【見通し】NY株見通し-今週は3月雇用統計などの経済指標に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-今週は3月雇用統計などの経済指標に注目

今週のNY市場は米3月雇用統計などの経済指標に注目。先週はダウ平均が0.84%高、S&P500が0.39%高とそろって2週続伸した一方、ナスダック総合が0.30%安と反落した。月末・四半期末の週となったほか、金曜日がグッドフライデーの祝日で休場だったものの、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注目する3月個人消費支出 (PCE)価格指数の発表を控えて様子見姿勢が強まり、方向感に欠ける展開となった。ただ、月間ではダウ平均が2.08%高、S&P500が3.10%高、ナスダック総合が1.79%高とそろって5カ月続伸した。四半期ではS&P500が10.16%高となり、第1四半期としては2019年の13.07%高以来の大幅高となり、ダウ平均は5.62%高、ナスダック総合も9.11%高となり、3指数がそろって2四半期続伸した。

 今週は米3月雇用統計などの経済指標に注目する展開か。S&P500が第1四半期に10%超上昇したことで第2四半期や2024年年間の株価上昇見通しが強まったが、エヌビディアなどAI関連銘柄のバリュエーションの高さも意識されている。今週は週末金曜日に3月雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率・平均賃金)が発表されるほか、3月ISM製造業PMI、2月JOLTS求人件数、3月ADP民間部門雇用者数、3月ISM非製造業総合指数(PMI)など注目度の高い指標の発表が多く、足もとの景気動向や今後の金融政策の見通しを巡り指標結果が焦点となりそうだ。

 今晩の米経済指標・イベントは3月ISM製造業PMI、3月S&Pグローバル製造業PMI確定値など。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:4月1日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-今週は3月雇用統計などの経済指標に注目

見通し NY株見通し今週は3月雇用統計などの経済指標に注目

・10-12月期決算が売上・EPSとも市場予想を上回りました。2024年見通しは調整後EBITを120~140億ドルとして、中央値は2023年実績の124億ドル、市場予想の109億ドルを上回りました。

野村ではこれまで景気減速・後退をFRBの利下げ転換の条件とみてきました。しかし、2023年12月FOMC見通しでは、参加者の過半数が「インフレ率の見通しに関するリスクは上下に均衡している」との見方を示しました。加えて、足元のFRB参加者の発言によれば、インフレ抑制に前進がみられれば利下げ開始が可能になるとのコンセンサスがあるとみられます。こうしたFRBの方針転換を背景に、野村では米国が景気後退入りするとの予想を撤回した上で、2024年中に1.00%ポイントの利下げが実施されると予想します。タイミングは5月、7月、9月、12月に各0.25%ポイントと予想します。

・調整後EPSは2023年10-12月期が前年同期比2%増、2023年12月期通期は前年比9%増でした。2024年12月期の調整後EPSは3.23~3.43ドル(前年実績は3.17ドル)です。中期の業績見通しとして、2026年にかけて調整後EPSは年率6~8%の成長を見込んでおり、配当は年率約10%の増加が可能と見込まれています。

・2023年は労働者のストライキに加え、EVトラックの不振、自動運転によるロボタクシーに対する当局の調査など、苦しい年になりましたが、2024年は明るい見通しをもっています。CEOは「(同社が独自開発した)『アルティウム』バッテリーによるEVのブレイクスルーの年にする」とコメントしています。

またソフトウェア決算発表の前哨戦として注目された24日(水)発表のサービスナウ(NOW,企業内の業務フローをデジタル化するソフトウェアに強み)は、売上高・一株当たり利益とも市場予想を上回り、2024年12月期の通期見通しを引き上げました。幅広い業種でソフトウェア契約が進んだほか、生成AI(人工知能)を活用した新機能が市場から好感されました。今週のソフトウェア決算では、こうした傾向がセクター全体に広がっているかを確認したいと考えます。

1月FOMC(米連邦公開市場委員会,30-31日)が開催されます。今回のFOMCは今後の政策金利見通し(ドッツ、FOMC参加者による金融政策見通し)が公表される会合ではなく、政策変更もないとみられます。ただし、FOMC結果発表後のパウエルFRB(連邦準備理事会)議長の会見などで、今後の政策金利操作について何等かの示唆がないかが注目されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました