[ユーロ米ドル]米長期金利低下

[ユーロ米ドル]米長期金利低下
(ユーロ米ドル日足)

前日のFOMC会合がハト派的と受け止められ米長期金利が低下しユーロは直後に1.0732の高値を付けた。その後はもみ合いが続いたがNY時間に発表された米経済指標が強い結果を示したことで米長期金利が上昇し1.0675まで下落。ただ、その後再び金利が低下するとユーロも1.0730まで上昇。今日発表の米雇用統計の結果、一段と米長期金利が低下するようならユーロは前週付けた高値1.0753を再度試す展開が予想される。
ただ、ECBがFRBに先立ち6月の利下げ観測による下降トレンドは変わらないことから、戻り売りを狙いたい。

ユーロドル予想レンジ:1.0770(61.8%)~1.0680

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]米長期金利低下

米長期金利低下”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました