を中心に人民元建てへシフトしたといっても、米国の44.2%に挑むには未だ遠い状況。また、インドの台頭も見逃せません。

〇日本と中国の経済指標⇒本邦3月全国消費者物価指数は市場予想通りにとどまり、インフレには落ち着きが見られ、日銀が緩和修正を急ぐ必要性が低下した。中国1~3月GDPや3月小売売上高は市場予想を上回ったが、ゼロ・コロナ政策の反動との見方もくすぶる。

おそらく日銀は、今後、マーケットに対しては金利上昇に気をつけろと言い、国内向けには緩和的状況がずっと続くと言い続けるのでしょう。この二枚舌作戦がいつまで有効かわかりませんが、日銀は1~2回利上げしたら、もう動けないという状況に陥りそうです。その時、新しい円安相場が始まるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました