【見通し】NY株見通し-もみ合いか 2月JOLTS求人件数や要人発言に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-もみ合いか 2月JOLTS求人件数や要人発言に注目

今晩はもみ合いか。昨日はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が利下げを急ぐ必要がないと発言したことや、予想を上回る3月ISM製造業PMIを受けて米10年債利回りが上昇したことが株式市場の重しとなった。ダウ平均が240.52ドル安(-0.60%)、S&P500も0.20%安とともに3営業日ぶりに反落となった。ただ、長期金利が上昇する中、ハイテク株主体のナスダック総合はアルファベットやマイクロン・テクノロジーなどの半導体株の上昇が支援となり0.11%高と小幅に反発した。

 今晩はもみ合いか。今週は週末金曜日に発表される米3月雇用統計がメイン・イベントとなるが、今晩は2月JOLTS求人件数などの労働指標や、2月製造業新規受注、2月耐久財受注改定値が発表されるほか、ボウマンFRB理事などのFRB高官の発言も多数予定されており、指標結果や要人発言、それを受けた米10年債利回りの動向をにらんだ神経質な展開となりそうだ。

 今晩の米経済指標は2月JOLTS求人件数、2月製造業新規受注、2月耐久財受注改定値、3月乗用車総販売台数など、要人発言は ボウマンFRB理事、ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、メスター米クリーブランド連銀総裁、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁など。企業決算は寄り前にペイチェックスが発表予定。(執筆:4月2日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-もみ合いか 2月JOLTS求人件数や要人発言に注目

見通し NY株見通しもみ合いか 2月JOLTS求人件数や要人発言に注目

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、ドル選好地合い継続も151円台は上値の重さを意識 2日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め的な政策が続くとの見方から、ドル選好地合いが続く。ただ、152円を目指す展開も、引き続き151円台では上値の重さが意識されるだろう。

3日12:31 オーストラリア準備銀行(RBA)声明 「インフレが妥当な期間内で確実に目標に戻るようにするためには、金融政策の幾分かの引き締めが必要になるかもしれない」 「それ(追加引き締め)は引き続き経済データとリスクがどのように進展するかによって決まる」 「インフレ率を目標に戻すという断固とした決意に変わりはなく、そのために必要なことを行っていく」 「インフレ率はピークを過ぎたが、依然として高水準であり、まだしばらくはこの状態が続くだろう」 「多くのサービス価格は引き続き急上昇しており、燃料価格も最近顕著に上昇している」 「今年上半期のオーストラリア経済の成長率は予想をやや上回った」 「中国経済の先行きには依然として高い不透明感がある」 「金利据え置きはこれまでの利上げの影響と経済見通しを見極めるための時間をさらに確保するため」

3日18:25 バリマキ・フィンランド中銀総裁代理 「ECBは今のところ十分なインフレ対応を取っているが、今後さらに金利を引き上げる可能性は否定できない」 「インフレ見通しは、基調的なインフレ動向や金融政策の伝達力にも照らして評価する」

コメント

タイトルとURLをコピーしました